ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

IG証券の安全性と怪しいという評判を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】トライオートFXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210212193356j:plain

IG証券はイギリスに本拠地を持つFX取引所。

いわば外資系のFX取引所です。

ただ、それゆえかIG証券は安全性が低い怪しい業者だという評判もわずかに見られます。

しかし、本当にIG証券は評判どおりの怪しい業者なのでしょうか。

そこで今回はIG証券は安全性が低い怪しい業者だという評判について分かりやすく解説していきます。

IG証券の安全性と怪しいという評判を分かりやすく解説

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判【セキュリティ面】

IG証券の安全性とひとくちにいってもいくつかの切り口が考えられます。

まずはセキュリティ面の安全性についての評判を見ていきましょう。

これについては一部、入出金のセキュリティが甘いという評判が見られます。

たとえば、IG証券では出金に際して二段階認証などはありません。

シンプルに出金依頼をすればそれだけで出金可能です。

また、国内のFX取引所の多くは現在、出金先金融機関の事前登録に「書面」でのやり取りを必須としています。

これは某金融機関で第三者による不正出金が起こったことを受けての措置です。

しかし、IG証券はいまも変わらずオンラインで出金先金融機関の登録が可能です。

こういったことを考えるとIG証券のセキュリティ面での安全性には一部怪しい部分もあると言わざるを得ないでしょう。

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判【資産面】

IG証券に預けた資産の安全性についてはどうなのでしょうか。

結論からいえば、とくに問題はありません。

IG証券は海外を本拠地とするFX取引所です。

そして海外のFX取引所というと怪しいというイメージを持たれる人も多いようです。

ただ、IG証券にはとりたててそのような悪い評判も見られません。

なぜなら、IG証券の日本支社はれっきとした日本の企業だからです。

そのため、金融庁の管轄のもと顧客の資産はしっかりと管理されています。

その最たるものが信託保全です。

信託保全とは取引所の資産と顧客の資産を明確に切り離して管理する制度。

これによりIG証券が万が一に倒産したとしても、顧客の資産が債務の弁済に流用されるような心配は不要です。

預けてある資産の安全性については問題なく担保されていると考えてよいでしょう。

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判【運営面】

IG証券の運営について安全性を疑問視したり怪しい業者であるといった評判はありません。

先にも触れたようにIG証券は海外を本拠地とする取引所です。

そして、海外のFX取引所は怪しいというイメージを持たれがちです。

IG証券もそういった怪しいイメージを持たれやすいという自覚があるのでしょう。

そのためか公式サイトでIG証券は自身のビジネスモデルを公表しています。

※ IG証券公式サイトより引用

真偽の程を確認するすべこそありません。

しかし、こういったIG証券の姿勢が真摯であることは事実です。

IG証券のヘッジ、つまりカバー取引について言及しているところも評価できます。

総合的に見て、IG証券の運営面についての安全性にも問題はないといってよいのではないでしょうか。

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判【借金のリスク】

IG証券は借金のリスクがあるため安全性が低い・怪しいという評判もまれに見受けられます。 これについては事実です。

ハイレバレッジの使えるIG証券ではリターンと同程度に損失も大きくなりがちです。

そのため場合によっては大きな損失を出して借金を作ってしまうリスクもゼロではありません。

ただ、これはなにもIG証券だけではありません。

レバレッジ取引のできる国内のFX取引所ではすべて同じ条件です。

こと借金のリスクという観点ではIG証券がとくに安全性が低いというわけではありません。

もっとも、だからといって国内のFX取引所はすべて危険と考えるのも誤りです。

ここでは詳しい解説は控えますが、レバレッジ取引で借金を作ってしまうようなリスクは極小です。

よほど無謀なトレードをしないかぎりはそのような心配はありません。

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判【システム面】

IG証券は取引サーバーの安全性が低いという評判は意外と少なくありません。

実際少し調べてみれば分かりますが、けっこうな頻度でIG証券のサーバーはダウンしています。

しかも一度や二度ではなく同じような状況が何度も繰り返されています。 どの取引所であれ完璧なシステムなど存在しません。

しかし、それでもIG証券のシステム面の安全性については怪しいと言わざるを得ないでしょう。

これについてはできるだけ早くなんらかの対応をしてもらいたいところです。

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判がたつ理由

IG証券は安全性が低い怪しい業者だという評判も一部には見られます。

具体的に指摘こそされていないものの、これはやはりIG証券の本拠地が海外だからと思われます。

たしかに、海外のFX業者の中には顧客の資産を持ち逃げするような悪質なものがいることは事実です。

しかしそれはごく一部のほんのわずかな例外です。

基本的に海外の取引所であろうと大半の業者の安全性に問題はありません。

それにそもそもIG証券は本拠地が海外であるだけで、れっきとした日本の取引所です。

国内の他の取引所同様の安全性があると考えて間違いありません。

IG証券には安全性を疑問視する声や怪しいといった評判もたしかにあります。

ただ、それを鵜呑みにするのはやめておいたほうがよいでしょう。

IG証券は安全性が低い・怪しいという評判が気になる人は

基本的にIG証券は安全性が低い怪しい業者だという評判は真実ではありません。

IG証券の本拠地は海外ですが、IG証券自体は日本の企業だからです。

またそもそも海外の取引所だから安全性が低いという論理も成り立ちません。

しかし、それでもまだ評判が気になるという人は複数の取引所を併用してはいかがでしょうか。

IG証券にかぎった話しではありませんが、取引所のシステムがダウンするという可能性はゼロではありません。

あるいは突然の経営不振による取引条件の悪化といったこともあるでしょう。

そういった際に平時から複数の取引所を使っておけばリスクヘッジも可能というわけです。

基本的に国内のFX取引所の大半で口座維持手数料はかかりません。

実際に取り引きに利用するかどうかはともかくとしても、いくつかの口座を開設しておくことをおすすめします。

IG証券の安全性と怪しいという評判を分かりやすく解説 まとめ

IG証券の安全性と怪しいという評判について項目別に分けて解説してきました。

企業としての安全性については悪い評判も少なく、実際そのような怪しい部分はありません。

IG証券の本拠地は海外ですが、よくいわれるような怪しい業者とはまったく異なります。

ただ一方でIG証券はシステム面が不安定という評判が目立ちます。

これについては率直に言って大きなデメリットです。

IG証券にはできるだけ早急にシステム面の増強をはかってもらいたいところです。