ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)のLINEポイントを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)は大手SNSサービスであるLINEが手掛けるFXサービス。

そしてLINEには様々なサービスで利用できるLINEポイントというポイントプログラムが存在します。

それならばLINE FX(ラインFX)でもLINEポイントが利用できるのではとお考えの人も少なくないでしょう。

しかし、本当にLINE FX(ラインFX)でもLINEポイントは使えるのでしょうか。

使えないとしたら他にどういった使いみちがあるのでしょうか。

そこで今回はLINE FX(ラインFX)のLINEポイントの扱いについて分かりやすく解説していきます。

LINE FX(ラインFX)のLINEポイントを分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)でLINEポイントは使えない

残念ながらLINE FX(ラインFX)でLINEポイントは利用できません。

LINEポイントはLINEのサービスを利用することで貯まるポイント。

LINEコインへ変換してスタンプを購入するほか、LINE Payの決済に使ったりAmazonギフト券へ交換したりできます。

また、LINE Payを経由すればLINE証券の口座へも入金可能です。

そのためLINE FX(ラインFX)でもLINEポイントが利用できるのではと勘違いされやすいのですが、LINE FX(ラインFX)ではLINEポイントは利用できません。

LINE FX(ラインFX)の口座へ入金できるのは現金のみです。

出金も同様に銀行口座への出金にのみ対応しています。

LINE FX(ラインFX)の利益をLINEポイントとして変換することはできません。

LINE FX(ラインFX)はLINEポイントも貯まらない

LINEポイントはLINEのサービスを利用することで貯まるポイントです。

それならばLINEの手掛けるFX取引所であるLINE FX(ラインFX)の利用でもポイントが貯まりそうなものです。

しかし、残念ながらLINE FX(ラインFX)はLINEポイントが入金できないだけではなく、ポイント付与の対象にさえなっていません。

どれだけLINE FX(ラインFX)を使おうがLINEポイントが貯まることはありません。

たしかにLINE FX(ラインFX)はLINEの手掛けるサービスのひとつです。

ただ、LINEポイントプログラムに関しては他のサービスとはまったく異なる扱いであると考えておきましょう。

LINE FX(ラインFX)へLINEポイントを入金する方法

ほとんど実用的ではありませんが、間接的にLINE FX(ラインFX)へLINEポイントを入金する方法もないではありません。

それはLINE証券を経由する方法です。

先に触れたとおり、LINE証券の口座へはLINEポイントを入金可能です。

そして、LINE証券へ一度入金したLINEポイントは現金として銀行口座へ出金できます。

そのようにして現金化したLINEポイントをLINE FX(ラインFX)へ入金すればよいのです。

一連の流れとしては以下のとおりです。

・LINEポイント  → LINE証券へ入金 → 銀行口座へ出金 → LINE FX(ラインFX)へ入金

いかにも回りくどいですね。 また、LINE証券から銀行口座への出金には手数料がかかります。

手数料を節約する方法もあるにはありますが、そもそもそこまでしてLINEポイントをLINE FX(ラインFX)の口座へ入金する必要があるのかどうかは疑問です。

ちなみに、LINE FX(ラインFX)の運営元はLINE証券と同じく株式会社LINE証券です。

それにもかかわらずLINE証券とLINE FX(ラインFX)は口座間振替もできません。

LINE証券の残高をLINE FX(ラインFX)へ移動させる場合も、LINEポイントと同じように一度銀行口座へ出金する必要があります。

やはり、基本的にLINE FX(ラインFX)へLINEポイントは入金できないものと考えておいたほうが良いでしょう。

LINE FX(ラインFX)でLINEポイントが使えるようになる可能性は低い

LINE FX(ラインFX)でLINEポイントが使えるようになる可能性は低いと考えられます。

そもそも、LINE FX(ラインFX)で利用できる入金方法は現金振込のみです。

クレジットカード決済さえも対応していません。

そのような状況下で、ポイント制度でしかないLINEポイントが利用できるようになる可能性は低いでしょう。

また、LINE FX(ラインFX)のようなFX取引はレバレッジ取引ができるため、投資家保護の名目で金融庁の強い規制の下にあります。

そのため新規トレーダーの勧誘行為についても様々な制限があります。

FXへポイント制度を導入してはいけないというルールこそありません。

しかし、LINEポイントが使えるから気軽に始められるとうたって新規参入者を募う行為もまたそのような規制の対象になる可能性も捨てきれません。

そういった理由からも、LINE FX(ラインFX)がLINEポイントを導入する可能性が低いと考えられるのです。

LINE FX(ラインFX)以外でLINEポイントを有効活用する方法

LINE FX(ラインFX)でLINEポイントは使えません。

しかし、LINEポイントをLINE FX(ラインFX)以外の投資サービスで利用することは可能です。

LINE証券もその選択肢のひとつです。

ただ、LINE証券で投資するにはそれなりのLINEポイントが必要になってきます。

そこでおすすめのサービスがLINEスマート投資です。

LINEスマート投資はワンコインから投資できる積立投資サービス。

LINE Payからの引き落としもできるためLINEポイントも有効活用できます。

これを利用すれば、LINE FX(ラインFX)のように短期間で大きなリターンは期待できないものの確実な資産運用のひとつとなります。

LINE FX(ラインFX)は余裕資金を元手にして売買差益を狙う投資、LINEポイントはスマート投資で積立投資、といった使い分けにもちょうど良いと言えるでしょう。

なお、以前はスマート投資での投資はLINEポイントの付与対象でした。

しかし、残念ながら制度の変更でスマート投資はポイント付与の対象から外れてしまいました。

LINEポイントのスマート投資は500円玉貯金のようなものと考えておきましょう。

LINE FX(ラインFX)のLINEポイントを分かりやすく解説 まとめ

LINE FX(ラインFX)ではLINEポイントは利用できませんし、ポイントが貯まることもありません。

LINEポイントに関してはLINE FX(ラインFX)の扱いは他のサービスとはまったく異なると考えておきましょう。

それでもLINEポイントを投資に利用したいという人はLINEスマート投資がおすすめです。

LINE Payを経由する必要こそありますが、少額のLINEポイントから積立投資ができるからです。

LINE FX(ラインFX)はどうしてもハイリスク・ハイリターンになりがちな投資です。

対してスマート投資はあくまでリスクの低い積立投資。

リスク分散の観点からもLINE FX(ラインFX)とスマート投資の併用はおすすめです。