ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXのアプリの使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXは国内最大手のFXブローカーのひとつ。

そんなDMM FXには実はスマホにインストールして利用できるアプリがあることをご存知でしょうか。

アプリを使えば時間と場所にとらわれずいつでもどこでもトレードできるようになります。

忙しい人にとって強い味方となることでしょう。

そこで今回はDMM FXのアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

DMM FXのアプリの使い方を分かりやすく解説

DMM FXのアプリの使い方【入手方法】

DMM FXのアプリはApp StoreまたはGoogle Play Storeから誰でも無料で入手できます。

よくあるスマホアプリのように使っていくうえで追加課金が生じたりもしません。

アプリをスマホにインストールして自分のDMM FXの口座へログインすればそれだけでスマホでトレードできます。

以降で詳しく解説しますがDMM FXのアプリは使い方も簡単で、かつ高機能なものとなっています。

PCをメインでトレードする人も、あわせてアプリも使えるようにしておくことをおすすめします。

DMM FXのアプリの使い方【ホーム】

DMM FXのアプリを起動するとまずホーム画面が表示されます。

ここから自由に項目を選んでアプリを使っていけます。

それぞれのメニューの主な使い方は以下のとおり。

・レート・・・通貨ペアの売値と買値をリアルタイムに確認する

・トレード・・・売買の注文ができる

・チャート・・・通貨ペアのチャートを確認する

・入出金・・・口座への入金、口座からの出金ができる

・マーケット・・・様々なマーケット情報を確認できる

・スワップ/証拠金・・・通貨ペアごとのスワップポイントと必要証拠金を確認できる

DMM FXのアプリはホーム画面を介さずともそれぞれのメニュー内を機動的に移動可能です。

それぞれ詳しく使い方を見ていきましょう。

DMM FXのアプリの使い方【レート】

DMM FXのアプリのレート画面は以下のようになっています。

各通貨ペアの売値と買値が一覧で表示されるほかスプレッドも表示されています。

また、通貨ペアをタップすると新規注文画面に移ります。

さらに赤枠の部分から他のメニューへと切り替えることも可能です。

もちろん、いったんホーム画面へと戻ることもできますが、二度手間になるだけです。

これは他のメニュー画面でも同様です。

DMM FXのアプリは画面下方のタブでメニューを切り替える使い方が基本になります。

DMM FXのアプリの使い方【トレード】

DMM FXのアプリのトレード画面は以下のとおりです。

「Bid/売」「Ask/買」のいずれかの部分をタップすると新規注文画面へと移ります。

この段階ではまだタップしても注文は発行されないので心配無用です。

上記は新規注文画面の詳細画面。 赤枠の部分で注文方法を選べます。

DMM FXのアプリで利用できる注文方法は以下のとおり。

・ストリーミング注文・・・市場の成り行きに任せて注文する注文方法

・指値/逆指値・・・希望売買価格を指定する注文方法

・IFD・・・決済注文もあわせて発注する注文方法

・OCO・・・ふたつの注文を同時に入れる注文方法、片方が約定すると他方はキャンセルされる

・IFO・・・ふたつの決済注文も同時に注文できる注文方法

IFDやIFO、COCなどは使い方に若干の慣れが必要かもしれません。

ストリーミング注文と指値/逆指値注文だけでも十分に利益を出すことは可能です。

DMM FXがはじめての投資経験という人は無理に使う必要はないでしょう。

DMM FXのアプリの使い方【スピード注文】

DMM FXのアプリではスピード注文というメニューがあります。

これはストリーミング注文にかぎり、新規注文の詳細画面を介さずにワンタップで発注できる注文方法です。

使い方は簡単ですが、誤発注の恐れがあることがデメリットです。

通常の新規注文画面と近藤しないように注意しましょう。

DMM FXのアプリの使い方【チャート】

DMM FXのアプリのチャート画面の外観は下記のようになっています。

チャート情報のメニューで、時間足を変更できるほか注文も可能です。

ただ、このままの縦長表示では少し見にくいのではないでしょうか。

DMM FXのアプリはチャート画面にかぎりスマホの傾きセンサーに対応しています。

傾けて表示してみましょう。

だいぶ見やすくなったのではないでしょうか。

なお、DMM FXのチャートはアプリ版でもいくつかのインジケーターが利用できます。

ここでは詳しい解説は省略しますが、興味のある人は色々と試してみてください。

DMM FXのアプリの使い方【入出金】

DMM FXのアプリはトレードだけではなく入出金といった口座管理にも利用可能です。

入出金の方法はシンプルです。

特に戸惑うことはないかと思いますので、ここでは詳しい使い方の解説は省略いたします。

DMM FXのアプリの使い方【マーケット】

DMM FXのアプリのもっとも優れている点が詳細なマーケット情報を閲覧できることです。

上記は世界各国の様々な経済ニュースです。

FXに特化しているため、自分で為替にかかわるニュースをピックアップする手間が省けます。

つづけて、世界各国の重要な経済指標の一覧です。

自分で数字を追わずとも前回数値と予想がアプリ上で確認できます。

最後にスワップポイントと証拠金です。

ポイントだけではなく発生日や日数、必要証拠金まで表示されています。

色々なFX関連のアプリの中でも、DMM FXのアプリはかなり高機能かつ痒いところに手が届くものになっています。

さすがは大企業が手掛けるFXブローカーといったところですね。

DMM FXのアプリの使い方の注意点

DMM FXのアプリは非常に高機能で使い方も簡単です。

ただ、アプリはリアルタイムに情報を更新し続けるため、データの通信制限に注意が必要です。

実際、ほんの少しのあいだDMM FXのアプリを使うだけで数十から数百キロバイトの通信量となってしまいます。

スマホの通信制限を気にする人はアプリを使うのはWi-Fi環境のある場所だけにしておくことをおすすめします。

ただその際は無料の公共無線LANでアプリを使うのはやめておいたほうがよいでしょう。

公共無線LANにはどうしても乗っ取りの被害にあう可能性が避けられないからです。

DMM FXは自分の資産を預けてトレードする金融商品です。

万が一にも大事な資産を失ってしまわぬよう、アプリを使い際はセキュリティには特に万全の対策をしておきましょう。

DMM FXのアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

DMM FXのアプリの使い方を全体的に分かりやすく解説してきました。

総じて、DMM FXのアプリは使い方が簡単なうえに高機能です。

アプリ上で入出金もできるため、すべてオンラインで完結することも可能です。

DMM FXを使う人はスマホにインストールしておいて損はないでしょう。