ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードで取引しなくなったので退会(解約)したいけれど、どうすればいい?

あるいはこれからSBI FXトレードに口座を開設しようとしていて、事前にやめ方を知っておきたい人もいるのではないでしょうか。

驚くことにFX取引所の中には正式な退会方法(解約方法)がないところがあります。

果たしてSBI FXトレードのやめ方はきちんとしているのでしょうか。

そこで今回はSBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)には次の2種類のやめ方があります。

・口座を解約して完全に退会するやめ方

・トレードを一時的に中断して口座を放置しておくやめ方

SBI FXトレードの公式サイトには「口座解約申込フォーム」が分かりやすいところに掲載されていました。

電話やメール、郵送でのやりとりをしないと解約させてもらえないFX取引所が多い中、SBI FXトレードの姿勢には好感がもてます。

しかしだからといって早急にSBI FXトレードに退会(解約)の旨を伝えるのは待って下さい。

SBI FXトレードのやめ方を進める前にすべきことや、口座を残したまましばらくログインしない方法も知っておきましょう。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)・やめ方の注意点

SBI FXトレードを完全にあるいは一時的に退会(解約)する前に、注意しなければいけない点がいくつかあります。

・予約している注文を停止する

・保有する建玉をすべて決済する

・該当口座の資金を全額出金しておく

・取引報告書をダウンロードする

※任意

SBI FXトレードで口座を解約したら自動的にポジションを精算され出金されるなんて仕組みはありません。

SBI FXトレードに限らず、どのFX取引所でも同様です。

まずは積立設定や予約注文を取り消して下さい。

そして保有しているポジションをすべて決済してしまいましょう。

すべての決済注文が約定すれば、SBI FXトレードから銀行口座へ全額を出金してください。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を進める前に、ここまでの手順は必ず済ませておかなければいけません。

では次にSBI FXトレードの取引報告書のダウンロードについての注意点に移りましょう。

取引報告書は税金の計算、確定申告に欠かせない重要な書類です。

SBI FXトレード以外の国内外のFX取引所では、この取引報告書のダウンロードは絶対にしておかなければいけません。

退会方法(解約方法)を進めてしまうと二度と取引所にログインできなくなってしまうからです。

しかしSBI FXトレードでは、希望があれば口座を解約したとしても取引報告書の閲覧だけできる仕組みがありました。

退会(解約)したあとでも取引報告書を閲覧できれば、確定申告で困ることはありません。

SBI FXトレードでも当然取引報告書は各自でダウンロードすべきですが、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法) 口座を解約するやめ方

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)・やめ方は「口座解約申込フォーム」からの申請です。

やめ方を進める前に口座を解約する事前準備をすべて終わらせてください。

退会(解約)の準備ができたら、SBI FXトレードの「よくある質問」から「登録情報に関するご質問」に入りましょう。

そこに「口座解約の方法を教えて下さい」の質問があり、回答欄に「口座解約申込フォーム」へのリンクが張ってあります。

SBI FXトレードの口座解約申込フォームは以下の内容が記載されていました。

・氏名、メールアドレス、生年月日、電話番号

・ログインID ・解約理由

・解約後も取引画面へログインできるようにするかどうか(取引報告書の閲覧のため)

まずは、個人情報やログインIDを入力してください。 続いて解約理由を選択肢の中から選びます。

そして「取引画面へのログインが出来ない状態への変更」で「希望しない」または「希望する」を選びましょう。

これまでSBI FXトレードで取引を全くしていなければ「希望する」でよいかと思います。

これで完全にSBI FXトレードから退会(解約)するやめ方ができます。

しかし、トレードして損益が発生している人は「希望しない」を選択するほうが無難でしょう。

取引報告書は確定申告に必要な重要な書類です。

・取引報告書を事前にダウンロードしてきちんと管理できる

・SBI FXトレードから完全に退会(解約)してしまいたい

両方とも当てはまる人だけ「希望する」やめ方を選んでみてはいかがでしょうか。

そしてSBI FXトレードへ口座解約申込フォームを送信すると、2〜3営業日後に口座解約完了の通知が届きます。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方は簡単な部類だといえるでしょう。

SBI FXトレードのやめ方 解約せずにそのまま放置

SBI FXトレードにしばらくログインしないつもりだけれどFXを再開する可能性があるのなら、退会(解約)せずに口座をそのままにしておくやめ方はいかがでしょうか。

SBI FXトレードでは口座維持手数料は一切かかりません。

海外の取引所であればしばらくトレードしていないと口座維持手数料がかかってくることも珍しくありません。

その点、SBI FXトレードは解約せずにそのまま口座を放置していてもアカウント凍結されたり、手数料を要求されることもないのです。

SBI FXトレードから完全に足を洗う退会方法(解約方法)とやめ方の手続き自体は簡単です。

しかし少しでもトレード再開の可能性があるのなら、退会(解約)せずに休眠口座にとどめておくやめ方でよいでしょう。

ただし、その場合は積立や予約注文を取り消して全てのポジションを解消してください。

そして念の為、SBI FXトレードの口座に入っている資金は引き出しておくようにしましょう。

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説まとめ

SBI FXトレードの退会方法(解約方法)は、口座解約申込フォームから申請できます。

電話や郵送など面倒な手続きは必要ありません。

SBI FXトレードでの退会方法(解約方法)を進める前には、自分で口座残高をゼロにしてください。

予約注文や積立の設定などをすべて解除して、全ポジションを決済。 そのうえでSBI FXトレードの口座から全額を出金しておきましょう。

また取引報告書は確定申告に必要な書類ですが、SBI FXトレードでは退会(解約)後も閲覧することは可能です。

手順にそって行えば、数日でSBI FXトレードから退会(解約)できるでしょう。