ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券のMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地をおくFX取引所です。

そして、MT5は海外FXではもっとも代表的な汎用性の高い取引プラットフォームです。

そんなMT5をIG証券でも使えないだろうかとお考えの人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はIG証券のMT5の使い方を分かりやすく解説していきます。

IG証券のMT5の使い方を分かりやすく解説

IG証券はMT5を使えない

残念ながらIG証券でMT5は使えません。

MT5はサードパーティ製の取引プラットフォーム。

それゆえ、ひとつの取引所にしばられず数多くの取引所に採用されています。

しかし、IG証券は独自の取引プラットフォームをすでに採用しているためMT5は利用不可能です。

また、MT5には旧バージョンであるMT4も存在しますが、そちらもIG証券は非対応です。

どうあってもIG証券でMT5は使えないと考えておきましょう。

ちなみに、MT5はどこかしらの取引所に紐付いているわけではないため、MT5単体で使うことは可能です。

したがって、MT5の機能を用いてマーケット分析だけをするといった使い方自体は可能です。

ただ、その場合のマーケットはデモ口座としての値動きを示すにすぎません。

そのため、そのような使い方は実用性に掛けると言わざるを得ません。

やはり基本的にはIG証券ではMT5は使えないものと考えておきましょう。

IG証券とMT5の使い方の主な違い

IG証券とMT5はどちらも負けず劣らず高機能な取引プラットフォームといえます。

ただ、その使い方の基本は大きく異なっています。

例えば、デフォルト表示が最たる例です。

IG証券の取引プラットフォームは主に銘柄ごとの気配値がメインに表示されます。

チャートはあくまでも情報源のひとつといった扱いです。

一方、MT5ではチャートがメインパネルといっても差し支えありません。

一見しただけで、かなり使い方も異なることがイメージできるのではないでしょうか。

一応、MT5とIG証券とではできることにそれほど大きな差はありません。

いずれもかなり高機能なプラットフォームです。

しかし、実際に使うとなるとかなり使い勝手も違ってくることは承知しておきましょう。

ちなみに、IG証券は海外を本拠地とする取引所。

そして、MT5は海外製の取引プラットフォームです。

ただ、いずれも日本語化はほぼ完璧です。

仮にマニュアルを見ながら使い方を学ぶとしても、どちらも特に不自由を感じるようなことはないかと思いますのでその点の心配は不要です。

IG証券とMT5の使い方の違い【利用方法】

IG証券とMT5とでは利用方法の柔軟性が若干違います。

MT5はPCかスマホにダウンロード・インストールして使う形式です。

一方、IG証券はスマホ、PCへインストールして使うプラットフォームだけではなく、ブラウザ対応のものも存在します。

したがって、自分のライフスタイルに応じて自由な形式を選択可能です。

総じて、フレキシブルな使い方ができるという点ではIG証券のほうが優れているといって間違いないでしょう。

IG証券とMT5の使い方の違い【注文方法】

IG証券とMT5とでは注文パネルの使い方も大きく異なります。

MT5で利用できる注文方法の基本は「成行」と「Limit」「Stop」そして「Stop Limit」です。 対して、IG証券では「成行」「指値」「逆指値」「IFD」「IFO」といった注文方法が使えます。

この時点でほとんど共通点がないことが分かるのではないでしょうか。

ただ、実際には両者ともにほぼ同じような使い方が可能です。

MT5におけるLimitはIG証券でいうところの指値、そしてStopは逆指値にあたります。

Stop Limitだけはやや特殊ですが、そのほかのIFDといったやIFOもいくつかのオプションを組み合わせればMT5でも実現可能です。

もっとも、機能的には同じことが実現できるとしてもやはり使い勝手は大きく違います。

できることはほぼ同じでも使い方はまったく異なると考えておきましょう。

IG証券とMT5の使い方の類似点

IG証券とMT5とでは似た部分もあります。 それは自動売買の可否です。

そもそもMT5の使い方に興味のある人の多くは自動売買ができることに魅力を感じているのではないでしょうか。

MT5あるいはMT4といえばエキスパートアドバイザーを使った自動売買がやはり大きな特徴です。

しかし、実はIG証券もまた自動売買が可能です。

国内の取引所の大半はプラットフォームの仕様上、自動売買ができないどころか規約で禁止されています。

その中にあってIG証券は自動売買ができるというのは極めて異例なケースといえるでしょう。

ただし、同じ自動売買といえどもMT5とIG証券では使うプログラミング言語がまったく異なります。

仮に一方に精通していたとしても他方も同じような使い方ができるとはくれぐれも考えないようにしましょう。

余談ですが、仮に他社でMT5を使うにしても正直なところFX初心者の人に自動売買(EA)はあまりおすすめではありません。

まず自動売買(EA)をするにはプログラミング言語の知識のほか、レンタルサーバーの契約やPCのリモート操作の技術などが必要になってきます。

また、走らせるプログラムの有効性を判断するためにそもそもFXの経験が必須です。

当然ながら自動売買の使い方に習熟していることと取り引きがうまいことはまた別の話しです。

IG証券にかぎらず、基本的にはFXは手動でするものと考えておいたほうがよいでしょう。

IG証券でMT5が使えるようになる可能性

IG証券でMT5が使えるようになる可能性はかなり低いと見てよいでしょう。

そもそも、先に触れたようにIG証券はすでにオリジナルの取引プラットフォームを採用しています。

それも専用のソフトを導入すれば自動売買ができるほど高機能なものです。

したがって、あえてこれからIG証券がMT5を導入する動機もないと考えられるのです。 なお、イギリス版のIG証券ではMT4は利用可能です。(※ MT5は未対応)

そう考えると今後、日本のIG証券がMT5を導入する可能性も決してゼロではないでしょう。

ただし、あくまでもゼロではない程度の可能性であって、実際は極めてゼロに近いと思われます。

基本的にはやはりIG証券ではMT5は使えないものと考えておいたほうがよいでしょう。

IG証券のMT5の使い方を分かりやすく解説 まとめ

残念ながらIG証券でMT5は使えません。 ただ、MT5にそこまでこだわる必要があるかどうかは微妙なところです。

たしかにMT5とIG証券とでは使い方にさまざまな違いこそあります。

しかし、MT5の大きな特徴である自動売買に関してはIG証券でも可能です。

また、基本的な機能についてはIG証券も決してMT5に劣ってはいません。

どうしてもMT5でなければいけないという明確な理由でもなければ、基本的にはIG証券でも十分に事足りることかと思います。