ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングを分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)はスキャルピングを禁止しているの?

もしスキャルピングを認めているのであれば、LINE FX(ラインFX)でスキャルピングするメリットとデメリットを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ここでは短期相場を狙い、LINE FX(ラインFX)でスキャルピングをしたいとお考えの方に向けて解説していきます。

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングを分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)はスキャルピングを禁止しているの?

LINE FX(ラインFX)はスキャルピングを禁止することを利用規約で明確にしていません。

ただしスキャルピングを認めるという記述もなく、利用規約にスキャルピングを禁止することに値する記述は確認できます。

LINE FX(ラインFX)の利用約款21条(LINE FX利用の禁止等)に「お客様が短時間の取引を繰り返し行うこと等により、他のお客様または当社のカバー取引等に著しい影響を及ぼすと当社が合理的に判断した場合」と明示しています。

一方、スキャルピングは数秒から数分のトレードを繰り返し行い利益を積み上げていくトレード手法です。

LINE FX(ラインFX)の禁止等に関する記述から、基本的にスキャルピングは禁止行為になるということになります。

ただしスキャルピングのトレード頻度である「短時間」については明確にしていません。

また「他のお客様またはカバー取引に著しい影響を及ぼすと判断した場合」という記述があるため、スキャルピングのトレード頻度についてはLINE FX(ラインFX)の裁量により禁止行為になると読み解くことができます。

スキャルピングを禁止するFX業者の多くは、数秒間や数分間で頻繁にトレードを繰り返すことを禁止しているため、LINE FX(ラインFX)でも同じように禁止行為に抵触する可能性は高いです。

大きなロット数で短時間で繰り返し売買するスキャルピングはサーバーに負担を与えるため、他のユーザーが約定しづらくなるという影響があるからでしょう。

逆を返せば、ロット数を控えめにして、短時間で頻繁に売買しない程度の常識的な範囲であれば、LINE FX(ラインFX)でスキャルピングできるとも読み取れます。

実際、LINE FX(ラインFX)の口コミを確認すると、多くのユーザーがスキャルピングをしています。

よって常識的な範囲内であれば、LINE FX(ラインFX)ではスキャルピングできると考えられるでしょう。

ただしLINE FX(ラインFX)の意図に背くスキャルピングを行った場合は利用規約違反と判断され、ペナルティとして口座凍結の措置がとられます。

LINE FX(ラインFX)でスキャルピングする場合は、このようなリスクを考えてご利用ください。

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングのメリット

LINE FX(ラインFX)でスキャルピングするメリットをみていきます。

まずLINE FX(ラインFX)は取引コストであるスプレッドが狭いです。

スキャルピングは注文と決済を繰り返して小さな利幅を狙うトレード手法のため、スプレッドが狭くなければ手数料負けしてしまいます。

LINE FX(ラインFX)のスプレッドは、0.2銭からと狭いため、スキャルピングで利益を狙いやすいことがメリットでしょう。

スキャルピングは約定力も必要ですが、LINE FX(ラインFX)は約定力が高いという声が聞かれてくることもメリットと言えます。

約定力とは注文の成立のしやすさをさしますが、約定力が低いとスリッページが起こり、思わぬ価格で売買が成立してしまいます。

スキャルピングは小さな利幅を狙うため、意図せぬ価格で約定するのは致命的ですので、約定力が高さはとても重要と言えるでしょう。

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングのメリットとして多く聞かれているのは、取引ツールの使いやすさです。

ふたつ上の口コミではユーザーインターフェースがよい、ひとつ上ではインジケーターよいとユーザーによって異なるものの、LINE FX(ラインFX)のスキャルピングにおける取引ツールの使いやすさをうたっています。

またスキャルピングの注文方法として活用されるLINE FX(ラインFX)のストリーミング注文では、スリッページの許容価格をしこんでおくことで、不利な約定を防ぐこともできます。

ストリーミング注文ではFIFOをONに設定し、既存注文における新規と決済を自動判別できるようになるため、スキャルピングに必要不可欠なスピーディな注文を行うことも可能でしょう。

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングのデメリット

前述の通り、LINE FX(ラインFX)のスキャルピングのデメリットは、頻繁に注文と決済を繰り返すことによる口座凍結というペナルティです。

口座凍結になってしまっては、LINE FX(ラインFX)を利用できなくなってしまうため、トレード頻度を抑えてスキャルピングしましょう。

スキャルピングに限らずLINE FX(ラインFX)のデメリットは、初期費用が高いこと、取扱通貨ペア数が少ないことです。

通貨ペア数が少なければ、それだけスキャルピングにおける利益獲得の機会損失につながってしまうことなるでしょう。

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

LINE FX(ラインFX)のスキャルピングは、明確に禁止していないものの、条件が厳しいため、短時間で頻繁にトレードを繰り返す行為は控えるべきです。

一方、スプレッドが狭い、約定力がある、取引ツールが使いやすいことは、LINE FX(ラインFX)のスキャルピングにおけるメリットでしょう。

スキャルピングに対する制限があるため、LINE FX(ラインFX)の裁量に抵触しない程度の頻度でスキャルピングを楽しんでください。