ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

GMOクリック証券(FXネオ)のゼロカットを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200918210140j:plain

GMOクリック証券(FXネオ)は最大25倍のレバレッジが使えることが特徴の取引所です。

ただ、レバレッジ取引はリターンと同時にリスクも大きくなりがちです。

そんなリスクをおさえられるゼロカットというシステムを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、GMOクリック証券(FXネオ)にゼロカットはあるのでしょうか。

また、ないとしたらどのようなリスクがあるのでしょうか。

そこで今回はGMOクリック証券(FXネオ)のゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

GMOクリック証券(FXネオ)のゼロカットを分かりやすく解説

GMOクリック証券(FXネオ)にゼロカットはない

GMOクリック証券(FXネオ)にゼロカットはありません。

ゼロカットとは、万が一にも口座残高以上の損失を出してしまった場合に取引所がマイナス分の損失をゼロにしてくれるシステムです。

これにより、どのような相場急変が訪れてもトレーダーの損失は口座残高までにおさえられるのです。

ただ、冒頭に示したようにGMOクリック証券(FXネオ)にゼロカットのシステムはありません。

口座残高でまかなえない損失は追証(追加証拠金)として自身で補てんする必要があります。

GMOクリック証券(FXネオ)が今後ゼロカットを導入する可能性は?

GMOクリック証券(FXネオ)が今後ゼロカットを導入する可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

これはGMOクリック証券(FXネオ)のようなFX取引所が金融庁の厳しい規制のもとで運営しているからです。

そして金融商品取引法には、FX業者が顧客の損失補てんをしてはならないという決まりがあります。

口座残高のマイナス分を無しにするゼロカットはまさにこの損失補てんにあたります。

よって、GMOクリック証券(FXネオ)が今後ゼロカットを導入する可能性は極めて低いと言えるのです。

ちなみに、金融商品取引法で損失補てんが禁止されるにいたった理由は、過去に証券会社による大口顧客の損失補てんの事例があったからです。

ゼロカットはトレーダーとしてはメリットしかないシステムです。

こういった、自分とは関係のない経緯でその恩恵に預かれないというのは少し残念ですね。

GMOクリック証券(FXネオ)のゼロカットとロスカットの違い

GMOクリック証券(FXネオ)にはゼロカットとよく似た名称のシステムとしてロスカットがあります。

ゼロカットとロスカットはトレーダーを保護するシステムとしては同じです。

しかし、その機能はまったく異なります。 ここでその違いをおさえておきましょう。 ゼロカットは、万が一にも口座残高以上の損失が出た場合にマイナス分をゼロにリセットしてくれるシステム。

対して、ロスカットはポジションの含み損が一定値になるとGMOクリック証券(FXネオ)側で強制的に決済してしまうシステムです。

これはトレーダーの意思とは無関係に強制的にポジションを決済することでそれ以上の損失拡大を防ぐことが目的です。

つまり、ゼロカットは「確定した損失」の一部を無しするシステム、ロスカットは「損失を確定させて」損失拡大を防ぐシステムという違いがあるのです。

GMOクリック証券(FXネオ)はゼロカットがないから危険?

ゼロカットのないGMOクリック証券(FXネオ)は危険なのではとお考えの人もいるかもしれません。

しかし、冷静に考えるとそれほど危険ではないことが分かります。

先に触れたようにGMOクリック証券(FXネオ)にはロスカットがあるからです。

これにより、そもそもゼロカットが必要になる事態に陥ることがほとんどないのです。

GMOクリック証券(FXネオ)でロスカットが発生する条件は以下の2つ。

・証拠金維持率100%以下の状態のまま追証の解消がない場合

・証拠金維持率50%以下

証拠金維持率100%以下~50%の場合は追証を入金することでロスカットを回避できますが、50%以下になると時間の猶予なく即時ロスカットです。

その結果としてマイナス残高になったとしても、GMOクリック証券(FXネオ)ではゼロカットされないのはここまで見てきたとおりです。

しかし、証拠金維持率の考え方を詳しく見てみるとそもそもゼロカットされるような事態になる可能性が低いことが分かります。

証拠金維持率とはポジションを保有するのに最低限必要な証拠金(=必要証拠金)に対する、口座残高と含み損益の合計値(=有効証拠金)の割合。

「証拠金維持率=必要証拠金÷有効証拠金×100」の計算式で求められます。

25倍のレバレッジが使えるGMOクリック証券(FXネオ)では必要証拠金はポジション価額の1/25です。

仮に100万円分のポジションを持つとしても必要な証拠金は4万円程度。 口座残高が4万円あれば証拠金維持率100%です。

そこで証拠金維持率が50%に低下してロスカットされたとしましょう。

その際に確定する損失額は2万円。 当初口座残高の4万円から確定損失2万円を引いてもまだ2万円が口座に残ります。

このように、GMOクリック証券(FXネオ)ではそもそも原則的にゼロカットが必要になる事態にはならないのです。

GMOクリック証券(FXネオ)にゼロカットがないことのリスク

ゼロカットがないとはいえ、GMOクリック証券(FXネオ)では原則的にロスカットで損失を一体範囲内におさえられます。

ただし、原則には例外があります。

マーケットが急変した場合などはロスカットが間に合わず、例外的に証拠金維持率50%以下の水準でポジションが決済されてしまうことがあります。

その際に証拠金維持率がマイナスになる水準でロスカットされるとマイナス損失も生じてしまいます。

そしてゼロカットのないGMOクリック証券(FXネオ)ではそのマイナス残高は自己負担です。

こういった事態を回避するためには以下のようなタイミングでのトレードを控えることが大切です。

・重要な経済指標の発表時

・連休明けの取引開始の時間帯

これはGMOクリック証券(FXネオ)にかぎらず、どの取引所を使おうと同様です。

逆に言えば、上記のタイミングさえ注意しておけば、どれだけミスしようと口座残高でまかなえない損失が出ることはほぼありません。

よほどのことがないかぎりは、ゼロカットがないからといって追証で借金を作るような事態になる心配は不要です。

GMOクリック証券(FXネオ)のゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

GMOクリック証券(FXネオ)にゼロカットはありません。

ゼロカットは仮に口座残高がマイナスになったとしても、マイナス分を無しにしてくれるシステム。

ゼロカットがあれば追証で借金を作るようなことにはなりません。

ただ、GMOクリック証券(FXネオ)には損失を一定範囲内におさえるロスカットというシステムがあります。

そのため普通にトレードしているかぎりは、そもそもゼロカットが必要になる事態になることはほとんどありません。

ただし、相場急変時などはロスカットが遅れる場合もあるので、その点だけは注意しておきましょう。