ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXは国内最大手とも呼べるFXブローカー。

その知名度の高さから非常に多くのユーザーに使われています。

しかし、中には何らかの理由から退会(解約)したいという人もいることでしょう。

また、DMM FXに興味があるものの事前に退会方法(解約方法)を知っておきたいという人もいるかもしれません。

そこで今回はDMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方について分かりやすく解説していきます。

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方を分かりやすく解説

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方は専用フォームから

DMM FXの退会方法(解約方法)は簡単です。 退会(解約)専用のフォームがあるので、そちらから申し込めばよいだけです。

DMM FXの退会方法(解約方法)で必要な情報は以下のとおり。

・氏名

・メールアドレス

・電話番号

・生年月日

・登録住所

・お客様番号

これらを入力したのち、個人情報の取り扱いについて同意すれば退会(解約)の申し込みが完了します。

DMM FX側で申し込みを確認後、通常は数日以内に退会(解約)処理が完了します。

なお、のちほど詳しく解説しますが、この正規の退会方法(解約方法)以外にもやめ方は存在します。

ただ、そちらのやめ方は非推奨です。

基本的にはDMM FXの定める正式な退会方法(解約方法)にのっとることをおすすめします。

ちなみに、DMM FXでは電話での問い合わせ窓口もありますが、そちらから退会(解約)申請することはできません。

DMM FXの口座には顧客の大事なお金が保管されているわけです。

第三者による成りすましも可能な電話による退会方法(解約方法)が認められていないのも仕方のないことでしょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方【単一サービスのみの場合】

DMM FX以外の関連サービス(DMM 株、DMM CFDなど)も利用している場合、正規の退会方法(解約方法)をそのままするとすべてのサービスが退会(解約)されてしまいます。

(※ 一部例外あり)

DMM FXのみを退会(解約)したい場合は、退会(解約)申請のフォームの「お問い合わせ内容」にそのむねを追記しておきましょう。

これは他のサービスのやめ方の場合も同様です。

ちなみに、DMM FXは一度退会(解約)した口座について、本人確認書類を再提出すれば再開させることも可能です。

その際、専用の再開フォームを用いることで一部の登録情報の入力を省略可能です。

今後、なんらかの理由でふたたびDMM FXを使う可能性が絶対にないとはいえません。

DMM FXを退会(解約)する前には念のため口座番号とパスワードを控えておくようにしましょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方の事前準備

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方では事前準備に注意が必要です。

まず、どのようなやめ方をするにしろ口座残高は必ずゼロにしておきましょう。

DMM FXには2,000円の最低出金額がありますが、それ以下の金額の場合にかぎり全額出金が可能です。

退会(解約)を決めたら速やかに口座をゼロにしてしまいましょう。

次いで、退会(解約)前には取引明細を取得しておきましょう。

DMM FXのようなFXの利益はある程度の金額に達すると確定申告して税金を納める必要が生じます。

その際に取引明細が必要になるのです。

取引報告書は年末になるとDMM FXから郵送されてきます。

しかし、退会(解約)前に取引明細を取得しておけば報告書を待たずとも確定申告の準備が可能です。

必須とまでは言いませんが、DMM FXを退会(解約)すると決めた人はあらかじめ取引明細を取得しておくことをおすすめします。

DMM FXの正規の退会方法(解約方法)ではないやめ方

DMM FXには正規の退会方法(解約方法)ではないやめ方も存在します。

それはシンプルに口座を放置しておくことです。

DMM FXには口座維持手数料はかかりません。

そのため口座を放置しておけば事実上は退会(解約)したようなものといえるのです。

また、DMM FXの規約には「解約」の項目に休眠口座については口座を解約する場合があると書かれている条文もあります。

したがって、口座を放置しておけば「事実上」の退会(解約)がいずれ「実際」の退会(解約)になることもありえるでしょう。

ただし、先に触れたとおりこのやめ方はおすすめではありません。

アカウントが残っているかぎり、どうしても第三者による乗っ取りの被害にあう可能性が残るからです。

DMM FXの退会方法(解約方法)は専用のフォームもあるため難しくありません。

また、再開させる方法も簡単です。

基本的にはDMM FXの定める正規の退会方法(解約方法)をとりましょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方の注意点

DMM FXを退会(解約)しようという人の中には、口座残高ではまかなえないほど大きな損失を出してしまったことがその理由という人もいることでしょう。

ただ、DMM FXでは追証のある状態では退会(解約)できません。

このことについては利用規約上にもしっかりと明記されています。

追証はトレーダーのDMM FXに対する支払債務です。

どういったやめ方をしたとしても免れることはありません。

仮に退会(解約)できたとしても支払い債務が消滅するわけではありません。

DMM FXのような追証のあるFXブローカーを使う際は大きな損失を出してしまわぬよう、資金管理には格別の注意を払うようにしましょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方【デモ口座・バーチャルアプリ】

DMM FXにはデモトレードのできるデモ口座やバーチャルトレードのできるアプリがあります。

こういったデモ口座の退会方法(解約方法)が分からないとお困りの人も多いようです。

結論から言えば、デモ口座には自主的な退会方法(解約方法)は存在しません。

DMM FXのデモ口座の有効期限は3ヶ月。

この有効期限切れを待つといったやめ方をするしかありません。

ただ、そもそもデモ口座を自主的に退会(解約)できないことになんのデメリットもありません。

口座の資金を抜かれる心配もなければアカウントを不正に利用されるような可能性も皆無です。 気長に期限切れを待ちましょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)・やめ方を分かりやすく解説 まとめ

DMM FXの退会方法(解約方法)はフォームからの退会(解約)申請です。

やめ方の分かりにくいサービスが多いなか、DMM FXのこのシンプルな退会方法(解約方法)はかなりの親切設計です。

ただし、DMM FX以外のサービスも同時に利用している人は、その他のサービスも一括して退会(解約)してしまわぬよう注意しましょう。

退会(解約)フォームには自由記載の項目もあります。

一部のサービスだけを退会(解約)したい場合は、その項目に一部だけ退会(解約)したい旨を必ず明記しましょう。