ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判にはどのようなものがあるの?

最大25倍でレバレッジ取引できるけれど、損失による借金リスクの危険性はないの?

LINE FX(ラインFX)の顧客資産やセキュリティの安全性についての評判が気になる。 あなたは今、このようにお考えですよね。

LINE FX(ラインFX)はスマホひとつで、FXトレードをはじめられる国内最大手のFX取引所です。

国内最大手だからLINE FX(ラインFX)は安全性が高く危険性は低いことが読み取れますが、実際の評判について気になる方も多いのではないでしょうか。

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判 トレード面

LINE FX(ラインFX)のトレード面における安全性と危険性の評判を解説していきましょう。

まずレバレッジについてですが、LINE FX(ラインFX)では証拠金を担保に最大25倍のレバレッジ取引ができるため、利益も損失も大きくなります。

レバレッジ取引では、ロスカットにより最小限に損失を抑えて証拠金の安全性を高めることができる一方、確定した損失については借金返済の危険性があります。

ロスカットは、LINE FX(ラインFX)によって執行されトレードを終了して損失を確定しますが、LINE FX(ラインFX)では「追証」によって資金を追加入金してトレードを継続することもできます。

追証は、ロスカットを一時的に回避して損失確定を防ぐことから、トレード面の安全性を高める一方、元手資金以上の金額が必要になるため、追証してロスカットされた場合は、損失による借金に加えて、証拠金とともに追証を失うという危険性をはらんでいます。

このようにLINE FX(ラインFX)のトレードは安全性と危険性をはらんでいますが、つづいて資金やコスト面の評判をみていきましょう。

LINE FX(ラインFX)1000通貨単位で取引ができるので、約4000円という少額資金からFXを始めることができます。

初心者は損失の危険性を意識して、少額資金でレバレッジ取引を始めたいという方も多いため、1000通貨単位でトレードできることは資金面の安全性を高めることにつながり安心して利用できると評判です。

LINE FX(ラインFX)は口座開設後、取引を1回すると最大5000円をプレゼントするキャンペーンを行っているため、はじめての取引で損失が発生しても、実質無料でトレードできるため、安全性は高いと言えるでしょう。

LINE FX(ラインFX)のトレードコストの安全性と危険性の評判についてみていきましょう。 レバレッジ取引の取引手数料は無料ですが、目に見えない形でスプレッドというコストが発生します。

LINE FX(ラインFX)のスプレッドは他社と比較すると狭く、トレードコスト面の安全性が高いと評判です。

この他にも、LINE FX(ラインFX)のサービスとして通知機能があり、LINEで友だち登録することで、経済指標・急激な価格変動などを通知するため損失の危険性を回避することができるでしょう。

他には、注文の約定・注文の有効期限・入出金・指定レートなどの通知機能もあるため、LINE FX(ラインFX)の資金やトレードの安全性を高めるために重宝すると評判です。

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判 運営・サービス面

LINE FX(ラインFX)の運営とサービス面の安全性と危険性の評判について、資産管理・セキュリティ・サポート体制を中心に解説していきます。

まず資産管理についてですが、LINE FX(ラインFX)は破たんした場合の危険性に備えて、顧客資産を信託保全によって分別管理し、安全性を高める対策を行っていることから評判は高いです。

セキュリティについては、情報セキュリティ管理体制を整備して情報漏洩の危険性を防ぎ、LINE FX(ラインFX)での個人情報の安全性や信頼性を高める対策を講じています。

不正アクセスの危険性を回避するよう、ファイヤーウオールやアクセス監視、LINE FX(ラインFX)の利用前のセキュリティ診断など、安全性を高める施策の導入を行っています。

サポート体制も充実しており、24時間体制でLINEによるAIチャットの導入や、メールによるサポートデスクへの問い合わせにも対応、LINE FX(ラインFX)における疑問点を解決して、セキュリティや損失の危険性をを回避して安全性を高めることができます。

万が一LINE FX(ラインFX)のアカウントが乗っ取られてしまった場合における不正出金の危険性については、LINE Payの暗証番号が漏洩しない限りは安全性を維持できるでしょう。

LINE FX(ラインFX)は、コミュニケーションアプリのLINEと野村ホールディングスが共同開発したサービスであることも評判です。

大手コミュニケーションサービスと金融サービスの融合による知識や技術、経験によって、運営やセキュリティ面におけるLINE FX(ラインFX)の安全性が高いことは予測できるのではないでしょうか。

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

LINE FX(ラインFX)の安全性と危険性の評判を踏まえて、トレード面と運営・サービス面にわけて解説しました。

トレード面ではレバレッジ取引特有の損失リスクがありますが、追証によってロスカットを回避し、ロスカットにより損失を最小限に抑えることができます。

スプレッドが狭いことでは評判が高く、コストの安全性が高いと定評を獲得しています。

LINE FX(ラインFX)の運営やサービス面においても、大手企業の共同開発により、資産管理・セキュリティの危険性は低く、サポートも充実しているため安全性も高いと評判です。