ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードのMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】トライオートFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所。

そしてMT5はMetaQute社が開発したFX専用の取引プラットフォームです。

そんなMT5をSBI FXトレードで使いたいという人もいるのではないでしょうか。

しかし、SBI FXトレードはMT5に対応しているのでしょうか。

またそもそも使い方は難しくないのでしょうか。

そこで今回はSBI FXトレードのMT5の使い方について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードのMT5の使い方を分かりやすく解説

SBI FXトレードはMT5を使えない

結論から言うとSBI FXトレードでMT5は使えません。

まず、SBI FXトレードは純正取引プラットフォーム以外のツール使用を規約で禁止しています。

そしてMT5はMetaQuate社開発のサードパーティ製の取引プラットフォーム。

MT5の利用は規約違反に該当してしまいます。

またそもそも、SBI FXトレードのログイン情報ではMT5は物理的に利用できません。

ただ、実際のところSBI FXトレードでMT5が使えないとしてもそれほど大きなデメリットはありません。

SBI FXトレードの取引プラットフォームとMT5の使い方には共通点も少なくないからです。

そこでここからはSBI FXトレードの取引プラットフォームとMT5の使い方の共通点と相違点に分けて詳しく解説していきます。

SBI FXトレードとMT5の使い方の基本は同じ

SBI FXトレードとMT5の使い方の基本的な部分はそれほど違いません。

気配値やチャートを見て、実際に通貨ペアを売買していくだけです。

利用できる注文方法も名前こそ違えど、実際の機能にさほどの違いはありません。

機能さえ分かれば同じような使い方が可能です。

MT5で利用できる注文方法は以下のとおり。

・カウントダウン注文(またはストリーミング注文)

・指値注文

カウントダウン注文は要するに成行注文です。

そして、MT5では指値注文のカテゴリー内でさらに以下のような注文タイプが指定できます。

・Buy/Sell Limit

・Buy/Sell Stop

・Buy/Sell Stop Limit

Limitは指値注文、Stopは逆指値注文です。

Stop Limitはトリガー価格を条件として有効になる指値注文です。

また、MT5では新規注文に合わせてStop Loss(損切りの決済指値)とTake Profit(利益確定の決済指値)も設定できます。

対して、SBI FXトレードで利用できる注文方法は以下のとおり。

・成行

・指値/逆指値

・OCO・・・指値と逆指値を同時に発注、いずれかが約定すると他方がキャンセルされる注文方法

・IFD・・・決済の指値と逆指値のいずれかをあわせて予約できる注文方法

・IFDOCO・・・決済の指値と逆指値の双方をあわせて予約できる注文方法

IFD、IFDOCOがあることでMT5とSBI FXトレードでできる注文方法に大きな差は生じていません。

Stop LimitのみSBI FXトレードでは使えませんが、そもそも使い方の難しい注文方法です。

利用できなくて困ることは少ないでしょう。

基本的にMT5でできる注文方法は、SBI FXトレードの取引プラットフォームでも同じようにできると考えておいて良いでしょう。

SBI FXトレードとMT5の使い方の違い【決済方法】

SBI FXトレードとMT5の使い方の大きな違いは決済方法です。

MT5の場合、ポジションを持ったまま反対注文をしても決済とはみなされません。

売りと買いの双方のポジションが同時に建ちます。

(=両建て) 決済するには新規注文とは別に決済注文をする必要があります。

対して、SBI FXトレードの場合、決済方法は複数用意されています。

「両建」のオプションへチェックを入れるとMT5と同じような使い方になる一方で、チェックなしの場合は反対注文は自動的に決済とみなされます。

どちらが使いやすいかはある程度は慣れの部分があるかと思います。

ただ、選択肢が多いに越したことはありません。

この点はSBI FXトレードのほうがMT5にくらべて勝っていると言って良いでしょう。

SBI FXトレードとMT5の使い方の違い【時間表記】

SBI FXトレードとMT5では時間表記も異なります。

SBI FXトレードの取引プラットフォーム上の時間表記はもちろん日本時間です。

対して、MT5はサーバー時間という特殊な時間表記です。

カスタムで日本時間へ変更することも可能ですが、率直に言ってそのやり方は簡単ではありません。

そもそもMT5は広く世界的に使われている取引プラットフォームです。

それゆえ日本向けのローカライズが不完全な部分も見受けられます。

ヘルプを見ても詳細な使い方が分からないということも珍しくありません。

全体的な使い方の分かりやすさで言えば、明らかにSBI FXトレードの取引プラットフォームのほうが優れています。

SBI FXトレードでMT5が使えないことのデメリット

使い方の分かりやすさで言えばSBI FXトレードはMT5よりも優れています。

一方で、機能面で言えばMT5に劣る部分があるのは否めません。

たとえば、SBI FXトレードの取引プラットフォームでは自動売買はできません。

また、利用できるインジケーターの種類もMT5にくらべれば少ないと言わざるを得ません。

ただ、これらをデメリットと感じるのはFXに相当慣れた人だけでしょう。

まず、自動売買はその有効性を判断するのにFXの経験が必要です。

さらに言えば、MT5で自動売買をするにはMQLというプログラム言語の知識が必須です。

そして、インジケーターについても基本的にはSBI FXトレードで利用できるものだけで十分です。

MT5が必要になるのは独自のカスタムインジケーターを利用したいという人だけでしょう。

総じて、SBI FXトレードでMT5が使えないことのデメリットは大半の人には無関係です。

よほど特殊な使い方をしたいのでなければ、あまり気にする必要はないでしょう。

SBI FXトレードのMT5の使い方を分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードではMT5は使えません。

とはいえ、SBI FXトレードの取引プラットフォームとMT5の使い方にそれほど大きな違いはありません。

基本的にMT5でできる注文方法はSBI FXトレードでも実現可能です。

ただ、自動売買に関してはSBI FXトレードの取引プラットフォームでは不可能です。

どうしても自動売買がしたいという人はMT5を使うほかありません。

もっとも、自動売買は相当にFXに慣れた人でなければ使いこなすのは難しいものです。

是非にも自動売買をするつもりというのでもなければ、基本的にはSBI FXトレードを利用することをおすすめします。