ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200918210140j:plain

GMOクリック証券(FXネオ)は大手インターネット関連企業であるGMOが手掛けるFX取引所。

そんなGMOクリック証券(FXネオ)には純正のスマホアプリがあります。

スマホアプリを使えば時間と場所にとらわれずトレードできるようになりますから、忙しい人にとってこれは大変助かります。

ただ、その使い方が難しいのではと不安な人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はGMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方を初期設定の方法から全体的に分かりやすく解説していきます。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方【入手・設定方法】

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリはApp StoreまたはGoogle Play Storeから誰でも無料で入手できます。

「GMOクリック証券(FXネオ)」ではなく「GMOクリックFXneo」の名前なので注意しましょう。

インストール方法は一般的なスマホアプリとまったく同じです。

ただ、インストール後にはひと手間が必要です。

といっても、なにも難しくはありません。

GMOクリック証券(FXネオ)から簡易書留で送られているユーザーIDとログインパスワードを使って、スマホアプリからあらためて口座へログインすればよいだけです。

「設定」の「ログイン」からログインしましょう。 問題なくログインできれば以後、スマホアプリ上でのトレードがGMOクリック証券(FXネオ)の口座へ反映されるようになります。

なお、できれば指紋認証のオプションは有効にしておきましょう。

GMOクリック証券(FXネオ)には二段階認証設定がないためデフォルトではセキュリティ面に不安が残るからです。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方【気配値】

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリのホーム画面は以下のようになっています。

「通貨ペア」の項目を選ぶと各通貨ペアの売値と買値の状況を確認できます。

市場がオープンしているあいだ、数値はリアルタイムに更新されます。

また、任意の通貨ペアをタップすることでそのまま注文するといった使い方も可能です。

スマホアプリでの注文方法については別の項目で詳しく解説していきます。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方【チャート】

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリ上でのチャートの外観は以下のとおりです。

このままでも使えないことはありませんが、やはり縦長表示は違和感があるのではないでしょうか。

スマホのアイコンをタップして横長表示に変更してみましょう。

だいぶ見やすくなりました。

また、GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリはチャート機能が拡充されました。

時間足の変更はもちろんのこと、ラインの描画やインジケータの追加も可能です。

ただ、それらの操作についてはスマホアプリ上で詳細な使い方の案内があるため、ここでは解説は省略します。

具体的なチャートの使い方については、ぜひとも実際に自分で触ってたしかめてみてください。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方【注文方法】

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリで利用できる注文方法は以下のとおりです。

「成行」「通常」「OCO」「IFD」「IFD-OCO」の5種類です。

成行は市場の成り行きにまかせて発注する注文方法。

取引数量とスリッページを指定します。

スリッページは発注価格と約定価格のズレのこと。

スマホアプリの画面上に表示されている価格と実際に約定する価格にどれだけのズレを許容するかを設定できます。

「通常」は取引数量にくわえて「売買希望価格」も指定できる注文方法。

いわゆる指値注文です。

すでに保有しているポジションに対して不利な価格(=逆指値)を指定すれば損切り用途の使い方も可能です。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリでは以上の2つの注文方法が基本となります。 残りの3つは特殊な使い方をする条件付きの指値注文です。

IFDではまず普通に指値注文の内容を入力していきます。

その後、「決済入力へ」で決済注文をあわせて予約します。

赤枠の部分が決済用の指値注文になっています。

この内容で発注すると、はじめに発注した指値注文が約定すると次に設定した決済注文が発注されます。

OCOはふたつの注文を同時に発注できる注文方法。

片方が約定すると他方は自動的にキャンセルされます。

なお、IFDと異なりOCOでは決済注文は予約できません。

OCOはあくまで新規エントリーのための注文がふたつ発注できるだけです。

率直に言ってOCOは使い方の難しい注文方法です。

GMOクリック証券(FXネオ)がはじめてのFXという人は無理に使う必要はないでしょう。

そして、IFD-OCOは名前から想像できるとおりIFDとOCOを組み合わせた注文方法。

IFDにおける決済予約にOCOが使えます。 こちらは利用価値の高い注文方法です。

基本的なスマホアプリの使い方に慣れてきたらぜひとも使っていくことをおすすめします。

ちなみに、特殊注文の名前の由来は以下のとおりです。

・IFD・・・IF ~ Done 「もし~ならば発注する」

・OCO・・・One Cancels the Other

「片方が他方(の注文)をキャンセルする」 これらの特殊注文の名称と機能はGMOクリック証券(FXネオ)意外の取引所でもほぼ同じ名称です。

仮に他の取引所を使うことになったとしても役立つので覚えてしまうことをおすすめします。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方の注意点

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリは完成度も高く使い方も難しくありません。

ただ一方で、先にも軽く触れたようにセキュリティ面に不安が残ります。

仮に指紋認証も設定せずに自動ログイン機能を有効にしたままスマホを紛失したらどうなるでしょうか。

誰でもスマホアプリを起動して自分の口座へアクセスできてしまいます。

また、スマホを紛失しないとしてもなんらかの方法でスマホを乗っ取られてしまえば同様です。

そのため、GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリは利用環境にも注意が必要です。

たとえば、無料の公共無線LANなどは乗っ取りの被害にあいやすい環境と言えます。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリは、できれば信頼できるネットワーク環境か携帯キャリア回線で利用するようにしましょう。

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリの使い方を全体的に解説してきました。

一部の注文方法をのぞけばスマホアプリの使い方はそれほど難しくありません。

実際に手にとって触ってみればすぐに使い方にも慣れるかと思います。

ただし、GMOクリック証券(FXネオ)のスマホアプリはセキュリティ面の対策が十分とは言えない部分があります。

スマホアプリを使うときは最低限のセキュリティ設定をしたうえで信頼できるネットワーク環境を利用するようにしましょう。