ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券の自動売買(EA)を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスを本拠地とするFX取引所です。

そんなIG証券で自動売買(EA)をできないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、自動売買(EA)というとかなりハードルが高いというイメージをお持ちの人も少なくないはずです。

そこで今回はIG証券の自動売買(EA)について分かりやすく解説していきます。

IG証券の自動売買(EA)を分かりやすく解説

IG証券の自動売買(EA)の可否

一般的に自動売買というとMT4/MT4のEAを使ったものを指します。

IG証券ではこのEAを使った自動売買はできません。

しかし、自動売買そのものは可能です。 IG証券には有料版のプラットフォームであるProRealTimeチャートと呼ばれるシステムがあり、これを使えば自動売買も可能です。

システムをインストールしてルールを設定して稼働するという仕組み自体はMT4/MT5の自動売買(EA)と同じです。

ただ、根本となるプログラミング言語などは違います。

MT4/MT5の自動売買(EA)は「MQL」と呼ばれる言語で作られていますが、対してIG証券のProRealTimeチャートでは「Probuilder」なる言語を使います。

そして残念ながら両者に互換性はありません。

とはいえ、MT4/MT5の自動売買(EA)と同様にProRealTimeチャートもサポートツールが充実しています。

いちから言語を学習せずとも、アシスト機能を利用すればプログラミング言語をほとんど使わず自動売買を始めることも可能です。

IG証券の自動売買(EA)にかかる費用

IG証券はProRealTimeチャートを使えば自動売買も可能です。

ただし、MT4/MT5の自動売買(EA)は無料で使える一方で、IG証券のProRealTimeチャートは月額4,000円の利用料がかかります。

もっとも、ProRealTimeチャートは月に4回の取り引きをすることで利用料が無料になります。

自動売買をする場合、普通は月に4回程度の取り引きはこなすはずですから、たいていの場合は無料になると考えても差し支えないでしょう。

また、たしかにMT4/MT5の自動売買(EA)システム自体は無料で使えますが、普通は自動売買(EA)をするためにはVPSと呼ばれる高機能なレンタルサーバーを借ります。

これは自宅PCを24時間365時間稼働させるのが現実的ではないためです。

利用する業者とスペック次第ですが、そのVPSを使うためには月額数百円~数千円程度かかります。

IG証券の自動売買システムはEA同様に自身のPCにダウンロードして使う仕様ですが、一度起動したプログラムはPCの電源を落としても走り続けます。

したがって、必ずしもVPSが欠かせないということもありません。

こうしたことを考えると、全体的にIG証券の自動売買が費用的にそこまで不利とはいえないかと思います。

IG証券の自動売買(EA)はバックテストも標準搭載

IG証券の自動売買はバックテスト機能も標準で利用可能です。

MT4/MT5の自動売買(EA)の場合、バックテストをするためには過去データ(ヒストリカルデータ)をあらかじめ準備して、そこでプログラムを走らせる必要があります。

一方で、IG証券のProRealTimeチャートではこうしたバックテストも自動売買プログラム作成の一環として含まれています。

もちろん過去データもあらかじめ用意されています。 MT4/MT5の自動売買(EA)でバックテストをするには若干のコツが必要ですが、IG証券はそのようなこともありません。

ウィザードに従って操作していけば簡単にバックテストできます。

バックテストに関してはIG証券のほうが使いやすいといえるかと思います。

IG証券以外で自動売買(EA)をする方法

IG証券以外で自動売買をするためには普通、MT4/MT5を使います。

ここまでは軽く流してきましたが、あらためてIG証券以外で自動売買(EA)をする方法も見ておきましょう。

まず、EAを使って自動売買するためにはEAが搭載されているMT4ないしMT5が必須です。

これらは誰でも無料で入手可能です。

ただ、先ほど触れたようにIG証券以外で自動売買(EA)をする人の多くはVPSをレンタルします。

VPSのレンタル費用はピンからキリまでありますが、月額数百円~数千円程度は覚悟しておきましょう。

そのうえで、VPSへリモートデスクトップ接続して、そこで自動売買(EA)プログラムを作成・稼働させる必要があります。

ざっくりといえば、IG証券以外で自動売買(EA)をするためには「リモートデスクトップ」と「MQL」の技術と知識、そして「VPSのレンタル費用」が必要になってきます。

月額利用料のハードルさえクリアできれば、IG証券でProRealTimeチャートを使うほうが簡単です。

また、IG証券に関してはProRealTimeチャートに関する詳細なマニュアルも存在します。

正直にいえばIG証券自体はあまり初心者向けの取引所とは言えません。

しかし、まったくの初心者の人が自動売買(EA)をするのであれば、一般的な業者よりはむしろIG証券のほうがおすすめです。

IG証券以外で自動売買(EA)をする際の注意点

IG証券以外で自動売買(EA)をする際には海外のFX業者を使うことになります。

というのも、国内のFX取引所はのきなみ自動売買(EA)そのものを禁止しているからです。

また、そもそも自動売買(EA)の前提となるMT4/MT5に対応している国内業者はほとんどありません。

仮に対応していたとしてもチャート分析だけのような限定した機能しか使えません。 ただし、海外の業者がIG証券の代わりになるかというとそれもまた違います。

IG証券は海外が本拠地の業者ですが、金融庁の認可を受けたれっきとした国内業者です。

一方で、IG証券以外の海外業者は海外のライセンスで営業しています。 そのため、IG証券とは取引条件がまったく異なります。

詳しい解説は省きますが、海外の業者はIG証券にくらべるとかなりハイリスク・ハイリターンです。

ハイリスク・ハイリターンだから駄目とはかぎりませんが、少なくともIG証券とはまったく使い勝手が違います。

仮に海外業者で自動売買(EA)をするとしてもIG証券の代わりになるとは考えないようにしましょう。

IG証券の自動売買(EA)を分かりやすく解説 まとめ

IG証券はMT4/MT5を使った自動売買(EA)はできません。

しかし、ProRealTimeチャートと呼ばれる独自のシステムを使えば自動売買も可能です。

ProRealTimeチャート自体もMT4/MT5の自動売買(EA)に負けじ劣らずの機能を備えています。

また条件付きではあるものの、総じてMT4/MT5の自動売買(EA)よりも低コストで利用できます。

IG証券自体はそこまで初心者向きの取引所ではありませんが、まったくの初心者の人が自動売買を始めるには悪くない選択かと思います。