ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】DMM FXの詳細ページはこちらから

【2】IG証券の詳細ページはこちらから

【3】LINE FXの詳細ページはこちらから

【4】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXの退会方法(解約方法)におけるやめ方の手順は、どのように進めればいいの?

退会フォームが実装されていないようだけれど、DMM FXのやめ方がよくわからない。 あなたは今、このようにお考えですよね。

なんらかの事情によってDMM FXの退会方法(解約方法)を検討されている方の中には、具体的なやめ方がわからないという方もいるのではないでしょうか。

ここではDMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方について解説していきます。

DMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

DMM FXの退会方法(解約方法)には退会フォームが実装されているため、手順に沿ったやめ方で進めることができます。

ただし退会専門フォームがDMM FXのどこにあるのか、疑問を感じている方もいるはずです。

DMM FXの退会方法(解約方法)のやめ方を進める前に、確認すべき事項があります。

退会を完了したあとで、困ってしまうことがないように、DMM FXのやめ方の前における確認事項からスタートしましょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)でやめ方の前の確認事項

DMM FXの退会方法(解約方法)におけるやめ方を進める前の確認事項として、追証はないか、口座残高は0円か、取引明細は取得しているのかをチェックしてください。

まずDMM FXのトレードで、口座残高以上の損失を発生させてしまった場合、退会方法(解約方法)を進めることはできません。

口座残高以上の損失とは、すなわち追証しなければいけないマイナス口座をさしますが、借金として返済を完了するまでは退会方法(解約方法)を完了できないルールになっています。

追証は、DMM FXに対する投資家が守らなければいけない義務として、DMM FXの利用規約にもきちんと明記されています。

仮にDMM FXで退会方法(解約方法)を進められたとしても、支払い債務が消滅することはありません。

やめ方を進める前に、DMM FXの借金返済を完了してから退会方法(解約方法)を進めましょう。

DMM FXの口座残高が残っている場合、DMM FXは退会方法(解約方法)を進めません。

まずは全ポジションを決済して、DMM FXの取引口座から外部へ口座資金を出金し、残高を0円にしましょう。

つづいてDMM FXの退会方法(解約方法)を進める前に、取引明細を取得しましょう。

取引明細にはDMM FXの損益情報が記載されており、確定申告の所得を把握するためにかかせない参考資料です。

年末になるとDMM FXから取引報告書が郵送されてきますので、万が一取引明細の取得を忘れてしまっても確定申告を進めることは可能です。

ただ確定申告目前になってから損益の資料を入手するのでは、慌てて手続きをすることにもなりかねません。

ゆとりをもって確定申告手続きを進められるよう、事前にDMM FXから取引明細をダウンロードしておくこは、DMM FXの賢いやめ方と言えるでしょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方の手順

DMM FXの退会方法(解約方法)における具体的なやめ方の手順にについてみていきましょう。

まず退会フォームへアクセスするやり方は、DMM FXのヘルプ「口座の閉鎖に関する疑問」のページから「お問合せフォーム」のリンクを選択します。

退会方法(解約方法)のやり方は、DMM FXの問い合わせフォーム「口座解約について」の手順に沿い、読み進めながら行いましょう。

「ご依頼内容」から口座解約依頼を選択し、氏名・登録メールアドレス・電話番号・生年月日・登録住所・お客様番号を記入しましょう。

「お問い合わせ内容」には、DMM FXの退会手続きをお願いする旨を記入してください。

記入を完了したら個人情報の取り扱いに関する同意をクリックして、確認ページへ進み、退会を申し込むことで手続きを完了します。

退会申し込みを完了後、数日でDMM FXは退会方法(解約方法)に関する処理を完了させることができます。

DMM FXの退会方法(解約方法)のやり方における注意点は、お問い合わせ内容にきちんと「DMM FXを退会する」と記入することです。

万が一DMM CFD・DMMバヌーシー・DMM 株で口座を保有している方が、DMM FXと記載せずに退会方法(解約方法)の手続きを行うと、すべての投資サービスの口座解約の手続きとみなされてしまいます。

DMM 株についてはさらに郵送での手続きも必要ですが、それ以外のサービスについてはDMM FXとともに口座解約することになってしまいますので、注意点として覚えておきましょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方は口座放置でも対応可能

DMM FXを退会すべきか迷っている、退会方法(解約方法)の手続きが面倒だという方の中には、口座放置しまってもよいか悩んでいる方もいるはずです。

結論から申し上げますと、DMM FXの口座残高を0円にさえしておけば口座放置によるやめ方でも対応できなくはないです。

口座放置してもDMM FXでは口座維持手数料は発生しないため、口座放置をやめ方とみなす方法もできると考えることができます。

DMM FXの利用規約にも、休眠口座は口座を解約する場合がある、と記載されているため、やめ方における手順を踏まなくても自動退会できる可能性はあるでしょう。

ただし口座放置によるDMM FXのやめ方は、正直おすすめできないのが本当にところです。

DMM FXに放置口座がある限り、アカウント乗っ取りの可能性があり、悪用されてしまうケースがあるからです。

退会方法(解約方法)を完了しても、DMM FXでは再開させることも可能ですので、きちんと手続きを行うことをおすすめします。

DMM FXのデモ口座の退会方法(解約方法)とやめ方

DMM FXのデモ口座やバーチャルアプりの退会方法や解約方法は特にありません。

デモ口座やバーチャルアプリには、3ヶ月という利用期限があるため、やめ方は必要ないと言えるでしょう。

DMM FXのデモ口座を保有していても、特にデメリットはないため、利用期限が過ぎるのを待つことをおすすめします。

DMM FXの退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説まとめ

DMM FXの退会方法(解約方法)は、退会専用フォームを実装しているため、非常に良心的な設計です。

他社は専用フォームがない業者も少なくなく、退会方法(解約方法)にとまどうケースも見受けられるでしょう。

DMM FXの退会方法(解約方法)の注意点として同系列の投資サービスを解約しないようにすることが大切です。

また追証を返済すること、口座残高を0円にして取引明細を取得することも和ずれずに行いましょう。