ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地をおくFX取引所です。

そんなIG証券に興味があるものの、海外発祥の取引所ゆえに注文方法(取引方法)が特殊なのではとお考えの人もいるのではないでしょうか。

実際、海外のFX取引所の注文方法(取引方法)は日本とは用語の使い方もルールも若干異なります。

しかし、IG証券でもそのような特殊ルールを覚えなければいけないのでしょうか。

そこで今回はIG証券の注文方法(取引方法)について分かりやすく解説していきます。

IG証券の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

IG証券の注文方法(取引方法)の基本

IG証券のメインの商品はFXです。

そしてFXの注文方法(取引方法)の特徴は売りから入れることです。

通常の買い物の場合、手元にないものは売れません。

しかし、IG証券のようなFXでは手元にないものを先に売ることが可能です。

こういった注文方法(取引方法)を一般的に空売り、あるいはショートと呼びます。

ショートは「高く売って安く買い戻す」ことで利益が狙えるため、下げ相場でも利益を狙えるというメリットがあります。

また、FXのもうひとつの特徴はレバレッジが使えること。

レバレッジとは「てこ」を意味する英単語で、その名のとおり実際の口座残高以上の取り引きができる取引形態です。

IG証券で利用できるレバレッジは最大25倍。

具体的な注文方法(取引方法)としてはレバレッジという項目は特に存在しませんが、口座残高では本来足りない価額の注文をすれば自動的にレバレッジがかかります。

以上が、IG証券の注文方法(取引方法)のもっとも基本となる部分です。

以降はより詳しい注文方法(取引方法)の種類について見ていきましょう。

IG証券の注文方法(取引方法)は4種類

IG証券で利用できる注文方法(取引方法)は以下の4種類です。

・成行

・指値/逆指値

・IFD

・IFO

といっても、成行と指値が基本で、あとはそこから派生したものばかりです。

成行と指値を理解すればほぼIG証券の注文方法(取引方法)はおさえられたものと考えてよいかと思います。

なお、IG証券は公式サイトで「ストップ」や「リミット」といった注文方法(取引方法)を解説していますが、それらはイギリス版のIG証券で使われる注文方法(取引方法)です。

日本でIG証券を使ううえでは上記の注文方法(取引方法)だけ知っていれば問題ありません。

IG証券の注文方法(取引方法)【成行】

成行はIG証券ではもっとも基本となる注文方法(取引方法)です。

特に意識せずに注文パネルで「売り」や「買い」を選択すると成行注文になります。

成行はその名前どおり、マーケットの成り行きに任せた注文方法(取引方法)。

原則的にはそのときの市場価格で売買できます。

ただし、FXは必ずしも希望する価格で売買できるものではありません。

これは別にIG証券にかぎらず、FXでは発注した価格よりも不利な価格で注文が成立することもままあります。

これを一般的にスリッページと呼びます。

IG証券の成行注文ではどの程度のスリッページを許容するかの設定が可能です。

そもそも注文が成立しなくなるリスクもありますが、どうしても希望価格近くで売買したいときはスリッページを狭く設定しましょう。

IG証券の注文方法(取引方法)【指値・逆指値】

指値は成行とともにIG証券で基本となる注文方法(取引方法)のひとつです。

指値もまた名前が注文方法(取引方法)の内容を表しています。

すなわち、売買希望価格を指定する注文方法(取引方法)です。

そして、逆指値もまた実は指値の一種です。 指値は「高く売る」「安く買う」といった有利な価格を指定する一方で、逆指値は「安く売る」「高く買う」ような不利な価格を指定する注文方法(取引方法)です。

IG証券の逆指値は新規エントリー時にも使えますが、主な用途は損切りです。

つまり、すでに保有しているポジションについて泣く泣く「安く売る」「高く買う」価格を指定した反対注文をして損切りするというわけです。

これはIG証券だけではなくどの取引所を使おうとほぼ共通の使い方です。

仮に他社を使うとしても「逆指値=損切り」と覚えておけば、とりあえず困ることはないでしょう。

ちなみに、先ほどIG証券の公式サイトには「リミット」「ストップ」という注文方法(取引方法)の解説があると紹介しましたが、実はリミットは「指値」、ストップは「逆指値」にあたる注文方法(取引方法)で、名前が違うにすぎません。

もし海外の取引所を使う際は「リミット=指値、ストップ=逆指値」と考えておきましょう。

IG証券の注文方法(取引方法)【IFD】

IG証券のIFDは指値と合わせて決済も予約できる注文方法(取引方法)です。

IFDの由来は「IF~Done」。

もし(IF)、新規注文Aが成立したら決済の注文Bが有効になる(Done)ということを意味します。

決済注文には指値も逆指値も利用可能です。

つまり、利益確定と損切りのどちらの決済も予約可能ということです。

非常に利便性の高い注文方法(取引方法)なので、IG証券が初めてのFXという人でもできれば活用していきたいところです。

IG証券の注文方法(取引方法)【IFO】

IG証券のIFOはIFDの発展型といえる注文方法(取引方法)です。

IFOは名前をあえて分解すると「IFD+OCO」になります。

IG証券以外の取引所ではそのまま「IFD-OCO」と呼ばれたりもします。

IFDは先に解説したとおりの注文方法(取引方法)です。

そして、OCOは「指値」と「逆指値」を同時に発注できる注文方法(取引方法)です。

ただ、OCOはそのいずれかの注文が成立すると他方は自動的にキャンセルされます。

このような挙動を意味する英文の「One Cancels the Otere」の頭文字をとってOCOです。

IG証券のIFOは「IFD」の「Done」の部分がこの「OCO」になっています。

したがって、決済の注文部分に「指値」と「逆指値」を同時に予約できるのです。

IFDとの違いは「指値/逆指値のいずれかしか予約できないか(IFD)」「両方同時に予約できるか(IFO)」です。

言うまでもなく、IFOはIFDよりも便利な使い方のできる注文方法(取引方法)です。

やはりIG証券が初めてのFXという人にもおすすめの注文方法(取引方法)といえるでしょう。

IG証券の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説 まとめ

IG証券の注文方法(取引方法)は「成行」「指値/逆指値」「IFD」「IFO」の4種類です。

といっても、成行と指値が基本となり、他の注文方法(取引方法)はそこから派生したものばかりです。

とりあえず成行と指値/逆指値だけ覚えてしまえばあとは難しくないかと思います。

なお、IG証券にはFXのほかにもノックアウトオプションやバイナリーオプションといった商品も存在しますが、そちらの注文方法(取引方法)も成行と指値が基本です。

多少の違いはありますが、まずはFXの注文方法(取引方法)をしっかりと理解しておきましょう。