ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXの利食いを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXは25倍までのレバレッジが使える国内最大手のFXブローカーのひとつ。

そのレバレッジを活用すれば短期間で大きな利益を出すことも不可能ではありません。

しかし、FX初心者の人がぶつかりやすい問題が利食いのタイミングです。

また、そもそもDMM FXの取引プラットフォームにおける利食いの設定方法が分からないという人もいるかもしれません。

そこで今回はDMM FXの利食いについて分かりやすく解説していきます。

DMM FXの利食いを分かりやすく解説

DMM FXの利食いの設定方法【ストリーミング注文】

DMM FXのストリーミング注文(成行注文)では利食いの事前設定はできません。

ストリーミング注文の場合は手動で利食いの決済注文をするほかありません。

ただし、ストリーミング注文は利食いの事前設定は不可能ですが、損切りは新規エントリー時にあわせて設定しておけます。

思わぬ損失を出してしまわぬよう、損切りだけでも予約しておきましょう。

なお、DMM FXのストリーミング注文にはFIFOという設定があります。

この設定をOFFにしておくと反対注文も新規注文とみなされてしまいます。

そのため利食いのつもりで注文したつもりが、決済されず新規ポジションが建ってしまうことがあります。

DMM FXでは、ストリーミング注文で利食いするときはFIFOの設定に注意しておきましょう。

DMM FXの利食いの設定方法【決済同時発注】

DMM FXの指値・逆指値注文では新規エントリー時にあわせて利食いの決済注文を予約しておけます。

やり方も難しくありません。

利食いの項目をクリックして、決済したい値を選ぶだけです。

なお、DMM FXの同時決済発注機能は直接レートを指定できません。

新規エントリー時から何pips離れたら利食いまたは損切りするかといったように指定します。

より詳しく利食いのポイントを指定したい人は別の注文方法を使いましょう。

DMM FXの利食いの設定方法【個別設定】

DMM FXの一部の注文では細かに利食いのタイミングを指定できます。

上記はDMM FXのIFD注文です。

IFD注文は新規エントリーとあわせて決済注文も予約できる注文方法。

赤枠の部分に利益の出るレートを指定して発注すれば利食いの決済を予約できるというわけです。

また、同様にIFO注文でも利食いの決済注文を設定しておけます。

DMM FXのIFO注文はIFDとOCOの組み合わさった注文方法。

新規エントリー注文とあわせてふたつの決済注文を同時に発注できます。

そして、いずれかの注文が約定すると他方がキャンセルされます。

(One Cancels the Other = OCO)

その片方に利食いを予約しておけばよいのです。

双方に利食いを設定することもできますが意味はありません。

基本的にDMM FXのIFO注文は利食いと損切りを同時に入れておく注文方法と考えておきましょう。

DMM FXの利食いの目安・タイミング【トレンドライン】

DMM FXで利食いをするタイミングや利益の目安はいくら程度なのでしょうか。

この問題については明らかな答えはありません。

実際にどの程度のリターンを目指すのか、どのくらいのリスクを引き受けられるのかといった諸条件によって具体的な目安も異なってくるからです。

ただ、利食いの目安がまったくないわけではありません。

DMM FXに限定した話しではありませんが、FXではチャート分析がなにより重要になります。

そのチャートの形状から利食いのタイミングを導き出せるのです。

あくまで一例ですがチャートを見ると上記のようなラインが引けます。

このラインは相場の転換点や天井や底になりやすいことが分かります。

そのラインの延長線上付近に利食いを置いておけば最大限の利益を狙えるというわけです。

DMM FXの取引プラットフォームではこういったラインを描画する機能もあります。

ぜひとも色々なラインを引いてみて自分なりの最適な利食いポイントを探っていきましょう。

DMM FXの利食いの目安・タイミング【インジケーター】

DMM FXのチャートには実に様々なインジケーターを表示させられます。

そういったインジケーターを見て利食いのタイミングを探すこともまた有効です。

上記はDMM FXのチャートにRSI(Relative Strength Index)と呼ばれるインジケーターを追加したもの。

通常のチャートにくわえて赤枠部分にあらたにRSIのグラフが表示されています。

そして、RSIは一般的に70以上が買われすぎ、30以下が売られすぎと読み取られます。

実際に上記の例でも70近辺または30近辺でマーケットの流れが反転していることが読み取れます。

したがって、RSIが70か30に近づくタイミングが適切な利食いのタイミングと考えられるのです。

なお、DMM FXではRSI以外にも実に多くのインジケーターが利用可能です。

色々なインジケーターを使ってみて自分なりの利食いのポイントの見つけ方を探求してみてはいかがでしょうか。

DMM FXの利食いの目安・タイミング【ボラティリティ】

DMM FXで利食いのタイミングをはかる指標としてボラティリティもまた有用です。

ボラティリティとは通貨ペアの値動きの大きさ(激しさ)を表す指標。

たとえば、ある通貨ペアの一ヶ月間のボラティリティが5%といったときは、一ヶ月のあいだに高値安値のどちらかへ5%値動きしやすいということが分かります。

その5%に近いポイントに利食いを置いておけば利益も最大化しやすいというわけです。

ただ、残念ながらDMM FXの取引プラットフォームにデフォルトで通貨ペアのボラティリティを表示する機能はありません。

また、通貨ペアのボラティリティは算定期間などによって大きく値が異なってきます。

少しばかり面倒ですが、利食いのタイミングを図るためにボラティリティを確認したい人は自分で計算しましょう。

あるいは、DMM FX以外のブローカーで公表しているボラティリティ一覧表を参考にして利食いのポイントを見極めるというのもよいでしょう。

ただ、ボラティリティはFX以外の投資でも基本となる考え方です。

利食いポイントの目安に使わないとしても、一応は計算方法の概要をおさえておくことをおすすめします。

DMM FXの利食いを分かりやすく解説 まとめ

DMM FXの利食いはストリーミング注文をのぞいて新規エントリー時にあわせて設定しておけます。

やり方は決済同時発注の機能を使うか、条件付き指値注文(IFDやIFO)を使うかのいずれか。

どちらも慣れてしまえばそれほど難しくありません。

DMM FXにかぎらず、投資の世界では利食いをどこに置くかというのは永遠の課題です。

トレンドライン、インジケーター、通貨ペアのボラティリティなど判断基準も様々です。

色々な考え方や自分の目指すリターン、トレードスタイルなどに応じて適切な利食いポイントを探していきましょう。