ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

SBI FXトレードの買い方(購入方法)を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201008141429j:plain

SBI FXトレードはソフトバンクグループが手掛けるFX取引所。

知名度が高いことから、SBI FXトレードで初めてFX取引を始めたという人は少なくないでしょう。

指値や成行は分かるけれども、OCOやトレール注文など見慣れない買い方(購入方法)に戸惑っている人がいるかもしれませんね。

取引所によって利用できる注文方法はさまざまです。

そこで今回はSBI FXトレードでの買い方(購入方法)について分かりやすく解説していきます。

SBI FXトレードの買い方(購入方法)を分かりやすく解説

SBI FXトレードの買い方(購入方法)の種類

SBI FXトレードの買い方(購入方法)は次の8種類です。

・指値、逆指値

・成行、2WAY

・トレール

・OCO

・IFD

・IFDOCO

指値や成行注文といった基本的な買い方(購入方法)はもちろんのこと、IFD注文などの条件付き注文が可能です。

またトレール注文など少々聞き慣れない買い方(購入方法)も知っておくと良いかもしれません。

では次章からはSBI FXトレードでのそれぞれの買い方・購入方法を見ていきましょう。

SBI FXトレードの買い方(購入方法) 指値・逆指値

SBI FXトレードで基本的な買い方(購入方法)といえば、指値と逆指値でしょう。

指値注文は「価格」と「数量」を指定する買い方(購入方法)。

現在レートよりも「安い価格で買う」「高い価格で売る」買い方(購入方法)が指値です。

SBI FXトレードでレートが買いたい価格にならなければ約定しません。

そして思っていたのと逆方向のレートが進めば、一向に約定しないでしょう。

買い注文であればポジションを建てられないだけですので問題はありません。

しかし決済注文であればいつまでも利確ができなくなってしまう可能性があるでしょう。

そしてSBI FXトレードの「逆指値注文」は主に損切で使う方法です。

現在レートよりも「低い価格で売る」「高い価格で買う」買い方(購入方法)。

指値注文と同じく「注文したい価格」と「数量」を入力するだけですので、操作は分かりやすいでしょう。

SBI FXトレードの買い方(購入方法) 成行・2WAY

SBI FXトレードでは、成行や2WAY中心の買い方(購入方法)をする人が意外と多いかもしれませんね。

まず、成行注文は買いたい通貨ペアを選んで「数量」を入力するだけの買い方(購入方法)。

その注文が通った瞬間のマーケット価格が約定価格になります。

指値注文と比べるとこの成行による買い方(購入方法)では下記のような特徴があります。

・すぐに約定する

・思ったより不利な価格で約定する可能性がある

多少レートが不利になってもすぐに売買したいときには成行注文が最適でしょう。

そして2WAY注文は成行よりもさらに簡単に注文できる買い方(購入方法)です。

SBI FXトレードのプライスボード上で売値や買値レートをタップするだけで発注できます。

タップした瞬間のマーケット価格で約定する成行注文の一種です。

よりスピード重視であれば2WAY注文の買い方(購入方法)がおすすめでしょう。

SBI FXトレードの買い方(購入方法) OCO

SBI FXトレードのOCO注文は、すでに保有している場合に使いたい買い方(購入方法)です。

現在1ドル130円として、132円になったら利益確定の売り注文、128円になったら損切の売り注文を入れられます。

そしてOCO注文ではどちらかが約定すれば残った予約注文は自動的にキャンセルされる買い方(購入方法)なのです。

新規注文時のOCO注文は少し使い方が難しいかもしれません。 SBI FXトレードでは決済注文の買い方(購入方法)で利用するとよいでしょう。

SBI FXトレードの買い方(購入方法) IFD

SBI FXトレードで初心者にとくにおすすめの買い方(購入方法)は、IFD注文でしょう。

IFD注文は新規注文時に決済注文も併せて利用できる買い方(購入方法)です。

・新規注文と利確の決済注文

・新規注文と損切の決済注文

上記どちらもSBI FXトレードのIFD注文。

しかしここで断然おすすめなのは、損切価格を設定する買い方(購入方法)です。

よほどトレードに慣れている人でなければ、相場で負けこんできても感情が邪魔して損切することがなかなかできません。

その点、新規注文時に損切注文を仕込んでおくIFD注文であれば、自動で決済注文が執行されます。

損失は限定しておいて、利確はチャートと相談しながらおいおい考えていきたいのであれば、IFD注文の買い方(購入方法)にしてみて下さい。

SBI FXトレードの買い方(購入方法) IFDOCO

SBI FXトレードではIFDOCOもおすすめの買い方(購入方法)です。

このIFDOCOは次の3つの注文を同時に入れられます。

・新規ポジションの買い注文

・利確の売り注文

・損切の売り注文

利確と損切はどちらかが約定されれば、もう片方は自動的に決済注文がキャンセルされる仕組みです。

つまり一度IFDOCO注文の買い方(購入方法)をすれば、利確または損切価格どちらかに達するまで何もすることはありません。

SBI FXトレードのOCO注文やIFD注文もよいですが、できればIFDOCO注文の買い方(購入方法)にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

SBI FXトレードの買い方(購入方法) トレール

SBI FXトレードのトレールは少々複雑な仕組みの買い方(購入方法)。

トレールとは"追いかける"という意味で、相場に応じて決済価格が上下する仕組みです。

つまりある程度の値幅をもたせた逆指値注文のこと。

このトレールは決済注文の利確と損切の場面で効果を発揮します。

例えばSBI FXトレードの買いポジションを保有しているときにトレール注文を設定したとしましょう。

現在のレートが1ドル130円。128円で損切、トレール幅を2円とします。

上昇トレンドであれば、ドル円が132円、134円となるにつれて損切価格も130円、132円と移り変わります。

そして下落トレンドへ移行したときには損切価格は「132円」で約定。 つまり損失を限定しつつも利益を伸ばせる買い方(購入方法)です。

レンジ相場ではうまくこの特性が活かされませんので、上昇トレンドまたは下落トレンドのときにトレールの買い方(購入方法)をしてみましょう。

SBI FXトレードの買い方(購入方法)を分かりやすく解説まとめ

SBI FXトレードの買い方(購入方法)について詳しく解説してきました。

SBI FXトレードではまずは成行注文や指値注文から始めてみて下さい。

そして少し慣れてきたら、IFDOCO注文やIFD注文などの条件をつける買い方(購入方法)にチャレンジしていきましょう。

トレール注文は必須ではありませんが、興味のある人は試してみてはいかがでしょうか。