ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】DMM FXの詳細ページはこちらから

【2】IG証券の詳細ページはこちらから

【3】LINE FXの詳細ページはこちらから

【4】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地をおくFX取引所です。

そんなIG証券を使おうと考えているものの、海外拠点の取引所であるため入金方法が特殊なのでは心配な人もいるのではないでしょうか。

実際、海外の取引所では入金手数料がかさんだり入金の反映時間が大幅に遅れたりといったことは珍しくありません。

そこで今回はIG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説していきます。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

IG証券の入金方法は3種類

IG証券には「クイック入金」「ベストレシーバー入金」「銀行振込」の3種類の入金方法があります。

はじめに結論からいえばIG証券ではクイック入金がもっともおすすめ、かつ基本となる入金方法です。

そしてベストレシーバー入金はそれを補完するような入金方法です。

銀行振込については一応、用意こそされていますが基本的にはあまり使うことのない入金方法でしょう。

また、IG証券はたしかに海外を拠点としていますが、だからといって入金方法が特殊ということもありません。

入金手数料や入金の反映時間も国内他社と遜色ありません。

そのほか特に海外拠点の取引所ならではのデメリットはないのでその点の心配は不要です。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間【クイック入金】

クイック入金はIG証券ではもっともおすすめの入金方法です。

クイック入金は要するにIG証券が提携する金融機関のインターネットバンキングです。

利用できる金融機関は以下のとおり。

・三菱UFJ銀行

・みずほ銀行

・三井住友銀行

・PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

・楽天銀行

・ソニー銀行

・住信SBIネット銀行

・ゆうちょ銀行

都市銀行と大手ネット銀行です。

クイック入金は名前のとおり入金の反映時間は即時です。

また、入金手数料も「三井住友銀行」「PayPay銀行」をのぞいて無料です。

正確にいえばこの2社もIG証券側での入金手数料はかかりませんが、三井住友銀行とPayPay銀行のほうで別途振込手数料がかかってしまいます。

とはいえ、入金手数料、入金の反映時間のいずれをとってもIG証券ではもっとも便利な入金方法です。

特別な理由でもなければ基本的にはクイック入金を使いましょう。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間【ベストレシーバー入金】

IG証券のベストレシーバー入金は名前こそ独特ですが、実際は単なる銀行振込を使った入金方法です。

「ベストレシーバー」とは、IG証券に口座を作った際に個別に割り当てられるIG証券への入金専用の「みずほ銀行」の口座です。

具体的な入金方法は単にその口座番号当てへ任意の手段で振り込むだけです。

ATMでも銀行窓口でも、インターネットバンキングでも自由な手段で振込可能です。

入金手数料についてはIG証券側では特にかかりませんが、やはり送金元の振込手数料はユーザー負担です。

できるだけ手数料の安い金融機関を使いましょう。

また、入金の反映時間にしても利用する金融機関次第です。

銀行の営業時間内の入金であれば当日中に反映しますが、営業時間外の反映時間は翌営業日以降扱いです。

一応、ベストレシーバー入金は送金元の金融機関を問わないというメリットこそあるものの、やはりクイック入金には遠く及ばない入金方法です。

クイック入金がどうしても使えないという人以外はあまり利用する機会もないでしょう。

ちなみに、より詳しいIG証券のベストレシーバー入金の反映時間は以下のとおりです。

・9時~9時半頃

・11時~11時半頃

・15時~15時半頃

これらの時間帯に入金が反映されなかったらその後2~3時間は待たなければならないと考えておきましょう。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間【銀行振込】

銀行振込は、IG証券指定の口座へ振り込む入金方法です。

ベストレシーバー入金との違いは、振込先がユーザーごとに変わることもなく固定であることと、米ドル口座専用の入金方法ということです。

海外送金になるため入金手数料は中継銀行へ支払う各種手数料も含めて数千円になります。

また、入金の反映時間にしてもIG証券だけではなく中継銀行などが影響してきます。

そのため、最終的な着金までに数日かかることも珍しくありません。

よほど大金を送金するのでなければあえて使うメリットはないでしょう。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間は他社とくらべてどうなのか

IG証券の入金方法のバリエーションはごく平均的です。

多くの証券会社の入金方法はやはりクイック入金と普通の振込入金がメインです。

IG証券は米ドル口座の振込入金も用意されていますが、そもそも利用する機会もかなり限定される入金方法ですからあまり目立ったメリットともいえないでしょう。

入金手数料と反映時間についてもあまり他社との大きな違いはありません。

他社でも大半で入金手数料は基本的に無料ですし、反映時間もクイック入金ならば即時です。

強いて違いを挙げるとすればIG証券はソニー銀行が対応しているところでしょうか。

その他の金融機関はどの取引所でもたいていはクイック入金に対応しています。

しかし、意外なことにソニー銀行が使える証券会社はそう多くありません。

ソニー銀行がメインバンクという人にとってこの点は大きなメリットとなるかもしれません。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間の注意点

IG証券でクイック入金を使う場合は提携先の金融機関での操作を完全の終わらせるように注意しておきましょう。

IG証券のクイック入金は提携する金融機関でのインターネットバンキングを使った入金方法です。

したがって、具体的な操作はその金融機関のサイトでおこなうことになります。

ここで、最終的に入金処理(=送金処理)が終わる前にブラウザを閉じてしまうと、正常にクイック入金としての扱いがされてなくなってしまいます。

その結果としてIG証券側での入金確認の手順が挟まってしまい、入金の反映時間も大幅に遅れてしまいます。

一応、別途入金手数料がかかるようなことはないものの、これではクイック入金を使うメリットが大きく損なわれてしまいます。

IG証券でクイック入金を使うつもりの人は利用する金融機関の指示に従って正確な操作を心がけましょう。

IG証券の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説 まとめ

IG証券で利用できる入金方法は「クイック入金」「ベストレシーバー入金」「銀行振込」の3種類です。

クイック入金はIG証券が提携している金融機関のインターネットバンキングを使った入金方法。

ベストレシーバー入金は入金専用口座あての振込入金です。

銀行振込は米ドル口座専用の入金方法で、基本的にはあまり利用する機会はありません。

なお、IG証券はいかなる入金方法でも入金手数料はかかりませんが、一部のベストレシーバー入金では別途送金元で振込手数料がかかります。

また、入金の反映時間もクイック入金以外は入金タイミング次第で翌営業日に持ち越されてしまいます。

総じて、IG証券ではクイック入金がもっともおすすめ、かつ基本となる入金方法です。

よほど特別な理由がないかぎりはクイック入金を使いましょう。