ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)の逆指値を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)の逆指値ってなに? ところでLINE FX(ラインFX)は逆指値注文できるの?もしできるのなら逆指値注文のやり方を知りたい。

LINE FX(ラインFX)で損切りするために逆指値を設定したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

LINE FX(ラインFX)は、通話アプリでおなじみのLINEが運営するスマホ投資サービスです。

ここではLINE FX(ラインFX)の逆指値について解説していきましょう。

LINE FX(ラインFX)の逆指値を分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文とは?

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文とは、その名の通り指値注文とは逆方向に注文する方法をさします。

指値注文で買い注文するときに、現在のレートが100円だったとしたら、100円以下の価格で注文をを出して「安く買う」方向に発注します。

一方同じレートで逆指値注文するときは、100円以上の価格で買い注文を行い、「高く買う」方向にしか発注することしかできません。

LINE FX(ラインFX)に限らず、指値注文と逆指値注文は、現在レートを境にどちらか一方方向にしか発注できないしくみになっています。

投資の基本は、指値注文のように「安く買う」「高く売る」ことで利益をめざしますが、逆指値注文の「高く買う」「安く売る」は損失方向に注文することになります。

ただ損失方向に注文するからと言って逆指値注文では損失をめざすわけではありません。

逆指値注文の大きな目的は主に損切りですが、中級者以上向けの方法として新規エントリーにも活用されています。

LINE FX(ラインFX)の逆指値で損切りできる注文方法は?

LINE FX(ラインFX)の逆指値の大きな目的は損切りだと言いましたが、すべての注文方法で損切りできるわけではありません。

損切りとは、トレードの損失を確定させるために決済することをさします。

逆指値が活躍するシーンは、LINE FX(ラインFX)のチャートの前にいられないときに逆指値で損切りをしこんでおくことで、設定した価格で自動的にポジションを決済できることです。

もし逆指値をしこんでいなかった場合に、不利な方向にレートが大きく動いてしまうと、莫大な損失の恐れがありますが、逆指値によって損失を最小限に抑えることができます。

LINE FX(ラインFX)で逆指値注文できるのは、ストリーミング注文・成行注文以外すべてですが、損切りに対応している注文方法は、IFD注文とIFD-OCO注文だけですのでご注意ください。

これらを踏まえ、LINE FX(ラインFX)の逆指値注文のやり方をみていきましょう。

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文のやり方 新規エントリー

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文のやり方をみていきましょう。

メニューの「注文」から注文画面を開き、通貨ペアの選択します。

注文画面の注文タイプから「指値/逆指値」を選択し、注文数量を記入しましょう。

「新規注文」項目で「売」「買」のどちらかを選択して、注文タイプから「逆指値」を選択します。

指値価格には、LINE FX(ラインFX)の現在レートよりも不利な価格で約定価格を記入して「確認する」に進みます。

逆指値注文の発注内容が表示されるので確認して、問題がなければ「注文する」で逆指値注文を完了しましょう。

ただしこの方法は損切りするのではなく、LINE FX(ラインFX)の新規エントリーを逆指値注文で行い、ポジションを建てるために活用します。

たとえば、現在のLINE FX(ラインFX)のレート100円で、110円まで上昇すれば、高い確率で120円まで価格上昇が見込めるという相場で、先を見越して110円で買いの逆指値注文を発注したいときに活用されます。

指値注文の買い注文では、現在レートの100円よりも高い価格で注文できないので、逆指値注文を活用するという要領でしょう。

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文のやり方 IFD注文

まずはLINE FX(ラインFX)のIFD注文で逆指値注文するやり方の概要をみていきます。

IFD注文は、新規注文と同時に決済注文も予約しておける注文方法です。

そして、新規注文と決済注文のいずれにも逆指値が設定できますが、新規注文の考え方とやり方については前項の新規エントリーする方法と同じです。

決済注文の項目に、指値を設定しておけば利益確定の価格を予約でき、逆指値を設定することで損切り価格をしこむことができます。

IFD注文における逆指値注文の使い方はユーザー次第です。

ここでは新規注文を成行注文で行い、それに対する決済注文として逆指値で損切りするやり方をみていきましょう。

まずLINE FX(ラインFX)の注文タイプから「IFD」を選択して、注文数量を記入します。

新規注文(1次)の項目に進み、「売」「買」のどちらかを選択して、注文タイプから「成行」を選択します。

決済注文(2次)の項目に進み、1次で選択した「売」「買」の反対が選択されていることを確認し、注文タイプは「逆指値」を選択、約定価格には損切り価格を記入して、発注を完了させてください。

損切り価格は、新規注文(1次)の成行注文の約定価格を想定して、そこからどのくらい離した価格で設定するのかを考えることが大切でしょう。

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文のやり方 OCO注文

LINE FX(ラインFX)のOCO注文では、逆指値注文と同時に指値注文を発注する新規注文で、片方が約定した場合に、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

新規エントリー限定の注文方法ですので、損切りの逆指値はできません。

LINE FX(ラインFX)の逆指値注文のやり方 IFD-OCO注文

LINE FX(ラインFX)のIFD-OCO注文における逆指値注文のやり方の概要をみていきましょう。

 IFD-OCO注文とは、IFD注文の新規注文と決済注文を同時発注でき、決済注文をOCO注文として発注する注文方法です。

ようするに決済注文で指値と逆指値を同時にしこむことができるため、LINE FX(ラインFX)の利確と損切りを同時に設定できます。

IFD-OCO注文における逆指値注文のやり方は、LINE FX(ラインFX)の注文タイプから「IFD-OCO」を選択して、注文数量を記入します。

新規注文(1次)の項目に進み、「売」「買」のどちらかを選択して、注文タイプから「成行」「成行」「逆指値」のどれかを選択します。

決済注文(2次)の項目に進み、注文数量を記入して、1次で選択した「売」「買」の反対が選択されていることを確認し、指値に利確の価格、逆指値に損切りの価格を記入して、発注を完了させてください。

LINE FX(ラインFX)の逆指値を分かりやすく解説まとめ

LINE FX(ラインFX)の逆指値を覚えることで、さまざまなシーンの相場に対応できるようになり、利益をめざしながら損失を抑えることができます。

頻繁に活用される逆指値注文は、損切りのための決済注文で、IFD注文とIFD-OCO注文で設定できます。

逆指値注文は新規注文もできますが、決済注文との役割は異なるため、まずはきちんとやり方を理解することおすすめします。