ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)はLINEの運営するFX取引所です。

そんなLINE FX(ラインFX)に興味があるものの、登録方法(口座開設)が面倒なのではと口座開設をためらっている人もいるのではないでしょうか。

実際、金融サービスであるFXの登録方法(口座開設)は慣れていないと分かりにくい部分もたしかにあります。

そこで今回はLINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)を手順ごとに分かりやすく解説していきます。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順を分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の概要

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の概要は以下のとおりです。

1.登録情報の入力

2.携帯電話認証

3.本人確認

手順としてはたったの3ステップです。

また、実際に掛かる時間も早ければ5分程度です。

FX取引所の登録方法(口座開設)としては標準的、あるいはやや簡単な部類に入るかと思います。

ただ、LINE FX(ラインFX)の口座開設にはいくつかの書類提出がともないます。 利用できる書類は以下のとおりです。

・マイナンバー通知カード+運転免許証

・マイナンバー個人番号カード

・マイナンバー入りの住民票の写し+運転免許証

・マイナンバー入りの住民票の写し+健康保険証

要するに、マイナンバーの分かる書類+身分証で、マイナンバー個人番号カードのみ両者を兼ねています。

スムーズに手続きするためにも必要書類は事前に準備しておきましょう。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順①【登録情報の入力】

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の最初の手順は登録情報の入力です。

この手順では氏名や住所など基本的な個人情報のほか、LINE FX(ラインFX)の利用目的などを聞かれます。

これはアンケートのようなものであって登録の成否に直接関わるものでもありません。 正直に回答していきましょう。

ただし、実際にはこのアンケートとは別にLINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)にあたって審査自体はあります。

そして審査内容は一切公表されていません。

とはいえ、基本的にそこまで厳しいものではありません。

はじめてLINE FX(ラインFX)ではじめてFXをするという人でも問題なく登録できます。

一応、他社の登録方法(口座開設)の例ではありますが、一般的には「年収」や「資産」や「勤務状況」よりも「投資スタンス」が審査では重要視されるといわれています。

もし心配であればLINE FX(ラインFX)の利用目的でも若干控えめな回答を意識しておいたほうがよいかもしれません。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順②【携帯電話認証】

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順その②は携帯電話認証です。

これは単なるSMS認証です。 手続きを進めるとLINE FX(ラインFX)からSMSが届きます。

登録手続きの過程で認証コードを尋ねられるので、SMSで届いたコードをそちらへ入力すればOKです。

なお、SMSがうまく届かない場合も心配ありません。

連続3回認証に失敗すると自動的に電話音声による認証コード送信に切り替わるからです。

おそらくこの手順についてもスムースに進められることかと思います。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順③-1【かんたん本人確認】

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の最後の手順は本人確認です。

そしてこればかりは若干面倒と言わざるを得ません。

必要になる書類に関しては先に解説したとおり「マイナンバーの分かる書類」と「身分証」の組み合わせ、あるいはマイナンバー個人番号カードです。

そして、どの書類を用意できるかによって登録方法(口座開設)の内容も若干変わってきます。

具体的には「マイナンバー個人番号カード」か「運転免許証」を持っている場合は「かんたん本人確認」、それ以外の書類の場合は「郵送で本人確認」をすることになります。

かんたん本人確認はスマホで書類と「自分自身」を撮影してLINE FX(ラインFX)へ提出する登録方法(口座開設)です。

その最大のメリットは最短翌営業日に口座開設できることです。

ただ一方で、自分自身の写真をLINE FX(ラインFX)へ提出しなければならないというのは人によってはデメリットになりえます。

自撮りをLINE FX(ラインFX)へ提出したくない人は次に解説する郵送での登録方法(口座開設)を利用しましょう。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順③-2【郵送で本人確認】

LINE FX(ラインFX)は郵送による登録方法(口座開設)も利用可能です。

自分自身を撮影する手順に不都合のある人は漏れなくこちらを利用することになります。

もっとも、郵送による登録方法(口座開設)といっても書類を郵送する必要はありません。

画像で提出した書類に記載の住所に本当に本人が住んでいるのかどうかをLINE FX(ラインFX)からの郵便物の受け取りを持って確認するだけのことです。

ただ、この登録方法(口座開設)では審査完了までに最短で4営業日ほどの時間を要します。

また、LINE FX(ラインFX)からの郵便は「簡易書留」で届くので自宅にいないと受け取れません。

場合によってはいつまで経っても郵便が届かないこともあるので注意しておきましょう。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)は手順の省略も可能

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)は「本人確認」の手順をあとに回すことも可能です。

ただし、その場合は当然ながらそれが完了するまでは登録手続きも中断してしまいます。

基本的にはやはり一気に進めてしまいましょう。

一方、すでにLINE証券の口座を持っている人は本人確認の手順そのものを省けます。

結果としてわずか1分足らずでLINE FX(ラインFX)の登録も完了します。

今後FXをするかもしれないという人はとりあえず登録しておいてもよいかもしれません。

ただ、LINE FX(ラインFX)を登録するとマーケットの変動通知などがかなり頻繁に届くようになってしまいます。

できるだけLINE公式の通知は受け取りたくないという人は要注意です。

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)の手順を分かりやすく解説 まとめ

LINE FX(ラインFX)の登録方法(口座開設)はざっくりいえば「個人情報登録」「携帯電話認証」「本人確認」の3つの手順に分けられます。

個人情報登録と携帯電話認証についてはとくに難しいところはありません。

一方で本人確認の手順は複数の手段があるうえに、どれを使うかで必要書類やかかる時間が変わってきます。

基本的にはスマホを使った登録方法(口座開設)がおすすめですが、郵送による方法もそこまで不便ではありません。

また、すでにLINE証券を使っている場合はLINE FX(ラインFX)の口座も1分ほどで追加可能です。

ご自分の利用状況や都合に応じてお好きな登録方法(口座開設)を選びましょう。