ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所です。

SBI FXトレードで初めてFX投資を始める人は少なくないかもしれませんね。

そこで気になるのが、どのような入金方法があるのか?

入金方法によって手数料に違いはあるのか?ではないでしょうか。

そこで今回はSBI FXトレードの入金方法と入金手数料、入金時間について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

SBI FXトレードの入金方法は2通り

SBI FXトレードの入金方法は2通りです。

・クイック入金

・通常入金

クレジットカードやオンラインウォレットによる入金方法はありませんでした。

ちなみにSBI証券とSBI FXトレードは同じソフトバンクグループですが、れっきとした別会社です。

SBI証券口座に入っている資金をSBI FXトレードに振り替えることはできません。

たまにSBI FXトレードと「SBI証券のFX口座」を混同している人がいますので、ご注意ください。

なお、SBI FXトレードに暗号資産CFDなどの口座を開いていれば、口座間振替は可能です。

しかし基本的には、SBI FXトレードへの入金は銀行振込のみと考えて差し支えないでしょう。

SBI FXトレードの入金方法・入金手数料・反映時間 クイック入金

SBI FXトレードでは入金方法は「クイック入金」がおすすめです。

クイック入金とは、SBI FXトレードと提携している金融機関からインターネットバンキングする入金方法です。

SBI FXトレードのクイック入金のメリットは以下のとおり。

・入金手数料は無料

・24時間入金できる

・反映時間は即時

SBI FXトレードと提携している金融機関は次の7行です。

・住信SBIネット銀行、楽天銀行、PayPay銀行

・三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行

2021年までは地方銀行や労働金庫、信用金庫、JAバンクなどでクイック入金が利用できていましたが、現在は対象外となってしまいました。

SBI FXトレードに限らず、他の証券会社やFX会社、仮想通貨(暗号資産)取引所ではネット銀行は入金手数料が優遇されているケースが多いです。

できればネット銀行で口座開設をしておきましょう。

SBI FXトレードでは入金手数料がかからず、反映時間が一瞬で終わるクイック入金を強くおすすめします。

SBI FXトレードの入金方法 クイック入金のやり方

SBI FXトレードの入金方法「クイック入金」はPCだけでなくスマホアプリからも行えます。

まずはマイページまたは取引ツールへログインしましょう。

PCの場合は「入出金」タブから「入金」を選んでください。

入金元金融機関を提携している7行から選び、入金先サービスで「FX」を選びましょう。 続いて入金指示欄で入金したい金額を入金して「次へ」をクリックします。

すると各銀行のインターネットバンキングページへと移りますので、あとは指示に従ってやり方を進めてください。

では次に、SBI FXトレードのスマホアプリでのクイック入金の場合のやり方を見ていきましょう。

スマホアプリを立ち上げ画面最下部の「Menu」をタップしてください。

「入出金/履歴」欄にある「クイック入金」を選ぶと、提携している7行のバナーが表示されます。

SBI FXトレードの入金方法で利用したい銀行を選び、入金先サービスで「FX」を選んでください。

あとはそれぞれの銀行でインターネットバンキングの手順を進めましょう。

初回だけログインIDやパスワードの入力などが面倒ですが、一度SBI FXトレードに登録すれば簡単に入金方法を進められるはずです。

SBI FXトレードの入金方法・入金手数料・反映時間 通常入金

SBI FXトレードには「通常入金」の入金方法も用意されています。

通常入金とは、SBI FXトレードと提携していない銀行からのインターネットバンキングや、銀行のATMや窓口から入金する方法です。

SBI FXトレードの通常入金の特徴は以下のとおり。

・振込元の所定の手数料がかかる

・入金反映時間は数時間かかる

入金手数料がかかり、その銀行での振り込み作業があるため反映時間は数時間は見込んでおかなければいけません。

クイック入金と比べると、SBI FXトレードの通常入金方法にメリットはないといえるでしょう。

SBI FXトレードの入金方法 通常入金のやり方

SBI FXトレードの入金方法「通常入金」のやり方は少々分かりにくいかもしれません。

入金欄には通常入金のやり方・入金方法が表示されていないからです。

SBI FXトレードで通常入金するには以下のやり方を進めてください。

まずはSBI FXトレードのマイページへログインします。

続いて「各種設定」の「お客様情報」をクリックしましょう。 するとページの下の方に「振込先金融機関」が表示されているはずです。

そこに記載されている「銀行名・本支店名・口座種別・口座番号・口座名義」を控えましょう。

あとはその口座あてに振り込み手続きをするだけです。

この通常入金では手数料が別途必要ですので、ご注意ください。

SBI FXトレードの入金方法・入金手数料・反映時間 口座間振替

SBI FXトレードで複数の口座を開いている場合には、口座間で資金を振り替える入金方法が可能です。

「入出金」の「振替」をクリックすると下記の項目が表示されます。

・「振替元」:FX、暗号資産CFD、積立FX、オプションFX

・「振替先」:FX、暗号資産CFD、積立FX、オプションFX

このSBI FXトレード内の口座間振替による入金方法では、入金手数料はとくにかかりません。

しかし反映時間については「時間を要する場合がございます」とSBI FXトレードの公式サイトに明記されていました。

少なくとも反映時間については数時間は見ておくほうが無難でしょう。

SBI FXトレードの入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

SBI FXトレードの入金方法は銀行からの振り込みのみです。

SBI FXトレードの提携銀行から振り込む「クイック入金」であれば、入金手数料は無料かつ反映時間は即時です。

一方、提携銀行以外からの振り込みであれば、振込元の所定の手数料がかかり、反映時間も数時間以上かかるとのことでした。

できればSBI FXトレードと提携している銀行口座を開設して利用していくことをおすすめします。