ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方はどのようにしたらいいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

チャートの見方を覚えることで、LINE FX(ラインFX)の過去の値動きを確認する使い方ができます。

過去の値動きから今後を予測する使い方を行いますが、そのためにはテクニカルチャート分析やファンダメンタルズ分析の知識が必要でしょう。

チャート分析の知識は個々に参考書で身につけることとして、ここではLINE FX(ラインFX)のチャートの見方と操作面における使い方を解説していきます。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方 基本操作

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方の基本操作として、まずチャートの表示方法をみていきましょう。

チャートを表示する使い方は、アプリのメニュー「チャート」をタップしましょう。

4分割されているチャート画面からひとつをタップして、さらにチャート上部の通貨ペアをタップして任意の通貨ペアを選択します。

LINE FX(ラインFX)のチャートでは、売値を示す「BID」と、買値を示す「ASK」の2種類があり、一方を選択する使い方によって買値・売値のいずれかのチャートを確認するという見方を行います。

元の4分割チャートに戻る場合の使い方は、画面左上の矢印をタップしてください。

これでLINE FX(ラインFX)の通貨ペアの中から、表示したい銘柄のチャートを確認するという見方ができるようになります。

LINE FX(ラインFX)のチャートは横向きセンサーに対応しているため、画面を横向きにする使い方によって、横長画面によるチャートの見方ができるようになりみやすくなります。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方 ローソク足

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方において、ローソク足の読み方はとても重要です。

ローソク足はチャートの目盛ひとつぶんに相当し、色分けによって上昇相場と下落相場をみわけるという見方ができます。

上昇相場を陽線と言い、長方形の底辺が始値、上辺が終値、下落相場を陰線と言い、長方形の上辺が始値、底辺が終値、下ヒゲが安値、上ヒゲが高値を示しています。

ローソク足の見方を覚えることで、LINE FX(ラインFX)のチャートから詳細な値動きを読むという使い方ができるようになります。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方 時間足

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方として時間足を変更する使い方も可能です。

時間足とはローソク足ひとつぶんの時間を示しており、時間足を変更する使い方によってチャートの期間の見方を変えることができます。

たとえばチャートの時間足を1分に変更する使い方によって、LINE FX(ラインFX)の短期相場のチャートを表示できるため、スキャルピング手法に適したチャートの見方ができるようになります。

一方、チャートの時間足を日足・週足・月足などに変更する使い方では、長期相場のチャートを表示して、スイングトレードに最適なチャートの見方ができるようになります。

チャートの時間足を変更する使い方は、LINE FX(ラインFX)のチャート上部の8種類の時間足から任意の時間を選択しましょう。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方 インジケーター

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方として、インジケーターをみていきましょう。

インジケーターとは、現在または今後の相場状況を分析・予測するための指標を、チャート上にグラフ形式で表示したものをさします。

すなわちインジケーターは、チャートの見方を向上させ、値動きだけでは読み取れないLINE FX(ラインFX)の相場状況を確認する使い方ができます。

チャートにインジケーターを表示する使い方は、画面右上の「インジケーター」アイコンをタップして選択しましょう。

LINE FX(ラインFX)のインジケーターは11種類で、それぞれ見方や使い方が異なります。

ここでは例としてRSI(Relative Straength Index)をチャートへ表示してみましょう。

赤枠の部分にあらたなグラフが追加されました。

RSIの見方は人それぞれですが、一般的には70以上が買われすぎ、30以下が売られすぎを意味するとされています。

実際、上記のチャートでもRSIが高まると売りトレンドへ転換していることが確認できるでしょう。

LINE FX(ラインFX)には、この他にもインジケーターがありますので、個々に試して見方や使い方に慣れておきましょう。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方 描画ツール

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方として、描画ツールもあります。

描画ツールにはトレンドラインなどがあり、手動で線を引く、図形を挿入する使い方によって、チャートから相場状況を把握する見方ができます。

インジケーターと同じく、描画ツールはチャート分析に基づいて活用されます。

たとえばラインを引く使い方は、鉛筆のアイコンをタップしして、チャートエリアで描画します。

下記は実際にLINE FX(ラインFX)のチャート上に線を引いてみたものです。

描画機能の使い方は人によってまちまちです。

どこにどういったラインを引いてどういった見方をするのかはトレーダーの力量が問われるところです。

このあたりはいろいろな人のやり方を参考にしてみるとよいでしょう。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方における注意点

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方は最低限の機能やツールが揃っています。

ただ他社のチャートと比較すると、ツールの種類が少ないことはデメリットであり、注意点と言えるでしょう。

特にインジケーターは11種類と非常に少ないです。 LINE FX(ラインFX)はスマホアプリを採用し、シンプルな使い方や見方を重視しているサービスですが、そのためチャート分析の機能が少ないことを心得たうえでご利用ください。

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

LINE FX(ラインFX)のチャートの見方と使い方を解説しました。

チャートの見方と使い方は、チャート分析において確実にマスターしておきたいポイントですので、きちんと理解しておきましょう。

機能が少ないことはデメリットですが、そのぶん初心者には使いやすいことはメリットです。

慣れるまでLINE FX(ラインFX)を利用して、チャートやトレードの使い方をマスターしたら他社を併用する使い方もかしこい方法と言えるのではないでしょうか。