ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードのレバレッジ取引を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードは最大レバレッジ25倍がかけられる国内のFX取引所。

でもレバレッジ取引ってハイリスクなのでは?

レバレッジ取引に興味があるけれどやり方がよく分からない…

とお悩みの人も多いのではないでしょうか。

ご存知のとおりレバレッジ取引はハイリスクハイリターンな取引です。

きちんと理解してからトレードしないと大きな損失を出してしまいかねません。

そこで今回はSBI FXトレードのレバレッジ取引を分かりやすく解説します。

SBI FXトレードのレバレッジ取引を分かりやすく解説

SBI FXトレードのレバレッジ取引とは

SBI FXトレードのレバレッジ取引とは、少額の資金を元手として大きなリターンを得られるトレード方法です。

SBI FXトレードでは最大25倍のレバレッジをかけてトレード可能。

例えば資金10万円でレバレッジ倍率が25倍かけたとしましょう。

この場合10万円×25倍で「250万円分」のトレードをしたのと同じ利益額を受け取れます。

ただし、損失が出た場合には預け入れた資金がほぼなくなってしまうかもしれません。

250万円分のトレードで「4%」のマイナスがでたとします。

250万円分×4%で「10万円分」。

つまり預け入れた10万円は「0円」になってしまうのです。

逆に4%狙った方向へ相場が動けば、資金は10万円から20万円へと倍増します。

このようにSBI FXトレードのレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンな取引といえるでしょう。

SBI FXトレードのレバレッジ取引の設定方法

SBI FXトレードのレバレッジ取引の設定方法を見ていきましょう。

まず、SBI FXトレードのレバレッジ取引は下記の特徴があります。

・最大レバレッジ:25倍

・資産評価額と証拠金によってレバレッジが自動的に変わる

・自分でレバレッジ倍率を変更できない

・法人口座は通貨ペアごとで毎週レバレッジ倍率が変わる

つまりSBI FXトレードでレバレッジ取引をする際には特別な設定をする必要はありません。

レバレッジ倍率を上げたり下げたりしたい場合は、SBI FXトレードの口座に預け入れる資金量で調整するしかないのです。

SBI FXトレードのレバレッジ取引の計算方法

SBI FXトレードのレバレッジ取引の具体的な計算方法を見ていきましょう。

・通貨ペア:1ドル=130円

・数量:1,000通貨

レバレッジ取引でなければ、必要なトレード資金は「130円×1,000通貨=130,000円」です。

ではSBI FXトレードに預け入れる資金=証拠金の金額によって、レバレッジ倍率がどのように変わるのか計算していきましょう。

・証拠金6,000円:130円×1,000通貨÷6,000円=21.6倍

・証拠金10,000円:130円×1,000通貨÷10,000円=13倍

・証拠金30,000円:130円×1,000通貨÷30,000円=4.3倍

・証拠金130,000円:130円×1,000通貨÷130,000円=1.0倍

SBI FXトレードでレバレッジ倍率を抑えたいのであれば、口座残高を増やすようにしてください。

SBI FXトレードのレバレッジ取引と証拠金維持率

SBI FXトレードのレバレッジ取引では証拠金維持率はとても重要な指標です。

この証拠金維持率を元にして、追証や強制ロスカットが発生するからです。

SBI FXトレードのレバレッジ取引で追証やロスカットが発生する証拠金維持率は次のとおり。

・追証:50%〜100%を下回ったとき

・ロスカット:50%を下回ったとき

SBI FXトレードでは強制ロスカットは明確な基準があります。

しかし追証については説明がわかりづらくなっていました。

SBI FXトレードの取引ルールにもよくある質問にも一切記載はありません。

しかし追証は存在します。

それでは次章で詳しくSBI FXトレードの追証について説明していきましょう。

SBI FXトレードのレバレッジ取引では追証がある

実はSBI FXトレードのレバレッジ取引では「追証」があるのをご存知でしょうか。

取引ルールやよくある質問などには追証に関する記載が一切ないため、SBI FXトレードには追証がないと勘違いしている人もいるかもしれません。

SBI FXトレードでは証拠金維持率が100%を下回ったら追証が発生します。

他の取引所では証拠金維持率が既定値を下回れば追証が発生したと通知がきますよね。

しかしSBI FXトレードでは追証という言葉を使いません。

SBI FXトレードから「取引必要証拠金が不足しました」とくるだけです。

この場合の流れは次のとおり。

・マーケット取引終了時点で証拠金維持率が100%を下回った

・取引証拠金の不足額が確定

・「翌営業日の取引終了30分前」までに不足額を入金

・間に合わなければ強制ロスカット執行

つまり他の取引所で追証が発生したときと同じように、早急に入金しなければいけないのです。

SBI FXトレードのレバレッジ取引では証拠金維持率50%〜100%の間で追証が発生すると覚えておきましょう。

SBI FXトレードのレバレッジ取引とロスカット

SBI FXトレードのレバレッジ取引では、ロスカットは以下の基準でロスカットが行われます。

・原則20秒ごとにロスカットを判定する

・証拠金維持率が50%を下回った場合

マーケットが動いている場合は20秒ごとに証拠金維持率をチェックする仕組みです。

取引量が落ちる早朝の時間帯などでは、一瞬の値動きで証拠金維持率が下がってしまう可能性はなくはありません。

他の取引所ではニューヨーク市場が閉まった後のタイミングでロスカットを判定することが多いようですが、SBI FXトレードではほぼリアルタイムで判定されてしまいます。

ロスカットになると全ポジションが強制決済され、未約定の新規注文もすべて取り消されてしまいます。

SBI FXトレードではロスカットにならないよう、証拠金維持率はかなり高めにしておくほうがよいかもしれません。

SBI FXトレードのレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

SBI FXトレードのレバレッジ取引は、トレード資金が少なくても大きなリターンが望めるトレード手法です。

ただ一方で損失も大きくなるハイリスク・ハイリターンなトレードでもあります。

SBI FXトレードのレバレッジ倍率は預け入れた資金や取引量によって自動で決まり、自分で倍率を変更することはできません。

最大レバレッジ25倍まで利用できますが、できれば数倍程度の倍率でレバレッジ取引することをおすすめします。