ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地をおくFX取引所。

しかし日本の金融庁の認可を受けたれっきとした国内取引所です。

そんなIG証券の入金方法は海外FXと同様なのか?

それとも国内FXと同じなのか?と疑問をお持ちの人がいるのではないでしょうか。

そこで今回はIG証券の入金方法と入金手数料、そして入金までの反映時間について分かりやすく解説します。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

IG証券の入金方法は3種類

IG証券の入金方法は以下の3種類です。

・クイック入金

・ベストレシーバー入金

・銀行振り込み(米ドル口座)

海外FXで利用できるクレジットカードやオンラインウォレットによる入金方法はありません。

IG証券は他の国内FX取引所と同じく、銀行から入金する方法だけでした。

IG証券の入金方法 クイック入金

IG証券の入金方法で最もおすすめなのは「クイック入金」です。

クイック入金とは、IG証券と提携している金融機関からインターネットバンキングする入金方法。

クイック入金に対応している金融機関は以下の8行。

・三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行

・PayPay銀行、楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行

・ゆうちょ銀行

大手都市銀行やネット銀行、ゆうちょ銀行と提携しているため、ほとんどの人はIG証券のクイック入金方法を利用できるのではないでしょうか。

IG証券の入金方法 ベストレシーバー入金

IG証券の入金方法「ベストレシーバー入金」を見ていきましょう。

ベストレシーバー入金とはユーザーにとっては単なる「みずほ銀行への振込」のことです。

IG証券のベストレシーバー入金では「ユーザーごとに専用口座番号」を準備しています。

通常の銀行振り込みであればユーザーは振り込み人名義にIDを付けて同じ口座へ振り込むことが多いでしょう。

もしIDを付け忘れていた場合、振り込み確認に余計な手間と時間がかかってしまいかねません。

その点、IG証券のベストレシーバー入金であれば一人につき一つの専用口座が用意されていますので、入金の手間が少し簡略化されます。

ただ、入金手数料や反映時間についてはクイック入金のほうが有利です。

IG証券のベストレシーバー入金は、どうしてもクイック入金を利用できない人だけが検討すべき入金方法といえるでしょう。

IG証券の入金方法 銀行振込(米ドル口座)

IG証券には米ドル口座限定で銀行振込による入金方法がありました。

こちらは先ほどのベストレシーバー入金とは違い、ユーザーはみな同じ銀行口座へ振り込む方法です。

円口座からは入金できません。

大手国際銀行などからみずほ銀行の米ドル口座へ海外送金する入金方法になるため、時間も入金手数料もかかります。

よほどのことがない限り、IG証券の入金方法で利用する必要はないでしょう。

IG証券の入金方法の手順

IG証券での入金方法の手順を見ていきましょう。

まずはダッシュボードを開き、入金したい口座を選んでください。

IG証券では「FX、株価指数、商品、個別株、債権先物、その他」などすべて口座が分かれていますので注意しましょう。

入金する口座をクリックしたら、上部バーに表示されている「入金」をクリックしてください。

するとサイドバーに「入出金」の項目が表示されますので入金方法を選びます。

IG証券で選べる入金方法は「クイック入金・ベストレシーバー入金・銀行振込(米ドル口座)」のうちいずれかです。

あとはそれぞれの入金方法での指示に従って、入金処理を行っていきましょう。

IG証券の入金手数料

IG証券への入金手数料を入金方法別に見ていきましょう。

まずはクイック入金の手数料です。

クイック入金できる銀行のうち「三井住友」「PayPay」は所定の振込手数料がかかります。

しかし「三菱UFJ」「みずほ」「ゆうちょ」「楽天」「ソニー」「住信SBIネット」の6行からIG証券にクイック入金すると手数料はかかりませんでした。

では次にIG証券のベストレシーバー入金でかかる入金手数料を見ていきましょう。

ベストレシーバー入金では、振込手続きをした銀行の所定の振込手数料がかかります。

給与受取口座にすれば振込手数料が無料になるなどの優遇がある銀行はいくつもあるでしょう。

IG証券への入金手数料を節約できますので、調べてみてはいかがでしょうか。

そしてIG証券での銀行振込(米ドル口座)の入金手数料についてもご紹介しておきます。

みずほ銀行の「外貨建送金・外貨普通預金」の入金手数料を参考例としてあげましょう。

個人や法人なのかによって多少変わりますが、おおよそ1件あたり「2500円」の入金手数料がかかっていました。

IG証券の入金反映時間

IG証券の入金反映時間を入金方法別に見ていきましょう。

・クイック入金:即時

・ベストレシーバー入金:当日中、営業時間外であれば翌営業日以降

・銀行振込(米ドル口座):数日

まず、IG証券で入金反映時間が最も早いのがクイック入金。

即時に反映されます。 続いてIG証券のベストレシーバー入金の反映時間は当日から数日です。

基本的には銀行の営業時間内であれば「当日中」、営業時間外であれば「翌営業日以降」が入金の反映時間です。

さらに入金処理をした時間帯と反映時間をご紹介しましょう。

・9:30〜10:00頃

・12:00〜12:30頃

・15:30〜16:00頃

IG証券ではベストレシーバー口座の入金確認を上記の時間帯に行っています。

目安になる時間ですので、参考にしてみてください。

そしてIG証券の入金方法のうち、最も反映時間がかかるのは「銀行振込(米ドル口座)」です。

これは海外送金になるため、数日は最低でもかかるでしょう。

IG証券側で反映時間をコントロールできるものではありませんので、仕方がないと割り切るしかありません。

IG証券の入金反映時間の注意点

もしIG証券でクイック入金したのに即時に反映されていなければ、入金手順でミスをしています。

・インターネット接続環境が悪い

・インターネットバンキングの処理をしたあとIG証券のサイトに戻らなかった

反映時間が遅い場合は、入金手続きが中断してしまったことが原因でしょう。

ネット環境がよいところでIG証券への入金手続きを行ってください。

そして意外と多い原因がインターネットバンキングで振り込み手続きをし終えて、それで安心してしまったケースです。

必ず銀行のサイトからIG証券のサイトへ戻らなければいけません。

最後に「加盟店に戻る」または「加盟店に通知」などのボタンを必ず押して、IG証券のサイトへ戻りましょう。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

IG証券の入金方法は金融機関からの振込のみです。

クレジットカードやオンラインウォレットなどの入金方法はありませんでした。

IG証券でおすすめの入金方法はクイック入金です。

即時に反映されますし、ほとんどの場合入金手数料はかかりません。

IG証券と提携している銀行をチェックしてから入金するようにしてみてください。