ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXの税金の計算方法はどのようにするの?

そもそもDMM FXの確定申告はいつはじめればいいの?

確定申告とか税金について無知だから、どのようなものなのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

DMM FXのトレードで利益を得た場合、税金や確定申告について意識する方も少なくないはずです。

中には確定申告しなければいけないということ知って、慌てている方もいるのではないでしょうか。

DMM FXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

DMM FXの税金と確定申告とは?

DMM FXの税金とは所得税のことをさし、儲けに対して発生する税金をさします。

確定申告とは、年間所得が一定を超えていた場合に、一定の計算方法にもとづいて税金を算出し、翌年3月15日までに税務署に納税することをさします。

DMM FXの年間所得が一定を超えていたからと言って、税務署やDMM FXから確定申告のお知らせや納税通知書が届くわけではありません。

ではどのように確定申告をスタートするのかというと、個々に記帳してDMM FXの利益や損失、経費を管理して、年間所得が一定を上回っていた場合に自己判断で始める必要があります。

確定申告対象者であるのにもかかわらず、申告や納税を怠り税務署に発覚すると、重税という思いペナルティが課せられることになるため、必ず行いましょう。

DMM FXの確定申告が必要になるケース

DMM FXで確定申告が必要になるケースは、給与取得者と非給与取得者で異なります。

  • 給与取得者:年間所得が20万円を超えた場合
  • 非給与取得者:年間所得が38万円を超えた場合

「所得」とはDMM FXの利益だけではありません。

税制上の所得は、事業所得・給与所得・退職所得・配当所得・利子所得・不動産所得・山林所得・譲渡所得・一時所得・雑所得と10区分されています。

10所得すべての合計額が、上を超えていた場合に確定申告が必要になると考えておきましょう。

ただし給与所得が年収2,000万円以下の場合は、職場で年末調整と源泉徴収を行うため、給料についてはDMM FXと一緒に確定する必要はありません。

この他にも社会保険控除等を考慮すると確定申告不要になるケースもありますが、こちらでは省略しましょう。

逆にDMM FXで負けてしまい結果的に損失が残ってしまった場合は、確定申告しなくてもよいと考えられますが、翌年以降の確定申告で損をするため、手続きすることをおすすめします。

こちらについては最終項目で詳しく解説しましょう。

さらにもうひとつ、税制上の「所得」とは「収入」と区別されています。

たとえばDMM FXだけで考えると、収入とはトレードなどで獲得した利益をさします。

一方所得とは、DMM FXの利益から経費を相殺した、純粋な儲けをさします。

経費とは、利益を獲得するときに使用したネット回線費・デバイスを稼働するための電気代・パソコンやスマホなどの購入代金・FXの参考書・トレーダー同士の交流会費や交通費などをさします。 確定申告の手続きは年明けすぐにスタートできます。

日頃からDMM FXの損益と経費を記帳しておけば、確定申告対象であるのかを判断することができるため、こまめな記帳をこころがけましょう。

ではこれらを踏まえてDMM FXの税金の計算方法や確定申告について詳しくみていきます。

DMM FXの税金の確定申告区分は「雑所得の分離申告課税」

DMM FXの税金の計算方法は「雑所得の分離申告課税」という確定申告区分になり、区分のルールに沿って行います。

雑所得とは、上項で解説した10所得のうち、9所得のどれにも該当しない所得をさします。

さらに雑所得は「総合課税」と「分離申告課税」に分類されます。

基本的な税金の計算方法は、10所得すべての合計額で確定申告する「総合課税」になります。

一方、特定の所得に限り、他所得とは合計せず単独で確定申告し、税金の計算方法を行うことができますが、これを「分離申告課税」と言います。

DMM FXなどの国内FXは分離申告課税に分類されるため、単独で税金の計算方法を行うことになります。

分離申告課税は、税率が一律20%(厳密には復興税が上乗せされるため一律20.315%)、3年間の繰越損失が適用されますので、これにもとづいてDMM FXの税金の計算方法を行いましょう。

DMM FXの税金の計算方法と確定申告のやり方

DMM FXの税金の計算方法は、確定申告のプロセスに沿って行います。

確定申告のやり方は前述した通り、DMM FXの利益と損失、経費の記帳からスタートし、年間所得を算出しましょう。

前述の通り、所得の計算方法は「収入-経費」になります。 税務署から様式を取り寄せて、手作業で記帳すれば費用をかけずに所得を算出して確定申告を進めることができますが、有料の会計ソフトを導入すると便利です。

会計ソフトでは、損益と経費を記帳するだけで、自動的に税金の計算方法から確定申告書の作成を一貫して行うことができるため、簡単に済ませることはもちろん計算ミスを防ぐことができます。

年間所得を算出したら税金の計算方法を進めていきましょう。

たとえばDMM FXの年間所得が100万円だった場合、税金の計算方法は「100万円×0.2」になり、税金は20万円になります。

実務上では確定申告書を作成するプロセスで税金の計算方法を行うことになります。

所得税を算出したら最後に納付書を記入して、税金を納めることで確定申告は完了となります。

確定申告の手続きを完了すると、自動的に住民税の対象になるため、後日納付書が送付されたら忘れずに納税しましょう。

DMM FXの税金の計算方法と確定申告 損失の繰越控除について

確定申告は儲けに対して税金の計算方法を行い所得税を納税するためのものですので、儲けがなく損失だけしかない場合は確定申告する必要がないと考える方もいるはずです。

しかし前述の通り、DMM FXでは損失によって所得がマイナスの場合でも確定申告をしておくべきと言えるでしょう。

その理由は、DMM FXの所得は雑所得の分離申告課税に分類されるからです。

分離申告課税は、3年間にわたり損失の繰越控除が適用されます。

たとえば今年、DMM FXで50万円の損失が発生して、翌年60万円の利益を獲得したとします。

今年確定申告しておくと50万円の損失は繰越対象となり、翌年の確定申告時に「60万円-50万円」のように繰越控除することで、課税対象額を軽減することができます。

DMM FXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

DMM FXの税金の計算方法と確定申告は、雑所得の分離申告課税にもとづいて行います。

確定申告は儲け、すなわち所得に対して20%を乗じて所得税を計算し、納税することをさします。

DMM FXのような国内FXは、分離申告課税が適用する繰越損失の控除対象となるため、たとえ儲けがなくても確定申告することで翌年以降の所得税を軽減することにつなげることができます。