ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所です。

そんなSBI FXトレードに興味があるものの、なんらかの事情で退会(解約)するかもしれない。

そのため事前に退会方法(解約方法)を知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。

あるいはすでに使っているがやめ方がよく分からなくて困っているという人もいるかもしれません。

たしかに他人のお金を預かるFX取引所の退会方法(解約方法)は分かりにくくなっているのが常です。

そこで今回はSBI FXトレードの退会方法(解約方法)・やめ方について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方はフォームからの連絡

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)は口座解約フォームからの申し込みです。

やめ方の案内が一切ない取引所も多いなか、これは親切設計です。

口座解約フォームも公式サイトの「問い合わせ」からそれほど迷わずたどり着ける位置にあります。

退会(解約)フォームの入力項目自体にもとくに難しいところもありません。

・氏名

・メールアドレス

・生年月日

・ログインID

・電話番号

以上の情報があれば問題ありません。

退会(解約)申請後、通常は2~3営業日後に口座解約完了の通知が届きます。

なお、SBI FXトレードの退会方法(解約方法)の基本は口座解約フォームですが、コールセンターから退会(解約)を申し込むことも可能です。

というか、そもそもSBI FXトレードの規約上はコールセンターへ申し出ることとされています。

ただ、実際は口座解約フォームから問題なく退会(解約)申請が可能ですのでその点は心配不要です。

以前はコールセンターからの退会(解約)申請が必須だったようですが、それに不満を持つ声も多数あったようです。

SBI FXトレードがそういった意見を汲んだ結果としてこのような分かりやすい退会方法(解約方法)となったのでしょう。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方の注意点

SBI FXトレードを退会(解約)する前には以下の2点に注意しておきましょう。

・ポジションをすべて決済しておく

・口座残高をゼロにしておく

SBI FXトレードの出金反映時間は原則的に翌営業日です。

退会(解約)すると決めたら早めに手続きしておきましょう。

ちなみに、口座残高はゼロであれば問題なく退会(解約)できますが、マイナスの場合はこのかぎりではありません。

SBI FXトレードでは万が一にもマイナス残高となり、その分の追証が解消できない場合年利14.6%の遅延損害金が発生します。

そうそう起こる事態ではありませんが、どうせ退会(解約)するからといって一か八かの無謀なトレードをするようなことは絶対にやめておきましょう。

SBI FXトレードの正規の退会方法(解約方法)ではないやめ方

SBI FXトレードの正規の退会方法(解約方法)はそれほど難しくありません。

ただ、少しでもトレードを再開する可能性があるのであれば、あえて口座を放置しておくというやめ方もありでしょう。

SBI FXトレードは口座維持手数料を徴収していないからです。

もっとも、そのようなやめ方をする場合でも口座残高をゼロにしておくのは忘れないようにしましょう。

口座が生きているかぎりは、アカウントの乗っ取りの可能性は捨てきれません。

長期間SBI FXトレードへログインしない以上、リスクはできるかぎり減らしておきましょう。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方の際には「取引報告書」にも注意

SBI FXトレードを退会(解約)する際には、できれば取引報告書は取得しておきましょう。

SBI FXトレードで得た利益は原則的に確定申告が必須です。

その際に取引報告書は重要な資料として必要になるからです。

ただ、SBI FXトレードは退会方法(解約方法)の手順で以下のような項目があります。

ここで「希望しない」を選んでおけば退会(解約)後も一定期間は取引報告書が閲覧できます。

自分が確定申告の対象になるのか分からないという人はとりあえず「希望しない」にチェックを入れておくことをおすすめします。

あるいは確定申告が終わるまでは、あえて口座を放置しておくといったやめ方にとどめておくのも良いかもしれません。

ちなみに、確定申告が例外的に不要になるのは以下のケースです。

・給与所得があって、年間の雑所得が20万円以下

・給与所得がなくて、年間の雑所得が48万円以下

雑所得にはSBI FXトレードの利益以外も含まれる点には要注意です。

そのため仮にSBI FXトレードの年間利益が20万円以下のタイミングで退会(解約)したとしても確定申告が必要になることも珍しくありません。

そういった点からも、退会(解約)前には取引報告書は事前に取得しておくことをおすすめします。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方は簡単すぎる?

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)はメール一本だけです。

これはあまりにも簡単すぎるのでは、という印象を抱いた人も少なくないようです。

実際、他社の退会方法(解約方法)の場合「口座解約をネットで申し込み→自宅に届く口座解約届出書を返送する」といった手順であることも珍しくありません。

それにくらべるとSBI FXトレードの退会方法(解約方法)はあまりにも簡単すぎて、セキュリティ面で不安に感じる人もいることもうなづけます。

ただ、SBI FXトレードの退会方法(解約方法)の条件は口座残高ゼロです。

そして、口座からの出金先は事前に登録した「自分と同一名義」の金融機関に限定されます。

したがって、第三者の口座への不正送金はありえません。

そういった部分を考えると、SBI FXトレードのやめ方がシンプルだからといってすなわちセキュリティが甘いというわけでもないことが分かります。

たしかにSBI FXトレードの退会方法(解約方法)は簡単ですが、それは純粋に手続きが面倒ではないというメリットだと考えて良いのではないでしょうか。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)は口座解約フォームから退会(解約)申請です。

なんらかの文書を郵送で受け取って返送したり、あらためて本人確認をしたりする必要はありません。

ポジションを決済して口座残高をゼロにしておけば遅くとも数日以内には退会(解約)が完了します。

このSBI FXトレードのやめ方は数あるFX取引所の中でもかなりシンプルな部類に入ります。

あまりにも簡単すぎて不安になるほどです。

ただ、実際のところ退会方法(解約方法)がシンプルだからといってセキュリティが甘いわけでもありません。

単純に手続きが簡単だというメリットでしかないと考えて問題ないでしょう。