ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの自動売買(EA)を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所です。

そんなSBI FXトレードへ興味があるものの日々忙しくなかなかトレードの時間がとれそうもないという人もいるのではないでしょうか。

そして、それゆえに自動売買(EA)ソフトの導入を検討しているという人も少なかずいることでしょう。

しかし、そもそもSBI FXトレードで自動売買(EA)は利用できるのでしょうか。

また、導入にあたって面倒な準備などはあるのでしょうか。

そこで今回はSBI FXトレードの自動売買(EA)について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの自動売買(EA)を分かりやすく解説

SBI FXトレードで自動売買(EA)はできない

SBI FXトレードで自動売買(EA)はできません。

そもそも自動売買(EA)とはExpert Advisorと呼ばれる専用のソフトを使ったシステムトレードの一種です。

そのため自動売買(EA)をするためにはソフトに対応した取引プラットフォームの利用が必須です。

しかし、SBI FXトレードでは独自開発の純正プラットフォームしか使えません。

したがって、物理的に自動売買(EA)はできないのです。

また、そもそもSBI FXトレードは利用規約で自社開発以外の取引プラットフォームの使用を禁止しています。

このように、システムとルールのいずれの観点からもSBI FXトレードで自動売買(EA)は利用不可能です。

なお、SBI FXトレードだから禁止というわけではありません。

大半のFX取引所も同様に自動売買(EA)はできません。

基本的に大手の取引所は自動売買(EA)不可と考えておきましょう。

SBI FXトレードは自動売買(EA)はできないけれど積立は可能

SBI FXトレードでは自動売買(EA)はできません。

しかし、あたかも自動売買(EA)ソフトを使っているかのようなトレードは可能です。

SBI FXトレードの積立FXを利用すれば良いのです。

積立FXは4つの方針を決めて申し込むだけ。

あとは方針にしたがってSBI FXトレードが自動で売買してくれます。

自動売買(EA)のように細かい条件設定はできませんが、自分の手をわずらわせることなく継続的にトレードできることは同じです。

また、日々の為替変動に一喜一憂することなく機械的にトレードできる点も自動売買(EA)と同様です。

そういった意味でも自動売買(EA)ソフトの代わりとして十分に機能するでしょう。

SBI FXトレード以外で自動売買(EA)をする方法

SBI FXトレードでは自動売買(EA)はできません。

しかし、SBI FXトレード以外の取引所を使ってでも自動売買(EA)がしたいという人もいることでしょう。

そこでここでは他社で自動売買(EA)をする際のやり方や必要となるものを紹介しておきます。

自動売買(EA)で必要なものは以下のとおりです。

・MT4またはMT5

・VPS

・MQLの知識

VPSへMT4(MT5)をインストールしてMQLで組んだプログラムを走らせれば良いのです。 ひとつずつ見ていきましょう。

まず、自動売買(EA)を稼働させるためにはMT4またはMT5と呼ばれる取引プラットフォームが必須です。 ただこれは誰でも無料で入手できます。

この点は問題ないでしょう。

一方でVPSには一定の費用がかかります。

VPSとはVirtuarl Private Serverの略称。

簡単に言うと外部に高機能なPCをレンタルするサービスです。

費用は月額制で数千円ほどかかります。

無料でいつまでも使い続けられるSBI FXトレードとは大違いです。

そして、自動売買(EA)をするにはこのVPSを自宅のPCから遠隔操作してMT4、MT5をインストールしてしなければなりません。

また、自動売買(EA)はMQLと呼ばれる機械言語でプログラムしていきます。

そのため、ある程度のMQLに関する知識が必要になってきます。

このように、SBI FXトレード以外で自動売買(EA)をするにしても、決して低くはないハードルがいくつもあるのです。

正直なところ、よほどFXに慣れた人でなければいきなり自動売買(EA)へ手を出すのはおすすめではありません。

多忙により日々のトレードが難しいという人にはSBI FXトレードの積立FXのほうがおすすめです。

ちなみに、自動売買(EA)はVPSを借りずに自宅PCで稼働させることもできなくはありません。

ただ、自動売買(EA)は基本的に24時間365日稼働するものです。

それゆえ、ブラウザで動くSBI FXトレードとは異なり「電気料金がかさむ、停電時に備えた機器の準備が必要、定期的なメンテナンスも必須」といったデメリットがあります。

加えて言えば高速な通信回線の確保も重要です。

対して、SBI FXトレードの積立FXにはそのような手間もコストも不要です。

そういった点からも、あえて自動売買(EA)ソフトを使う意味は薄いと言えるのです。

もちろん、自動売買(EA)のほうが細かな設定ができることは事実です。

しかし、そちらに手を出すのは十分にFXに精通してからでも遅くはないでしょう。

SBI FXトレード以外での自動売買(EA)は初心者には非推奨

高いハードルがあるとはいえ、SBI FXトレード以外の取引所を使えば初心者でも自動売買(EA)は可能です。

しかし、率直に言って初心者の人がいきなり自動売買(EA)ソフトを使うのはあまりおすすめしません。

そもそも自動売買(EA)は一定のロジックにしたがって売買を繰り返すシステムです。

ただ、FX初心者の人がそのロジックの有効性をどうして判断できるでしょうか。

有効性を理解するためにはどうしても自分自身での投資経験が必要になるはずです。

したがって、まずはSBI FXトレードで手動でのトレードをおすすめするのです。

もちろん、できれば積立FXではなく手動でのトレードがベストです。

ちなみに、SBI FXトレードはFX取引所では珍しく1通貨から取り引きが可能です。

(※ 一般的には10,000通貨が最低取引単位です)

やろうと思えば数百円や数千円の元手でトレードの練習ができます。

つまり、他社とは違いSBI FXトレードならばまずは少額のトレードで経験が積めるわけです。

自動売買(EA)をするつもりがないとしても、初心者であればこそSBI FXトレードはおすすめです。

SBI FXトレードの自動売買(EA)を分かりやすく解説 まとめ

SBI FXトレードでは自動売買(EA)はできません。

しかし、SBI FXトレードにはあらかじめ設定した方針に基づいて自動で売買してくれる積立FXがあります。

多忙で日々のトレードができないという人は自動売買(EA)の代わりにそちらを使ってみてはいかがでしょうか。

また、そもそも自動売買(EA)にはVPSのレンタルやMQLの知識が必要といった手間やコストがかかります。

よほどのこだわりがあるのでなければ、あえてSBI FXトレード以外で自動売買(EA)をするメリットは少ないと言って良いでしょう。