ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードのMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所。

そして、MT4はMetaQuate者が開発したFX専用の取引プラットフォームです。

そんなMT4をSBI FXトレードで利用できないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、SBI FXトレードでMT4は使えるのでしょうか。

また、使い方は難しくないのでしょうか。 そこで今回はSBI FXトレードのMT4の使い方を分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードのMT4の使い方を分かりやすく解説

SBI FXトレードはMT4を使えない

残念ながらSBI FXトレードではMT4を使えません。

MT4はMetaQuates社が開発したFX用の取引プラットフォーム。

しかし、SBI FXトレードは自社開発のプラットフォーム以外の利用を規約で禁止しています。

また、そもそもSBI FXトレードのログイン情報でMT4を使おうとしても物理的に不可能です。

とはいえ、SBI FXトレード純正の取引プラットフォームとMT4でできることにそれほど大きな違いはありません。

そこでここからはMT4とSBI FXトレード純正取引プラットフォームの使い方の共通点と違いについて解説していきます。

SBI FXトレードとMT4の使い方の共通点

SBI FXトレードとMT4の使い方の基本は同じです。

基本は成行と指値の注文方法を駆使して通貨ペアを売買していくだけです。

チャートの使い方もそれほどの違いはありません。

ただ、SBI FXトレードとMT4では注文方法の名称が違います。

MT4で利用できる注文方法は以下のとおり。

・成行

・指値

そして、指値のカテゴリー内に以下のような注文種別があります。

・Buy/Sell Limit・・・指値

・Buy/Sell Stop・・・逆指値

また、MT4ではデフォルトで決済指値と決済逆指値を新規注文にあわせて予約しておけます。

一方で、SBI FXトレードで利用できる注文方法は以下のようになっています。

・成行

・指値/逆指値

・OCO・・・指値と逆指値の双方を発注して片方が約定すると他方はキャンセルされる注文方法

・IFD・・・決済の指値/逆指値のいずれかの注文を予約できる注文方法

・IFDOCO・・・決済の指値/逆指値の双方を予約できる注文方法

成行と指値/逆指値についてはMT4と同じ。

IFDとIFDOCOも機能的にはMT4のデフォルトの注文方法と同じです。

このようにSBI FXトレードとMT4は注文のやり方や名称が若干違うだけで、基本的には同じような使い方が可能なのです。

どちらが使いやすいかはほとんど慣れで決まると言って良いでしょう。

ただ、MT4は海外で開発された取引プラットフォーム。

それゆえ、日本語化されているとはいえ全体的に使い方が分かりにくい部分が少なくありません。

たとえば、MT4の時間表記は日本時間ではありません。

取引サーバーの設置されている国の時間(サーバー時間)で表記されます。

カスタムで日本時間へ変更することも可能ですが、これが中々に手間です。

総じて、分かりやすさという点で言えばSBI FXトレードに軍配が上がるでしょう。

SBI FXトレードとMT4の使い方の違い【決済方法】

SBI FXトレードとMT4の使い方の大きな相違点は決済方法です。

MT4の場合、ポジションを保有した状態で反対注文をおこなっても決済とはみなされません。

売りと買いの双方のポジションが建つ(=両建てになる)だけです。

決済をするには新規注文ではなく別に決済注文をリクエストしなければなりません。

対して、SBI FXトレードの場合、反対注文を決済とみなすかどうかは個別に設定可能です。

SBI FXトレードではデフォルトでは反対注文は決済とみなされます。

しかし、オプションの「両建」にチェックを入れるとMT4と同じような注文方法にすることが可能です。

より柔軟な使い方ができるという点ではMT4に勝っていると言えるでしょう。

SBI FXトレードとMT4の使い方の違い【プラットフォームの選択肢】

SBI FXトレードとMT4ではそもそも取引プラットフォームの選択肢や使い方にも大きな違いがあります。

MT4はパソコンまたはスマホへインストールして使うプラットフォーム。

WEBトレーダーも存在しますが、利用できるかどうかはFX取引所によります。

対して、SBI FXトレードで利用できる取引プラットフォームには以下のような選択肢があります。

・WEBトレーダー

・リッチクライアント

・旧スマートフォンアプリ

・新スマートフォンアプリ

WEBトレーダーは手軽に利用できるプラットフォーム。

新旧スマートフォンアプリもそれなりに高機能です。

そして、リッチクライアントはパソコンへダウンロードして利用するプラットフォーム。

MT4に負けず非常に高機能なプラットフォームです。

実際にプラットフォームを見てみましょう。

まずはSBI FXトレードのリッチクライアントです。

次にMT4を見てみましょう。

どちらもチャート4画面表示可能、プライスボード(気配値)のリアルタイム更新です。

経済ニュースの確認ができることも同様です。

外観こそ違いますが、同じような使い方ができることが分かるのではないでしょうか。

SBI FXトレードでMT4を使えないことのデメリット

SBI FXトレードでMT4が使えないことの唯一の大きなデメリットは拡張性に欠けることです。

SBI FXトレードの取引プラットフォームは純正ツールのみ。

自由なカスタムは不可能です。

利用できるインジケーターも限られています。

必要最低限以上のインジケーターはありますが、特殊なインジケーターは利用できません。

他方、MT4はその高い拡張性が大きな特徴。

インジケーターの追加や作成、果ては自動売買プログラムも実装可能です。

ただ、MT4のカスタムインジケーターや自動売買プログラムの使い方はお世辞にも簡単とは言えません。

相当FXに慣れており、かつMQLというプログラム言語の扱いになれている人でなければ使いこなすのは難しいでしょう。

むしろ、FX初心者の人にとってはあらかじめ不要な機能が制限されて使い方も分かりやすいSBI FXトレードのプラットフォームのほうがおすすめです。

SBI FXトレードのMT4の使い方を分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードではMT4は使えません。

とはいえ、SBI FXトレードの取引プラットフォームとMT4の使い方の基本はそれほど違いません。

注文方法の名称ややり方は異なれど、やれることは基本的に同じです。

ただし、SBI FXトレードのプラットフォームは拡張性がないため、自動売買は不可能です。

もっとも、自動売買ツールは投資に相当慣れた人でなければそもそも利用するのも難しいものです。

基本的にSBI FXトレードでMT4が使えないことで困ることはないでしょう。