ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)は大手SNSサービスであるLINEが手掛けるFX取引所。

そんなLINE FX(ラインFX)で取り引きを始めるためには本人確認が必須です。

しかし、LINE FX(ラインFX)の本人確認にはどのような方法があるのでしょうか。

また、必要な書類やかかる時間はどうなっているのでしょうか。

そこで今回はLINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間について分かりやすく解説していきます。

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間を分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間【郵送】

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法には以下の2種類があります。

・郵送

・かんたん本人確認

郵送はそのまま書類を郵便でLINE FX(ラインFX)へ送る本人確認方法です。

封筒の準備や投函などの手間もかかるため、あまりおすすめの方法ではありません。

また、本人確認の結果は簡易書留で送られてくるため、口座開設は最短でも翌々営業日と時間もかなりかかってしまいます。

LINE FX(ラインFX)では基本的には「かんたん本人確認」を利用することをおすすめします。

ただし、かんたん本人確認には運転免許証が必須です。

時間はかかってしまいますが、運転免許証を持っていない人は郵送で本人確認しましょう。

しかし、首都圏在住の人は運転免許証を持っていない人も少なくないかと思います。

この点を考えるとLINE FX(ラインFX)にはぜひとも健康保険証もかんたん本人確認に利用できるようにしてほしいものです。

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間【かんたん本人確認】

LINE FX(ラインFX)のかんたん本人確認は、すべての手続きがスマホだけで完結する方法です。

時間もそれほどかからず、最短即日で口座開設できます。

本人確認に利用できる書類の組み合わせは以下の通り。

1.顔写真付きの個人番号カード

2.マイナンバー通知カード+運転免許証

3.マイナンバー記載の住民票の写し+運転免許証

個人番号カードの普及率を考えると「2.マイナンバー通知カード+運転免許証」がもっとも一般的な本人確認の方法となるでしょう。

LINE FX(ラインFX)のかんたん本人確認ではこれらの書類のコピーを用意する必要はありません。

スマホで書類を撮影して提出すればよいだけです。

(アルバムから選択も可能)

なお、かんたん本人確認で口座開設が完了するまでの時間はあくまで「最短」即日です。

即日でLINE FX(ラインFX)の口座が開設できるのは、すでにLINE証券の口座を開設している人にかぎります。

それ以外の人がかんたん本人確認を利用した場合の標準審査時間は2営業日程度です。

もっとも、ほとんどの場合は翌営業日には審査は終わります。

基本的にはかんたん本人確認ならば、翌日には取り引きが始められると考えておいて差し支えないでしょう。

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間の注意点

LINE FX(ラインFX)の本人確認では撮影環境と時間に注意しておきましょう。

LINE FX(ラインFX)のかんたん本人確認での書類の提出方法はスマホでの撮影です。

そのため、書類が鮮明に映る環境で撮影しないと受け付けてもらえません。

文字が読めなかったり顔写真が不鮮明だったりすると確実にNGです。

たとえば、西日のあたる夕方の時間帯などは文字が反射して読めなくなる可能性が高いでしょう。

また、照明の直下での撮影も本人確認書類に光が映り込みやすいためNGになりがちです。

おすすめの本人確認書類の撮影方法はカーテンを開けた室内で書類を壁に立て掛けての自然光による撮影です。

あるいは、離れた位置からスマホのズームを活用した撮影もおすすめです。

なお、LINE FX(ラインFX)のかんたん本人確認で撮影するのは書類だけではありません。

「本人」確認であるため、書類に写った人が本人であることを証明するために自分自身もまた撮影する必要があります。

いざ本人確認を始めたものの、その段階で寝癖だらけであったりノーメイクだったりしてやり直ししたくなる人も多いはずです。

部屋が整理されていないため移動したいと思う人も少なくないでしょう。

LINE FX(ラインFX)のかんたん本人確認を始める前には身だしなみと撮影環境を整えておきましょう。

ちなみに、どうしてもちょうどよい撮影場所がないという人は照明の具合も含めてインターネットカフェの個室がおすすめです。

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間【マイナンバーが分からない場合】

マイナンバー通知カードも個人番号カードも手元にない。 そういった人でもLINE FX(ラインFX)の本人確認は可能です。

ただ、その際の方法は郵送に限定されます。

必要な書類は以下のとおり。

・マイナンバー記載の住民票の写し+運転免許証or健康保険証

マイナンバー記載の住民票の写しは、最寄りの市役所・区役所で「マイナンバーの記載を希望して」申請すれば取得できます。

その際には窓口で以下のような本人確認書類を提示する必要があります。

・運転免許証、パスポート、住基カード、在留カード、特別永住者カード、保険証、年金手帳など

首都圏在住の人は運転免許証を持っていない人も珍しくないでしょうが、基本的には保険証を持っていけば問題ありません。

あとはこれらの書類の写しをLINE FX(ラインFX)へ郵送で提出すればOKです。

かかる時間は市役所・区役所での手続きも含めて3営業日ほどかと思います。

LINE FX(ラインFX)にかぎらず金融機関や証券会社での本人確認はマイナンバー関係の書類を使った方法がいまや主流です。

マイナンバー通知カードを紛失しても上記の方法で番号を確認できます。

そして番号が分かれば個人番号カードは発行可能です。

今後、LINE FX(ラインFX)以外の取引所を使いたいと思うこともあるかもしれません。

マイナンバーなしの方法で本人確認の手続きをした人は、あわせて個人番号カードの発行もしておくことをおすすめします。

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法と時間を分かりやすく解説 まとめ

LINE FX(ラインFX)の本人確認の方法は「郵送」とスマホを使った「かんたん本人確認」の2種類。

かんたん本人確認は最短即日で口座が開設できる一方で、郵送は2~3営業日ほどの時間がかかります。

基本的にはかんたん本人確認を利用しましょう。

ただし、マイナンバー関連の本人確認書類がない人は郵送による方法しか使えません。

また、その際には市役所・区役所でマイナンバー記載の住民票の写しを取得する必要があります。

そのような人は今後、LINE FX(ラインFX)以外の取引所を使う可能性も考えてあわせて個人番号カードも発行しておきましょう。