ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】DMM FXの詳細ページはこちらから

【2】IG証券の詳細ページはこちらから

【3】LINE FXの詳細ページはこちらから

【4】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地をおくFX取引所。いわば外資系の国内FX取引所です。

そんなIG証券の特徴のひとつは多彩な商品でレバレッジ取引(FX)ができることです。

ただ、IG証券がはじめてのFX経験という人の中には、そもそもレバレッジ取引(FX)がどういったものなのかよく分かっていないという人もいることでしょう。

また、具体的なIG証券のレバレッジ取引(FX)の条件を知りたいという人もいるかもしれません。

そこで今回はIG証券のレバレッジ取引(FX)について分かりやすく解説していきます。

IG証券のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

IG証券のレバレッジ取引(FX)とは

IG証券のレバレッジ取引(FX)とは、口座の証拠金を担保として実資産では不可能なサイズの取り引きをする取引形態です。

たとえば、口座残高1万円で倍率10倍のレバレッジ取引(FX)をすると10万円分の銘柄を売買可能です。

IG証券のレバレッジ取引(FX)のメリットは少額の資金でも大きなリターンが狙えること。

反面、リターンと同じく損失も大きくなりがちであることがデメリットです。

ただ、IG証券には含み損が一定値を上回ると強制的にポジションを決済するロスカットシステムがあります。

したがって、原則的には口座残高以上の損失は出ません。

総じて、IG証券のレバレッジ取引(FX)はミドルリスク・ハイリターンな取り引きであるといってよいでしょう。

ただし、原則はあくまでも原則です。

例外的に口座残高以上の損失が出てしまう可能性もゼロではないので、その点には注意しておきましょう。

ちなみに、レバレッジとは日本語でテコを意味します。

小さなエネルギーで大きな物体を動かせるようになる「テコの原理」のテコです。

少額の資金で大きなサイズのトレードをするレバレッジ取引(FX)のイメージそのままの名称といってよいでしょう。

IG証券のレバレッジ取引(FX)は売りから入ることも可能

IG証券のレバレッジ取引(FX)は実物資産の受け渡しなく決済差額だけをやり取りする取引形態です。

そのため、最終的に帳尻があえば手元にないものを売ることも可能です。

具体的には「あとから買い戻す」ことを前提として売りから注文することもできるのです。

このような売りから入るレバレッジ取引(FX)を一般的に「空売り」または「ショート」と呼びます。

逆に買いから入る注文はロングです。

初めはどちらがどちらだったか戸惑うかもしれません。

しかし、こういった呼び名はIG証券にかぎらずFX全般のレバレッジ取引(FX)で同様です。 早めに慣れてしまいましょう。

なお、名称の由来は諸説ありますが、買いポジションは長期に及びやすいからロング、売りは早めに手仕舞いされるのでショートと言われています。

IG証券のFXには決済期限はありませんが、一般的な株式投資の空売りには決済期限があります。

どうしても覚えられないという人は、空売りには期限があるので短期保有=ショートと考えると覚えやすいかもしれません。

IG証券のレバレッジ取引(FX)の倍率

IG証券のレバレッジ取引(FX)で利用できる最大倍率はトレードする商品によって以下のように異なります。

・FX・・・25倍

・株式・・・5倍

・株価指数・・・10倍

・債権・・・50倍

・商品・・・20倍

また、IG証券で法人口座を使っている場合、レバレッジ取引(FX)の最大倍率は以下のように変わります。

・FX・・・100倍

・株式・・・20倍

・株価指数・・・200倍

・債権・・・200倍

・商品・・・200倍

ただし、法人口座の最大倍率はあくまでも最大値。

マーケットの状況によってレバレッジが制限されることがあります。

IG証券のレバレッジ取引(FX)のやり方

IG証券でレバレッジ取引(FX)をするのに特別な設定は不要です。

口座の証拠金では本来売買できないサイズの注文をすれば口座残高と注文サイズに応じて自動的にレバレッジ取引(FX)となります。

たとえば、1万円の証拠金で10万円分の注文をすれば自動的に倍率10倍のレバレッジ取引(FX)とみなされます。

逆に言えば、IG証券では倍率を指定したレバレッジ取引(FX)はできません。

倍率を変更するには注文数量と口座残高を調整するほかありません。

こういったレバレッジ取引(FX)の仕様はIG証券にかぎらず大半の取引所で同様です。

本来不足しているはずの証拠金で注文を出すのは怖いかもしれませんが早めに慣れてしまいましょう。

IG証券のレバレッジ取引(FX)はロスカットに注意

IG証券のレバレッジ取引(FX)はロスカットに注意が必要です。

ロスカットとは含み損が一定値を上回るとIG証券側で強制的にポジションを決済するシステム。

基本的にはトレーダーの損失拡大を防ぐための救済措置ですが、意図せぬタイミングで決済されるのはやはり避けたいところです。

そして、IG証券のレバレッジ取引(FX)は以下の2パターンでロスカットされてしまいます。

1.証拠金維持率100%以下で東京時間の正午になる

2.証拠金維持率75%以下

1の場合は口座へ資金を追加したりポジションを一部決済したりすればロスカットを回避できます。

一方で2の場合はそのような猶予はなく即時ロスカットされてしまいます。

IG証券のレバレッジ取引(FX)は少額の資金でも大きなリターンを狙えるというメリットがあります。

しかし、ロスカットによって意図していないタイミングで決済されてしまうリスクがあることは一応は承知しておきましょう。

IG証券のレバレッジ取引(FX)のリスク

IG証券のレバレッジ取引(FX)はリターンとともにリスクも大きくなる取引形態です。

ただ、ロスカットがあることによってある程度リスクはおさえられています。

しかし、IG証券のロスカットといえでも万能ではありません。

ロスカットが遅れて口座残高以上の損失を出してしまうこともありえます。

その場合のマイナス損失はIG証券に対する借金としての性質を持ち、弁済しないかぎり遅延損害金も発生してしまいます。

そうそうあることではないため過度に恐れる必要はありませんが、レバレッジ取引(FX)にはそういったリスクもあることは心得ておきましょう。

IG証券のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説 まとめ

IG証券のレバレッジ取引(FX)は証拠金を担保として実資産では不可能なサイズの取り引きをする取引形態です。

少額の資金でも大きなリターンが狙えるというメリットがある反面、同程度に損失も大きくなりがちであることがレバレッジ取引(FX)のデメリットです。

とはいえ、IG証券のレバレッジ取引(FX)にはロスカットと呼ばれる損失拡大を防ぐシステムがあるため、リスクはある程度おさえられています。

過信は禁物ですが、過度に恐れず存分にレバレッジ取引(FX)の特徴を活用していきましょう。