ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

GMOクリック証券(FXネオ)の自動売買(EA)を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200918210140j:plain

GMOクリック証券(FXネオ)は大手ITグループGMOが手掛けるFX取引所。

GMOクリック証券(FXネオ)でのFXトレードに慣れてきたので、次の段階へ進んでみたいとお考えの人もいるでしょう。

そこで気になるのが自動売買(EA)ではないでしょうか。

とくに仕事で忙しい人にとっては、GMOクリック証券(FXネオ)で自動売買(EA)できるかどうかは知りたい情報でしょう。

そこで今回はGMOクリック証券(FXネオ)の自動売買(EA)について調べてみました。

GMOクリック証券(FXネオ)の自動売買(EA)を分かりやすく解説

GMOクリック証券(FXネオ)は自動売買(EA)できない

結論から言いますとGMOクリック証券(FXネオ)では自動売買(EA)はできません。

自動売買(EA)とは「Expert Adviser」と呼ばれるFXの自動売買プログラムです。

海外FX取引所で採用されている「MT4」「MT5」上で動かすことを前提に自動売買(EA)プログラムは作成されています。

一方、GMOクリック証券(FXネオ)ではMT4やMT5ではなく、独自の取引プラットフォームを構築しています。

そのため、GMOクリック証券(FXネオ)のシステムでは自動売買(EA)は作動しません。

そしてGMOクリック証券(FXネオ)では自動売買(EA)機能を提供していないのです。

「GMOクリック証券(FXネオ)の許諾を得ている自動売買(EA)ソフト」と称してとある業者が販売している事実はあります。

しかしGMOクリック証券(FXネオ)の公式サイトにて「許諾している自動売買(EA)ソフトは一切ございません」と明記しています。

さらに自動売買(EA)ソフトの利用は禁止行為に該当し、場合によっては法的措置を取る場合があると明記されていました。

GMOクリック証券(FXネオ)では自動売買(EA)は明確に禁止されています。

恐らく今後もこの方針は変わらないと思われます。

GMOクリック証券(FXネオ)で自動売買(EA)は一切できないものと考えておきましょう。

GMOクリック証券(FXネオ)の自動売買(EA)の代わりに予約 OCO注文

GMOクリック証券(FXネオ)では自動売買(EA)はできませんので、その代わりに予約注文を入れてみてはいかがでしょうか。

自動売買(EA)より手間はかかりますが、売買注文を半自動化することは可能です。

深夜トレードで睡眠不足、日中もトレードが気になって仕方がない人は、予約注文の仕方を覚えることをおすすめします。

チャートをみてその場で売買するのではなく、あらかじめ「〇〇円になったら売る・買う」と仕込んでおく方法です。

GMOクリック証券(FXネオ)で自動売買(EA)の代わりとして利用できる予約注文方法は「OCO注文・IFD注文・IFD-OCO注文」。

すでに買いポジションまたは売りポジションを保有していて、決済注文を自動売買(EA)にしたい人には「OCO注文」がよいでしょう。

・OCO注文:損切価格と利確価格の2種類の決済注文を入れられる

GMOクリック証券(FXネオ)のOCO注文では現在保有している価格よりも安い価格を指定する損切を設定できます。

そしてある程度利益がでたらポジションを決済して利益確定する注文を自動でするような予約も同時に可能です。

OCO注文を利用すれば、予め想定した価格で決済注文されますので、自動売買(EA)代わりとなるでしょう。

GMOクリック証券(FXネオ)の自動売買(EA)の代わりに予約 IFD注文・IFD-OCO注文

GMOクリック証券(FXネオ)で現在ポジションを保有しておらず、これから注文を入れたい人におすすめの半自動売買(EA)する方法をご紹介します。

・IFD注文:新規注文時に決済注文を1つ入れられる

・IFD-OCO注文:新規注文の価格に加えて、決済注文の損切と利確の計3種類の価格を指定できる

IFD注文は主に損切価格だけを仕込んでおきたい人におすすめです。

IFD注文では1種類しか決済注文が入れられませんので、万が一用に損切価格を指定、利益が出ている場合はチャートをみてその都度判断するときに向いています。

自動売買(EA)とはいえず結局はチャートに貼り付けとなってしまいますので、IFD-OCO注文のほうがよいでしょう。

GMOクリック証券(FXネオ)のIFD-OCO注文は同時に3つの価格を指定できるため、自動売買(EA)代わりとして大いに使えます。

・新規注文:ロングまたはショートで入りたい価格を指定

・決済注文1:損切価格

・決済注文2:利確価格

自動売買(EA)と違って、自分でエントリー価格、損切価格、利確価格を考えなければいけませんが、注文するタイミングは自動化できます。

複雑な予約注文に見えますが、GMOクリック証券(FXネオ)ではIFD-OCO注文を積極的に使うとよいでしょう。

GMOクリック証券(FXネオ)以外で自動売買(EA)する方法

GMOクリック証券(FXネオ)以外で自動売買(EA)する方法は大まかに2通りあります。

・MT4やMT5を利用できる取引所を探す ・自動売買(EA)機能がある取引所を探す

裁量トレードではなくどうしても自動売買(EA)プログラムを使ってみたいのであれば、GMOクリック証券(FXネオ)以外の自動売買(EA)プログラムを利用できる取引所を利用するしかありません。

自動売買(EA)できる国内大手取引所といえば「楽天証券」くらいです。

その他の大手取引所「SBIFXトレード・YJFX!・外為どっとこむ」などでは自動売買(EA)はできません。

楽天証券では「MT4口座」を選べます。

MT4で動く自動売買(EA)プログラム数千種類の中からお好きなものを選んでインストールしましょう。

ただしこのMT4口座は楽天FX口座とは別で開設しなければいけません。

このほか、みんなのFXでは優秀なトレーダーを選んでその人のトレードを真似る自動売買(EA)方法があります。

自動売買(EA)に興味のある人はGMOクリック証券(FXネオ)以外の取引所も検討してみてはいかがでしょうか。

GMOクリック証券(FXネオ)の自動売買(EA)を分かりやすく解説まとめ

GMOクリック証券(FXネオ)では自動売買(EA)は明確に禁止されていました。

その代わりとしてOCO注文・IFD注文・IFD-OCO注文といった予約決済注文を利用してみてはいかがでしょうか。

自動売買(EA)プログラムと違って自分でエントリー価格や決済注文を決めなければいけませんが、決済注文は自動で発注されます。

どうしても自動売買(EA)プログラムを利用したいのであれば、他の取引所も併用してみてはいかがでしょうか。