ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】トライオートFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所。

そんなSBI FXトレードに興味があるものの、使い方が難しいのではと一歩踏み出せないでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際のところSBI FXトレードの使い方はそれほど難しくありません。

とはいえ、やはり事前に色々と知っておきたいという人も多いことでしょう。

そこで今回はSBI FXトレードの使い方を全体的に分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの使い方を分かりやすく解説

SBI FXトレードの使い方【登録方法】

SBI FXトレードは全体的に使い方の分かりやすい取引所です。

その傾向は口座開設方法にも表れています。

SBI FXトレードの口座開設は以下の3ステップ。

1.口座開設申し込みフォームの入力

2.本人確認書類の提出

3.審査

SBI FXトレードの本人確認に必要な書類は「マイナンバー通知書類」と「身分証」の2種類。

マイナンバー通知カードと運転免許証、保険証があれば十分です。

また、提出もすべてオンラインで完結できます。

スムーズに手続きが進めば最短翌営業日からトレードが始められます。

ただ、中にはマイナンバー通知カードを紛失してしまったという人もいるかもしれません。

そういった人は市役所・区役所でマイナンバー記載の住民票を取得しましょう。

それが取得できればマイナンバーカードも発行できます。

あとはあらためてSBI FXトレードへ口座開設を申し込めば大丈夫です。

SBI FXトレードの使い方【プラットフォームの準備】

SBI FXトレードには以下のように取引プラットフォームが複数用意されています。

・WEBトレーダー

・リッチクライアント

・旧スマートフォンアプリ

・新スマートフォンアプリ

この中から好きなものを選んでトレードを始められます。

おすすめの組み合わせはリッチクライアント+スマホアプリです。

リッチクライアントはPCへインストールして利用する非常に高機能な取引プラットフォーム。

あわせて、スマホアプリを入れておけば出先でもSBI FXトレードが使えるようになります。

なお、プラットフォームによって使い方に若干の違いはありますが、基本は同じです。

もちろん、複数同時並行で使うことも可能です。 色々と試してみて自分の使い方にあったものを選ぶと良いでしょう。

SBI FXトレードの使い方【入金方法】

SBI FXトレードに口座開設できれば次は入金です。

SBI FXトレードで利用できる入金方法は「通常入金」と「クイック入金」の2種類。 通常入金はSBI FXトレードの指定する銀行口座への振込入金です。

手数料は自己負担、入金の反映にも1~3時間ほどかかってしまいます。

クイック入金はSBI FXトレードの提携する金融機関のインターネットバンキングを利用した入金方法。

手数料無料で入金も即時反映します。

使い方も難しくはありません。

取引プラットフォームから「クイック入金」を選んで手続きするだけです。

手数料、入金反映時間のいずれから見ても通常入金を利用するメリットはありません。

基本的にSBI FXトレードではクイック入金を利用するようにしましょう。

SBI FXトレードの使い方【注文方法】

SBI FXトレードの使い方で唯一戸惑う部分があるとすれば注文方法でしょう。

SBI FXトレードで利用できる注文方法は以下のとおり。

・成行・・・市場の成行きに任せて発注する注文方法

・指値/逆指値・・・売買希望価格を指定する注文方法

・IFD・・・決済の指値または逆指値をあわせて予約できる注文方法

・OCO・・・指値、逆指値を同時に発注、片方が約定すると他方がキャンセルされる注文方法

・IFDOCO・・・決済の指値と逆指値を同時に予約できる注文方法

OCOは少しばかり使い方が難しい注文方法です。

しかし、それ以外の注文方法は極めて使い勝手の良いものです。

SBI FXトレードがはじめてのFXという人も積極的に使っていくことをおすすめします。

なお、ここでは各注文方法の詳細な解説は省略します。

利用する取引プラットフォームによって使い方に若干の違いがあるからです。

具体的な注文方法についてはぜひとも実際のSBI FXトレードの口座で練習してみてください。

SBI FXトレードの使い方【出金方法】

SBI FXトレードで出した利益は出金しなければ意味がありません。

SBI FXトレードで利用できる出金方法は事前に登録した銀行への送金一択です。

Eウォレットへの送金など、仮想通貨取引所のような使い方はできません。

なお、SBI FXトレードから銀行への出金は手数料無料です。

仮想通貨取引所のように手数料がとられたりはしないのでその点の心配は不要です。

ただし、出金は即時には反映されません。

銀行口座への出金の反映は最短でも翌営業日、最長で4営業日後になります。

SBI FXトレードからの出金はある程度の時間がかかるものと考えておきましょう。

SBI FXトレードの使い方は事前練習不要

デモ口座などでSBI FXトレードの使い方を事前に練習しておきたいという人も少なくないでしょう。

ただ、残念ながらSBI FXトレードにデモ口座はありません。

しかし、そもそもデモ口座でSBI FXトレードの使い方を練習する必要はありません。

SBI FXトレードは最低売買単位が1通貨からだからです。

したがって、数百円といった少額の資金でもトレードが始められるのです。

少額の資金であればいくら失敗しても損失は微々たるもの。

デモ口座でなくともほとんどノーリスクで存分に使い方を練習できるというわけです。

SBI FXトレードの使い方の注意点

SBI FXトレードはオンラインで手軽にトレードできることが大きな特徴です。

スマホを使えばいつでもどこでもトレード可能です。

ただ、出先で利用するときはネットワーク環境には注意しましょう。

たとえば、無料の公衆無線LANを使うのはおすすめできません。

公衆無線LANでは、なんらかの方法でログイン情報を抜き取られる可能性もあるからです。

しかも、SBI FXトレードに二段階認証設定はありません。

スマホ中心の使い方をするつもりの人はセキュリティ対策は万全にしておきましょう。

SBI FXトレードの使い方を分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードの使い方を全体的に分かりやすく解説してきました。

登録方法はわずか3ステップ。

最短翌営業日からトレードが始められます。

入金方法は通常入金もありますが、クイック入金を強くおすすめします。

出金は登録金融機関への出金一択。

手数料はかかりませんが口座への反映にはある程度の時間を要します。

注文方法についてはやや慣れが必要かもしれません。

ただ、SBI FXトレードは少額の入金でも実際のトレードが可能です。

そのため少額の資金で存分に使い方の練習ができます。

SBI FXトレードにデモ口座はありませんが、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。