ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821215051j:plain

LINE FX(ラインFX)は大手SNSサービスであるLINEが手掛けるFXサービス。

そんなLINE FX(ラインFX)の大きな特徴は最大25倍までのレバレッジ取引ができることです。

しかし、FX初心者の人の中には、そもそもレバレッジ取引がどういった取り引きなのかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

また、具体的なレバレッジの設定方法ややり方がいまひとつ理解できていないという人もいるかもしれません。

そこで今回はLINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引について分かりやすく解説していきます。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引とは

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引とは、一定の証拠金を担保にすることで実際の資金以上のサイズのトレードができる取引形態です。

そしてLINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引は最大25倍。

たとえば10万円の証拠金があれば最大で10万円×25倍=250万円分の通貨ペアを売買できます。

これによりユーザーは少額の資金でも大きな取り引きで多額の利益を狙えるようになるのです。

ただ一方でレバレッジ取引はリターンだけではなく損失も大きくなりがちです。

LINE FX(ラインFX)がはじめてのFXという人は最初からあまり大きなレバレッジ取引をしないほうがよいでしょう。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引のやり方

LINE FX(ラインFX)でレバレッジ取引をするにあたってなんらかの特別な設定は不要です。

取り引きする通貨ペアの数量を指定すれば自動的にレバレッジ取引になります。

一例として、1USD=105円の際に10万円の証拠金で1ロット=10,000通貨の買いポジションを持つとします。

1ロット=10,000USDを買うのに本来必要な資金は105円×10,000=1,050,000円。

しかし、手元にある証拠金は10万円です。

すると、LINE FX(ラインFX)では自動的に1,050,000円÷10万円=10.5倍のレバレッジ取引となります。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引と証拠金維持率

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引では必要証拠金、有効証拠金、証拠金維持率という考え方が重要です。

必要証拠金はポジションを持つのに最低限必要な証拠金。

仮に日本円で100万円相当のポジションを持つとします。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引の最大倍率は25倍なので、100万円÷25倍=4万円が最低限必要な証拠金、つまり必要証拠金となります。

有効証拠金はLINE FX(ラインFX)の口座にある残高とポジションの含み損益の合計。

上記のケースで口座に10万円あるとすると、ポジションを建てた当初の有効証拠金はそのまま10万円です。

そして、証拠金維持率は必要証拠金に対する有効証拠金の割合。

この例で言えば、証拠金維持率は10万円÷4万円×100=250%になります。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引ではこの証拠金維持率を高い水準で維持することが大切です。

なぜなら、LINE FX(ラインFX)では証拠金維持率が100%を切ると強制的にポジションが決済されてしまうからです。

こういった強制的なポジション決済をロスカットと呼びます。

レバレッジ取引の特徴は高いリターンが狙える一方で損失も大きくなりやすいということ。

その結果として、口座残高と「含み損益」の合計である有効証拠金も大きく上下しやすくなりロスカットも発生しやすくなってしまいます。

LINE FX(ラインFX)でレバレッジ取引をする際はロスカットされる証拠金維持率(=ロスカットレベル)に注意しておきましょう。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引の目安

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引はどの程度の倍率を利用すべきなのでしょうか。

これは短期、中期、長期といった取り引きのスタイルによって異なります。

一般的に、相場急変の可能性は「長期>中期>短期」の順で高くなります。

たとえば、大地震が発生する可能性は今後1週間よりも今後30年のあいだのほうが高いですよね。

そのためレバレッジ取引の倍率も上記の順でおさえておいたほうが意図せぬロスカットを回避しやすくなります。

基本的にLINE FX(ラインFX)の最大倍率である25倍のレバレッジ取引は超短期に勝負をかけるとき以外は利用しないほうがよいでしょう。

ちなみに、平時はどの程度のレバレッジ取引をすべきかは資金力やリスク許容度によりけりです。

ただ、いろいろなLINE FX(ラインFX)ユーザーのトレードを見ていると2~5倍程度のレバレッジ取引をしている人が多い印象です。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引の注意点

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引は高いリターンを期待できる一方で損失も大きくなりがちです。

この損失を一定範囲内におさえるためのシステムがロスカットです。

LINE FX(ラインFX)のロスカットレベルは証拠金維持率100%。

証拠金維持率が100%を下回るというのは、すなわち損失が実資産=口座残高へ食い込む状況ということです。

したがって、LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引は原則的に口座残高に損失が及んだ段階で解消されることになります。

しかし、LINE FX(ラインFX)のロスカットも実は万能ではありません。

マーケットがあまりにも急変動した場合、ロスカットのタイミングが遅れることもあります。

するとその結果として予想以上の損失が出てしまう可能性があるのです。

こういった現象を一般的にスリッページと呼びます。

このスリッページによる損失は特に高い倍率でのレバレッジ取引をしているほど大きくなります。

場合によっては、口座残高ではまかなえないほどになることも。

そして当然、口座残高のマイナスはユーザーが追加で証拠金を入金して補填する羽目になります。

こういった追加の証拠金は追証と呼びます。

追証を入金するような憂き目にあわないためにも、LINE FX(ラインFX)がはじめてのFXという人は高い倍率でのレバレッジ取引は控えておくことをおすすめします。

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説 まとめ

LINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引とは、証拠金を担保として実資産以上のサイズの通貨ペアを売買する取引形態。

高いリターンが期待できる一方で損失も大きくなりやすいという特徴があります。

そしてLINE FX(ラインFX)のレバレッジ取引の最大倍率は25倍ですが、倍率は自動的に決まります。

取り引きの数量と口座残高によって自動的に適切な倍率のレバレッジ取引となります。

とかくFXに慣れていない人は資金力目いっぱいのレバレッジ取引をしてしまいやすいものです。

ただ、高い倍率でのレバレッジ取引はあまりにもハイリスク・ハイリターンです。

慣れるまでは控えめの倍率でトレードしていきましょう。