ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券のデモ口座の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】トライオートFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地をおくFX取引所。

いわば外資系の国内FX取引所です。

そんなIG証券に興味があるものの、いきなり自分のお金でトレードするのは怖いという人も多いのではないでしょうか。

そういった人は、まずはデモ口座を使ってみてはいかがでしょうか。

また、実はIG証券の取引画面は高機能である反面、使い方が非常に分かりにくいという部分があります。

すでにIG証券の本口座を開設した人も、あわせてデモ口座で取引画面の使い方をおさらいしておくのもよいでしょう。

そこで今回はIG証券のデモ口座の使い方について分かりやすく解説していきます。

IG証券のデモ口座の使い方を分かりやすく解説

IG証券のデモ口座の使い方【口座開設方法】

IG証券は本口座を開設せずともデモ口座で使い方を練習することが可能です。

口座の開設方法も難しくありません。

IG証券の公式サイトでデモ口座の開設を申し込めばよいだけです。

その際に必要な情報も「ユーザー名」「パスワード」「氏名」「電話番号」「メールアドレス」だけ。

デモ口座を使うだけであれば本人確認書類を提出する必要はありません。

デモ口座開設完了のメールを受け取れば、あとはIG証券の公式サイトの「ログイン」メニューからデモ口座へログインできるようになります。

デモ口座専用の入口はなく、リアル口座と同じメニューからログインすることになります。

なお、すでにIG証券の本口座を持っている人は上記の手続きさえ不要でデモ口座が利用できます。

IG証券へログインして「デモ口座」のメニューからデモ口座の開設を申し込めばよいだけです。

とりいそぎIG証券へ口座を開設したけれど、いきなり自分のお金でトレードするのは怖い。

そういった人はこのやり方でデモ口座を作ってIG証券の使い方を練習するのもよいでしょう。

IG証券のデモ口座の使い方【入金方法】

IG証券のデモ口座へは資金の追加も可能です。

メニューから「クイック入金」を選んで入金をすれば最大で1,000万円までデモ口座の資金を追加できます。

ただし、クイック入金の使い方は実際のIG証券のライブ口座とは異なります。 入金方法の練習とは考えないほうがよいでしょう。

また、当然ですがIG証券のデモ口座から出金はできません。

したがって、出金方法についてもリアル口座を開設するまでは具体的な使い方は確認できません。

IG証券のデモ口座の使い方【取引画面の開き方】

IG証券の取引プラットフォームは非常に高機能なのですが、そのぶん使い方が分かりにくいというデメリットもあります。

たとえば、デモ口座を開設したものの肝心の取引画面にたどり着けないという人もいるかもしれません。

取引画面へはマイページの「ダッシュボード」から移動できます。

「取引画面を開く」を選んでデモ口座用の取引画面を開きましょう。

なお、同じ画面からリアル口座の取引画面も開けます。

すでにIG証券へリアル口座を開設している人は間違ってリアル口座の取引画面を開かないように注意しておきましょう。

IG証券のデモ口座の使い方【口座の切り替え】

ひとくちにIG証券のデモ口座といっても、実は複数のデモ口座が同時に開設されます。

デモ口座を使う際にはそれらの口座を適宜切り替えて使っていくことになります。

IG証券のデモ口座でトレードできる商品は以下の6種類。

・FX

・株価指数

・株式

・商品

・債券先物

・ETF

さらにFX、株価指数、商品については「バイナリーオプション銘柄」と「ノックアウトオプション銘柄」もトレード可能です。

バイナリーオプションとノックアウトオプションについてはここでは詳しい解説は控えます。

ただ、この2つの銘柄がトレードできることがIG証券の他にはない強みのひとつです。

いずれにせよ、IG証券のデモ口座ではそれらも組み合わせると12種類の商品でデモトレードができることになります。

取引画面の基本的な使い方はどの商品でもほぼ共通です。 どの商品を取り引きするにせよデモ口座で練習しておいて損はないでしょう。

IG証券のデモ口座の使い方【注文方法】

IG証券のデモ口座の使い方はリアル口座とほぼ同じです。

トレードする銘柄を気配値パネルで選び注文パネルで発注する。

これが基本の使い方となります。

IG証券のデモ口座で利用できる注文方法は以下のとおりです。

・成行

・指値/逆指値

・IFD

・IFO

・スピード注文

それぞれどういった注文方法なのかはここでは詳しい解説は省略します。

どれほど失敗しても実害がないことがIG証券のデモ口座の最大のメリットです。

各注文方法の使い方についてはぜひともデモ口座を使って存分に確認してみてください。

IG証券のデモ口座の使い方【チャート】

IG証券以外ですでにFXをしたことがある人は、IG証券のデモ口座のチャートに控えめすぎる印象をお持ちになることでしょう。

ただ、実際は他社以上にバリエーションに富んだ使い方が可能です。

まず、チャート自体は取引画面とは別ウィンドウで開けます。

そのまま注文することも可能です。

さらにチャート上で右クリックすることでより細かなカスタム設定やインジケーターの追加もできます。

ちなみに、残念ながらIG証券にはこのあたりの取引画面の使い方に関するマニュアルがありません。

はじめのうちはどうしても手探りで使っていくほかありません。

すでにIG証券に口座を作った人でも取引画面の使い方に戸惑っている人も少なくないかと思います。

そういった人は、ある程度慣れるまではデモ口座で使い方を練習しておくのもよいでしょう。

IG証券のデモ口座の使い方の注意点

IG証券のデモ口座は取引画面の使い方の練習にはたいへん有用です。

ただ、デモ口座が実際の取り引きの練習になるとは考えないように注意しましょう。

まず、IG証券のデモ口座の初期資金は1,000万円です。

さらに1,000万円を追加することも可能です。

実際に1,000万円~2,000万円をはじめから用意できるのであればともかくとして、多くの人にとってこれほど資金力のある状態でのトレードでは練習にはならないでしょう。

仮にデモ口座で利用できる金額が小さかったとしても、やはり実際のお金とは重みが違います。

IG証券のデモ口座はあくまでも取引画面の使い方に慣れるためのもの。

実際のトレードの練習にはならないと考えておきましょう。

IG証券のデモ口座の使い方を分かりやすく解説 まとめ

IG証券のデモ口座はわずかな個人情報だけですぐに開設可能です。

最大2,000万円の仮想の資金で実際の取引画面と同じプラットフォームでデモトレードが始められます。

ただし、IG証券のデモ口座は取引画面の使い方に慣れるためのものです。

資金力の違いを考えると実際のトレードの練習にはなりません。

やはり実践に勝る練習はありません。

デモ口座で取引画面の使い方に慣れたら、できるだけ早めにリアル口座を使い始めることをおすすめします。