ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20201126182300j:plain

YJFX!はヤフーグループの手掛けるFX取引所です。

その信頼性から多くのユーザーに支持されています。

しかし、なんらかの理由でYJFX!を退会(解約)したいという人もいることでしょう。

また、口座開設前にあらかじめ退会方法(解約方法)を知っておきたいという人も少なくないでしょう。

そこで今回はYJFX!の退会方法(解約方法)・やめ方について分かりやすく解説していきます。

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方は投資信託口座の有無で大きく違う

ひとくちにYJFX!といっても実は以下のような複数のサービスを提供しています。

・外貨ex

・オプトレ!

・投資信託

このうち、投資信託の口座も同時に開設しているかどうかで退会方法(解約方法)も大きく異なってきます。

ここからは、それぞれの場合に分けてやめ方を詳しく解説していきます。

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方【投資信託口座なしの場合】

YJFX!に投資信託口座を開設していない場合の退会方法(解約方法)・やめ方はいたってシンプルです。

問い合わせフォームかフリーダイヤルでYJFX!へ退会(解約)したい旨を伝えるだけです。

その後に退会(解約)申し込み受け付けのメールを受け取ったあと、2~3営業日ほどで退会(解約)が完了します。

(※ 退会(解約)完了の通知はなし)

ただし、退会(解約)前には口座残高を0円にしておく必要があります。

YJFX!の出金は即日出金できますが、退会(解約)を決めたのであればできるだけ早めに出金しておくようにしましょう。

ちなみに、YJFX!のこういった退会方法(解約方法)は非常に親切設計です。

FX取引所のなかにはやめ方の説明がまったくないところも珍しくありません。

それどころか退会方法(解約方法)自体が存在しないケースもあります。

そういった不親切な部分がないのはさすがヤフーグループの手掛けるFX取引所といったところです。

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方【投資信託口座ありの場合】

YJFX!に投資信託口座を持っている場合の退会方法(解約方法)・やめ方は少しばかり面倒です。

まずはYJFX!の「投資信託」サービスから「各種報告書の発行、口座の閉鎖」へと進みます。

するとそこから「口座閉鎖依頼書(兼 特定口座廃止届)」をダウンロードできます。

それを「印刷」「記入」して「本人確認書類」を添えてYJFX!へ「郵送」します。

この退会方法(解約方法)で必要になる本人確認書類は口座開設時と同じもの。

運転免許証などです。

さほど難しくはありませんが面倒なことは事実です。

とはいえ、YJFX!への退会(解約)申請に郵送費用はかかりません。

YJFX!指定のラベルを印刷して郵送すれば郵送費用はYJFX!が負担してくれます。

※ この画像は使用できません

なお、投資信託口座を保有している状況でのやめ方の場合、YJFX!のサービス全体が退会(解約)されます。

一部のサービスのみ退会(解約)することはできないのでその点は注意しておきましょう。

YJFX!の正規の退会方法(解約方法)ではないやめ方

YJFX!の定める正規の退会方法(解約方法)以外のやめ方もなくはありません。

それは口座を放置しておくことです。 YJFX!に口座維持手数料はかかりません。

したがって、口座を放置しておくやめ方をしておいてもそれほどのデメリットはありません。

ふたたびYJFX!を使い始める可能性がある人はとりあえず休眠口座にしておくのも良いでしょう。

あるいは、確定申告が終わるまではとりあえずこういったやめ方にとどめておくというのも良いでしょう。

ただし、YJFX!の利用規約の「本口座の閉鎖」には以下のような条文があります。

・一定期間にわたり本口座の停止が継続した場合

「停止」つまり凍結になった状態の口座を放置しておくと自動的に退会(解約)されてしまいますので注意しておきましょう。

また、凍結されていないとしても口座が活きている以上、第三者によってアカウントが乗っ取られる可能性はゼロにはできません。

今後決してYJFX!を使わないということが決定的であれば、正規の退会方法(解約方法)を取るに越したことはないでしょう。

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方【デモ口座】

YJFX!はバーチャルトレードが体験できるデモ口座が使えます。

このデモ口座に関しては特別な退会方法(解約方法)・やめ方をする必要はありません。

デモ口座には1ヶ月という有効期限が決められているからです。 有効期限が切れれば自動的に退会(解約)です。

そもそも、YJFX!のデモ口座開設に必要な情報はメールアドレスだけ。

住所はおろか氏名さえ不要です。

仮に退会方法(解約方法)が用意されていなかったとしてもなんの不都合もないでしょう。

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方の注意点

どういったやめ方をするにしろ、YJFX!の退会方法(解約方法)では以下のことに注意しておきましょう。

・口座残高をゼロにしておく

・ポジションは清算しておく

・取引明細は取得しておく

まず、口座残高は必ずゼロにしておきましょう。

YJFX!に口座維持手数料はかかりません。

しかし、先に触れた通り口座を放置しておくやめ方をした場合、アカウント乗っ取りの可能性はゼロではありません。

しばらくYJFX!を使わないのであれば口座残高はゼロにしておきましょう。

次に、ポジションは必ず清算しておきましょう。

YJFX!には追証があります。

そのためポジションを維持したままのやめ方をしていると、口座残高以上の損失が出てしまう恐れが残ります。

さらに口座残高以上の損失は速やかに解消しないと年率14.6%の遅延損害金が発生します。

最後に、退会(解約)前には取引明細は取得しておきましょう。

YJFX!のようなFXで得た利益は原則的に確定申告が必要です。

取引明細はその際に重要な資料として必要になってきます。

退会(解約)後に請求することも不可能ではありませんが、原則的にYJFX!は取引明細を書面では発行していません。

退会(解約)前にデータでダウンロードしておくのを忘れないようにしましょう。

YJFX!の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説 まとめ

YJFX!の退会方法(解約方法)は投資信託口座を持っているかどうかでやめ方が大きく違ってきます。

投資信託口座がない場合は問い合わせフォームから退会(解約)したい旨を伝えるだけ。

対して、投資信託口座がある場合は書類を印刷・記入して、さらに本人確認書類を添えて郵送しなければなりません。

こうした手続きが面倒な人はあえて正規の退会方法(解約方法)をとらず口座を放置しておくといったやめ方もなくはありません。

ただ、休眠口座にはアカウント乗っ取りの被害に遭う恐れも捨てきれません。

どういったやめ方をするにしても、YJFX!を退会(解約)するときは口座残高は必ずゼロにしておきましょう。