ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの逆指値を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードで逆指値ってできるの?

逆指値注文してみたいけれど、どんな時に使えばいいのかよく分からない。

このように悩んでいて、逆指値注文を利用したことがない人がいるのではないでしょうか。

SBI FXトレードだけでなく、FX取引をするのであれば逆指値は覚えておきたい注文方法です。

そこで今回はSBI FXトレードの逆指値を分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの逆指値を分かりやすく解説

SBI FXトレードの逆指値とは

SBI FXトレードの逆指値は主に「損切」のために仕込んでおく注文方法です。

買い(ロング)であれば、取得価格よりも安い価格での売り決済注文。

売り(ショート)であれば、取得価格よりも高い価格での買い決済注文です。 SBI FXトレードで逆指値を仕込むメリットは以下のとおり。

・損失を最小限に抑えられる

・感情に左右されず決めた価格で損切できる

・トレードに張り付く必要がない

保有しているポジションの売買のタイミングは感情に左右されがちです。

まだまだ上がると思って売りどきを逃してしまう。

下落し続けていて怖くて決済注文を入れられない。

もうすぐ反発するはずと根拠のない希望をもってしまい、ずるずると損失が膨らみ続けてしまう。

こんな経験はありませんか?

あるいはポジションを保有中は眠くても板から離れられなかったり、仕事中でタイミングを逃してしまったりもありえるでしょう。

損失が膨らんでいるときに決済注文を入れられないと、さらに傷口を広げてしまいかねません。

SBI FXトレードでFXするのであれば、少なくとも損切のための逆指値は必ず入れておきましょう。

SBI FXトレードの逆指値は以下の注文方法で利用できます。

・通常注文

・条件付き注文(IFD、OCO、IFD-OCO)

ちなみに成行、指値どちらでも逆指値注文できますし、売り(ショート)・買い(ロング)どちらでも逆指値をだせます。

では次章でSBI FXトレードでの逆指値のやり方を詳しくみていきましょう。

SBI FXトレードの逆指値 IFD注文

SBI FXトレードの逆指値でまずはじめに使っていただきたい注文方法は「IFD注文」です。

IFD注文とは、新規注文を出すのと同時に損切価格の決済注文をあらかじめしておく逆指値のやり方です。

まずは、SBI FXトレードの「新規注文」で「IFD」をクリックしてください。

すると新規の表示エリアに「売:指値・逆指値」と「買:指値・逆指値」が表示されます。 ここでロング(買い)の新規注文を入れるとしましょう。

「買・指値」のバナーを押して数量と注文価格を入れて下さい。 続いてページ下部にある決済注文エリアに移りましょう。

こちらでは「指値」と「逆指値」の2つのバナーが表示されているはずです。

ここで逆指値を押して「注文価格」に現在よりも不利な価格を入れてください。

あとは注文の有効期限などを入れて注文を確定させましょう。

SBI FXトレードで逆指値を初めてするのであれば、まずはこのIFD注文から始めてみてはいかがでしょうか。

SBI FXトレードの逆指値 IFD-OCO注文

SBI FXトレードの逆指値では「IFD-OCO注文」もおすすめです。

IFD-OCO注文では、新規注文を出すのと同時に「損切価格」と「利確価格」両方とも出すやり方です。

IFD注文では損切価格のみ仕込んでおく方法でしたが、IFD-OCO注文では利確まで予約しておけます。

チャートに張り付かなくても自動で決済注文がなされます。 時間が取れない人、ある程度損切や利確ラインを決めている人であれば、積極的に利用したい注文方法でしょう。

SBI FXトレードの「新規注文」で「IFDOCO」タブをクリックし、まずは新規注文を入力します。

ここでは「売の指値」または「買の指値」選び、数量や注文価格を入れましょう。

続いて決済注文エリアでは「指値注文価格」と「逆指値注文価格」それぞれに利確および損切価格を入れて下さい。

一見複雑に見えますが、いたって簡単です。 あとは有効期限を設定し、注文を確定させましょう。

SBI FXトレードの逆指値 通常注文

SBI FXトレードの通常注文で逆指値を入れるやり方はあまりポピュラーではありません。

通常注文=新規注文時の逆指値は、損切目的ではないからです。

ボックス相場から抜けて上昇トレンドや下落トレンドが始まるタイミングを掴む場合に使用します。 例えば米ドル/円が現在 130円としましょう。

128円から132円のボックス相場が続いているけれど、133円をつけたら一気に価格が動くのでは?と想定したとします。

そのとき「133円の新規買い」の注文が逆指値です。

SBI FXトレードの新規注文の逆指値タブで「新規 買」バナーを押して数量を入力するだけ。

新規注文での逆指値のやり方はとても簡単ですが、そもそも使い所が難しいかもしれません。

SBI FXトレードではあえてこの逆指値注文をしなくてもよいでしょう。

SBI FXトレードの逆指値 OCO注文

SBI FXトレードのOCO注文での逆指値を見ていきましょう。

このOCO注文では、利確と損切の2種類の注文を同時に出せます。

どちらかの注文が通れば、自動的にもう一つの注文がキャンセルされます。

「新規注文」から「OCO」タブをクリックしてください。

すると以下の注文パターンが表示されます。

・売指値と買指値

・売指値と売逆指値

・買逆指値と買指値

・買逆指値と売逆指値

パターンを選んで、それぞれ2種類の指値を入力しましょう。

SBI FXトレードのOCO注文もまた、新規注文での逆指値しかできず、決済注文にはありません。

通常注文の逆指値と同じく、無理にOCO注文を使う必要はないでしょう。

 SBI FXトレードの逆指値での注意点

SBI FXトレードの逆指値ではいくつかの注意すべき点がありました。

1つ目は逆指値に以下の制限があることです。

・現在価格の50%以内であること

・現在価格から3.0pips以上離れた価格であること

米ドル/円の通貨ペアであれば「1pips=1銭」です。

例えば、1ドル=130円のタイミングだと注文可能は逆指値は次のとおりです。

・130.03円〜195円

・65円〜129.7円

基本的には「3.0pips」分を離して逆指値をいれると覚えておけばよいでしょう。

次にマーケットの流動性が低くなるタイミングでは、SBI FXトレードの逆指値を注文できない可能性があるでしょう。

具体的にはクリスマス休暇や重要な経済指標の発表前など、取引量が低下する時期や時間帯です。

SBI FXトレードで逆指値注文できないだけでなく、スプレッドも原則固定が外れて広がってしまう恐れも高まるでしょう。

こうしたタイミングではSBI FXトレードではトレードしないほうが無難といえます。

SBI FXトレードの逆指値を分かりやすく解説まとめ

SBI FXトレードでは損切価格を仕込んでおく逆指値が利用できます。

IFD注文であれば新規注文と損切のための逆指値を一度に注文可能です。

またIFD-OCO注文であれば、新規注文と同時に損切の逆指値と利確の指値のすべてを注文できます。

FXトレード初心者であっても、SBI FXトレードのIFDまたはIFD-OCO注文を積極的に取り入れてみて下さい。