ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの両建てを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードは25倍のレバレッジが使えるFX取引所。

ただ、レバレッジはリターンが大きくなる一方でリスクも大きくなりがちです。

そんなリスクをコントロールするために有効な手法が両建てです。

しかし、そもそもSBI FXトレードで両建てはできるのでしょうか。

また、できたとしてなんらかの注意点などはないのでしょうか。

そこで今回はSBI FXトレードの両建てについて分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの両建てを分かりやすく解説

SBI FXトレードは両建て可能

SBI FXトレードは両建てが可能です。 両建てとは同一通貨ペアに対して売りと買いのポジションを同時に持つ手法。

両建てにしておけばマーケットがどのように動いても双方のポジションで損益が相殺されます。

これによりトレーダーは相場急変に際して柔軟にポジションを調整できます。

ただ一方で、両建ては経済合理性を欠くおそれのある手法として多くの取引所では推奨されていません。

SBI FXトレードも同様に両建ては非推奨。

しかし、あくまでも非推奨であるだけで禁止ではありません。

SBI FXトレードで両建てをしたからといってなんらかのペナルティを受けるような心配は無用です。

ちなみに、両建てが「経済合理性を欠く」という意見については賛否両論あります。

否だけではなく賛同する人も多い以上、はなから無意味な手法と考えるのはおすすめではありません。

SBI FXトレードの両建て時の証拠金

SBI FXトレードでは両建て時の必要証拠金はMAX方式で決められます。

MAX方式とは、売りと買いのうち金額が大きいほうのポジションをもとに必要証拠金を算出する方式です。

つまり、SBI FXトレードでは両建て時にかぎり片方のポジション分の必要証拠金だけで両建てができるのです。

ただし、両建ては「同一通貨ペア」について売りと買いのポジションを持つ手法。

異なる通貨ペアで売りと買いのポジションを注文しても両建てとはなりません。

その場合はそれぞれのポジション分の証拠金が必要になるので注意しましょう。

もっとも、値動きの相関性が強い通貨ペアで売りと買いのポジションを持てば機能的には両建てと同じです。

資金力のある人はそういった擬似的な両建てを活用するのも良いでしょう。

SBI FXトレードの両建て時のスプレッド

SBI FXトレードで両建てをするとスプレッドが2重にかかります。

スプレッドは同一通貨ペアの売値と買値の差額。

トレーダーにとっては事実上の手数料に当たります。

そして両建ては2つのポジションを持つ手法。

当然、それぞれのポジションでスプレッドが発生してしまいます。

MAX方式である証拠金のように片方だけのスプレッドで済むということはありません。

ちなみに、SBI FXトレードは取引手数料は無料です。

両建て注文のコストとしてはスプレッドだけを見ておけば十分です。

また、そもそもSBI FXトレードはスプレッドも非常に狭い水準です。

そういった意味では比較的両建てをしやすい取引所と言えるでしょう。

SBI FXトレードの両建て時のスワップポイント

SBI FXトレードで両建てをするときはスワップポイントにも注意が必要です。

スワップポイントはポジションを保有し続けるかぎり毎日発生するもの。

トレードする通貨ペアとポジション(売りor買い)によってはマイナスだけではなくプラス、つまり利益が生じることもあります。

しかし、SBI FXトレードでは両建てをすると双方のスワップポイントの合計は必ずマイナスになります。

つまり、両建てを続けているかぎり毎日損失が出てしまうのです。

スワップポイントによる損失はそれほど大きなものでもありませんが無駄な損失であることに違いはありません。

SBI FXトレードで両建てをするのはここぞというタイミングに限定しておくことをおすすすめします。

SBI FXトレードの両建てのやり方

SBI FXトレードで両建てをするには「両建て」のオプションにチェックを入れる必要があります。

あとはその状態で売りと買いの注文をそれぞれ入れれば良いだけです。

なお、デフォルト設定のまま反対注文をすると両建てにはならず自動的に決済注文とみなされてしまいます。

結果として単に無駄なスプレッド分の損失が出るだけです。

SBI FXトレードで両建てをするときは必ず「両建て」のオプションを有効にしましょう。

ちなみに、SBI FXトレードは複数の取引プラットフォームが利用できます。

それぞれ両建てのやり方の基本は同じですが、微妙なレイアウトや仕様の違いはあります。

複数のプラットフォームを同時に使うつもりの人はそういった微妙な仕様の違いには注意しておきましょう。

SBI FXトレードで両建ては必須?

両建てはSBI FXトレードに必須の手法ではありません。

両建ては賛否両論あるものの、使いこなせれば戦略の幅が広がることはたしかです。

しかし、必ずしも両建てを駆使しなければ勝てないというわけでもありません。

SBI FXトレードにはあらかじめ損切り注文を予約できる注文方法もあります。

そういった特殊注文を活用できれば両建てを使わずともリスクヘッジが可能だからです。

SBI FXトレードが初めてのFXという人は無理に両建てを使っていく必要はないでしょう。

SBI FXトレードが両建てを非推奨とする理由

SBI FXトレードにかぎらずFX取引所の大半は「両建て非推奨」という立場を明確にしています。

これは取引所を管轄する金融庁の規制によるものです。

金融庁は投資家保護のためFX取引所の運営に関して色々なルールを設けています。

そのなかに「両建ての勧誘の禁止」の項目もあるのです。

そして、SBI FXトレードが両建てに関してただ「可能」としていた場合、それは「勧誘」にあたるととられかねません。

それゆえ、あえて「非推奨」という立場を明確にしているのだと思われます。

ここで、それならばそもそも両建てができない仕様にすれば良いのでは、とお考えの人もいるかもしれません。

しかし、SBI FXトレードをはじめとしたFX取引所は非推奨の立場を明確にしつつも両建てができることとしています。

これはそれだけ両建てを活用したいという人が多いからでしょう。

このことからも両建ては賛否両論あるものの、それでもやはり根強い人気のある手法ということが分かります。

 

SBI FXトレードの両建てを分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードは両建てが可能です。 そして両建て時の必要証拠金はサイズの大きいポジション分のみで計算されるMAX方式です。

一方で両建て時はスプレッドが2重にかかる、必ずマイナススワップとなるというデメリットもあります。

SBI FXトレードにかぎらず両建ては賛否両論ある手法です。

そもそも使わないという人も少なくありません。

それでも両建てを使っていきたいという人は、メリット・デメリットをしっかりと把握して適切なタイミングで活用していきましょう。