ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

外為どっとコムのレバレッジ取引を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20210208121532j:plain

外為どっとコムは国内のFX取引所の中では古参と言える取引所です。

そんな外為どっとコムではじめてのFXをしてみようという人も多いのではないでしょうか。

しかし、FXをするにあたってはレバレッジ取引の仕組みの理解が欠かせません。

このレバレッジ取引の理解なしにFXをはじめるのは無謀とさえいえます。

そこで今回は外為どっとコムのレバレッジ取引について分かりやすく解説していきます。

外為どっとコムのレバレッジ取引を分かりやすく解説

外為どっとコムのレバレッジ取引とは

外為どっとコムのレバレッジ取引とは、証拠金を担保とすることで実資産以上の通貨を売買できる取引形態です。

たとえば、1万円の証拠金を用意して10倍のレバレッジ取引をすると1万円×10倍=10万円分の通貨をトレードできます。

そして、外為どっとコムのレバレッジ取引の上限は最大25倍。

したがって、このケースでいえば1万円の証拠金で25万円分のトレードができます。

当然ながら、動かす資金が25倍になれば期待できるリターンも単純に25倍になります。

このように少額の資金でも大きなリターンを狙えることが外為どっとコムのレバレッジ取引の大きなメリットといえるでしょう。

ただ一方で、レバレッジ取引にはデメリットもあります。

それは損失もリターンと同程度に大きくなりがちということです。

場合によっては一瞬にして口座残高がゼロになることさえありえます。

外為どっとコムのレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンな取引形態と心得ておきましょう。

外為どっとコムのレバレッジ取引では外貨は購入できない

外為どっとコムを外貨預金のように考えている人も珍しくないようです。

しかし、外為どっとコムのレバレッジ取引と外貨預金はまったく異なるものです。

レバレッジ取引でやり取りするのは売買の結果として生じた損益だけ。

外貨預金のように実際の外貨を購入することはできません。

いくら外為どっとコムで外貨を購入しても、それを決済手段として用いたり外部へ送金したりはできません。

レバレッジ取引は最終的に反対売買をして手元の外貨をゼロにすることが前提になっているからです。

実際の外貨を入手したい人は外為どっとコムのようなFX取引所ではなく通常の銀行を利用しましょう。

外為どっとコムのレバレッジ取引は売りからも入れる

外為どっとコムのレバレッジ取引は手元にない通貨を先に売って、あとから買い戻すことで利益を出すことも可能です。

手元にないものを売るとはどういうことかと思われる人も多いかもしれません。

たしかに外貨預金の場合は手元にないものを売ることは不可能です。

しかし、外為どっとコムのレバレッジ取引は決済差額だけをやり取りする取引形態です。

その過程に実際の外貨の受け渡しは存在しません。

そのため、「あとで買い戻す」ことで最終的に帳尻があえば先に売ることもできるのです。

外為どっとコムにかぎらず、FX全般ではこのように売りから入る取り引きを「空売り」あるいは「ショート」と呼びます。

逆に買いから入る注文はロングです。

ちなみに、こういった呼び方をするのは「買った通貨は長期(ロング)保有しがちな反面、売りから入った通貨は短期(ショート)で決済することが多いから」と言われています。

外為どっとコムのレバレッジ取引のスワップポイント

外貨預金というと高金利をイメージする人もいるのではないでしょうか。

しかし、外為どっとコムのレバレッジ取引は実際の外貨を購入するわけではないため利子はつきません。

ただ、売買する通貨には金利差が生じます。 そこで外為どっとコムのレバレッジ取引ではその金利差を調整するためにスワップポイントというものが毎日発生します。

このスワップポイントは売買する通貨、そしてポジション(買いor売り)によって異なり、プラスにもマイナスにもなりえます。 マイナスとはつまり支払いです。

したがって、外貨預金のように単に保有していれば利益が出るともかぎりません。

むしろ、日々資産が目減りすることもあるのです。

こういった部分もまた外為どっとコムのレバレッジ取引の外貨預金との大きな違いといえるでしょう。

外為どっとコムのレバレッジ取引のやり方

外為どっとコムのレバレッジ取引のやり方は簡単です。

口座の証拠金では売買できない数量の注文をすると自動的にレバレッジ取引となります。

特別な設定などはありません。

たとえば、証拠金1万円で5万円分の注文をすると自動的に5倍のレバレッジ取引とみなされます。

ただし、外為どっとコムの最大レバレッジは25倍。

したがって、このケースでいえば25万円分の注文が上限です。

外為どっとコムのレバレッジ取引は追証に注意

外為どっとコムのレバレッジ取引は少額の資金でも大きなリターンが狙えることが最大のメリットです。

しかし、レバレッジ取引は証拠金を「担保」とした取引形態です。

そのため、含み損が膨らんだ結果として担保が不足するとその不足分の解消を求められます。

この不足分の証拠金を解消するために口座へ追加で入金する証拠金を「追証」と呼びます。

そして、外為どっとコムではこの追証を「毎営業日の取引時間終了1時間前」までに解消しないと強制的にポジションが決済されてしまいます。

当然ながら、意図せぬ決済は好ましいものではありません。

含み損が確定するという大きなデメリットもあります。

外為どっとコムのレバレッジ取引には追証があるということは心得ておきましょう。

外為どっとコムのレバレッジ取引は即時ロスカットにも要注意

外為どっとコムのレバレッジ取引は追証を入金しないとポジションが強制的に決済されてしまいます。

この外為どっとコムによる強制決済をロスカットと呼びます。

そして、実は外為どっとコムのレバレッジ取引ではもうひとつロスカットが発生する条件があります。

その条件は含み損が証拠金の50%を上回ること。

この場合は追証の猶予なく即時ロスカットされてしまいます。

つまり、外為どっとコムのロスカットは追証ありのロスカットと追証なし即時ロスカットの二段構えなのです。

いずれのロスカットも証拠金を潤沢に用意するかポジションの一部を決済する以外に回避する方法はありません。

外為どっとコムのレバレッジ取引では証拠金の管理には厳に注意しておきましょう。

外為どっとコムのレバレッジ取引を分かりやすく解説 まとめ

外為どっとコムのレバレッジ取引は証拠金を担保として実資産では不可能なサイズのトレードができる取引形態です。

このレバレッジ取引によってトレーダーには少額の資金でも大きなリターンが狙えるというメリットがあります。

一方でレバレッジ取引は期待リターンと同程度に損失も大きくなりがちです。

また、追証やロスカットといったシステムにも注意が必要です。

総じて、外為どっとコムのレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンな取引形態です。

過度に恐れる必要はありませんが、一定のリスクがあることは心得ておきましょう。