ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】トライオートFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所。

その安定感から多くのユーザーに支持されています。

しかし一方で、初心者の人には少し注文方法(取引方法)が分かりづらいという部分も否めません。

実際、取引プラットフォームを見てもIFDやOCOなど特殊な注文方法(取引方法)のパネルは説明不足な印象です。

そこで今回はSBI FXトレードの注文方法(取引方法)について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)の種類

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)には以下のような種類があります。

・成行

・2WAY

・指値

・逆指値

・トレール

・OCO

・IFD

・IFDOCO

かなり数が多いためFXが初めての人は戸惑うことも多いのではないでしょうか。

ただ、のちほど詳しく解説しますが、SBI FXトレードの注文方法(取引方法)の基本は成行と指値の2種類。

それ以外の注文方法(取引方法)はこの2つから派生したものにすぎません。

それを念頭にひとつずつ見ていきましょう。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【成行】

SBI FXトレードのもっとも基本となる注文方法(取引方法)が成行です。

成行はその名のとおり、マーケットの成行きにまかせて発注する注文方法(取引方法)。

売買したい数量を指定して発注するだけです。

特に条件指定はないため、基本的にはSBI FXトレードの提示する価格ですぐに注文が成立(約定)します。

約定力が強い半面、売買価格を指定できないというデメリットがあります。

基本的には価格指定よりは素早い約定を優先したいときに使っていく注文方法(取引方法)と言えるでしょう。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【2WAY】

SBI FXトレードの2WAY注文は素早い発注に特化した注文方法(取引方法)です。

しかし、その実態はただの成行注文です。

ただし、2WAY注文では各種確認画面は省略されます。

また、SBI FXトレードでは「両建て」にチェックが入っていないかぎり、2WAY注文での反対注文(売り→買い or 買い→売り)は自動的に決済注文とみなされます。

「決済優先」にしたいと考えてチェックを入れると逆の結果になってしまいますので注意しておきましょう。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【指値/逆指値】

指値/逆指値は成行に次いでSBI FXトレードの基本となる注文方法(取引方法)です。

指値/逆指値ともに希望売買価格を指定する注文方法(取引方法)です。

違いは指定する価格がトレーダーにとって有利か不利かということだけ。

有利(安く買う、高く売る)な場合は指値。 不利(高く買う、安く売る)な価格を指定する場合が逆指値です。

不利な価格を指定する逆指値は一般的には損切りに利用する注文方法(取引方法)です。

新規エントリー時に逆指値を使うことも可能ですが、使う局面は限られています。

SBI FXトレードがはじめてのFXという人はあまり逆指値のエントリーは意識しないでも良いでしょう。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【トレール】

SBI FXトレードのトレールはややテクニカルな注文方法(取引方法)です。

トレールは日本語では「後を追う」「追跡する」という意味。

その意味合いどおり、SBI FXトレードのトレールはマーケットを追跡する注文方法(取引方法)です。

追跡して変化するのは決済の指値注文価格。

市場価格の変化にあわせて、あらかじめ指定したトレール幅だけ乖離した価格に決済指値が変更されます。

対して、市場価格が不利に動いた場合に決済指値は変動せず、決済注文が有効になります。

簡単に言ってしまえば、トレール注文はできるだけ利益を最大化できるように自動的に決済価格を変更してくれる注文方法(取引方法)です。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【OCO】

ここから解説するSBI FXトレードの注文方法(取引方法)はすべて指値です。

OCOは指値と逆指値を同時に発注する注文方法(取引方法)。

片方が約定すると自動的に他方がキャンセルされます。

SBI FXトレードでは注文1と注文2の注文タイプの組み合わせをはじめに選ぶ方式です。

慣れるまでは少し使いにくいかもしれません。

また、SBI FXトレードのOCOは新規注文でしか利用できない注文方法(取引方法)です。

新規で逆指値を発注するという局面はなかなか限定的です。

FXに慣れていない人は無理に使っていく必要はないでしょう。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【IFD】

SBI FXトレードのIFDは非常に活用場面の多い注文方法(取引方法)です。

画像を見て分かるように、IFDは新規注文にあわせて決済注文も予約できる注文方法(取引方法)。

新規注文が約定してはじめて決済注文が有効になります。

IFDは利益確定、損切りのいずれにも活用できます。

SBI FXトレードがはじめてのFXという人でも積極的に使っていくことをおすすめします。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)【IFDOCO】

SBI FXトレードのIFDOCOは名前のとおりIFDとOCOを組み合わせた注文方法(取引方法)です。

新規注文が約定するとOCOの決済注文が有効になります。

OCOの決済注文ということはつまり、決済に利益確定(指値)と損切り(逆指値)の双方を予約しておけるということです。

IFDと同様にSBI FXトレードを使い始めたばかりの人にもぜひとも活用してもらいたい注文方法(取引方法)です。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)の注意点

SBI FXトレードは複数の取引プラットフォームから自分の好きなものを利用できます。

今回紹介したプラットフォームはWEBトレーダーです。

そして、デフォルトの状態のWEBトレーダーには「2WAY」と「成行」の注文方法(取引方法)しか表示されていません。

そのためWEBトレーダーでは指値ができないのではと思われがちです。

しかし、実際にはここで紹介したすべての注文方法(取引方法)が利用可能です。

隠れているメニューから「新規注文」を選べば2WAY注文をのぞくすべての注文方法(取引方法)が利用できます。

SBI FXトレードは全体的には使いやすいのですが、WEBトレーダーについては少し使い勝手が悪い印象です。

できればPCへインストールして使うリッチクライアントの利用をおすすめします。

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)を分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードの注文方法(取引方法)は全8種類。

一見すると多いようですが、基本は成行と指値の2つ。

残りはそれらの派生にすぎません。

また、そもそもすべての注文方法(取引方法)を駆使しなければ勝てないというわけでもありません。

SBI FXトレードがはじめてのFXという人は無理にすべての注文方法(取引方法)を使わず、まずは基本の注文方法(取引方法)だけでトレードすることをおすすめします。