ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXの逆指値を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXは25倍のレバレッジが使えるFXブローカー。

その高いレバレッジを駆使すれば少額の資金で大きな利益を狙うことも不可能ではありません。

ただ、FXは投資である以上、損失を出してしまうリスクは免れません。

しかし、逆指値を活用すればある程度リスクをコントロールすることも可能です。

そこで今回はDMM FXの逆指値について分かりやすく解説していきます。

DMM FXの逆指値を分かりやすく解説

DMM FXの逆指値とは

DMM FXの逆指値注文とはトレーダーにとって不利な価格を希望売買価格として指定する注文方法です。

FXで利益を出すための基本戦略は「安く買って高く売る」「高く売って安く買い戻す」こと。

そのためにDMM FXには「安く買う」「高く売る」といった有利な価格を指定する「指値」注文という注文タイプがあります。

その逆に「高く買う」「安く売る」ような不利な価格を指定する注文方法が「逆」指値注文というわけです。

なお、逆指値注文は広い意味で言えば指値注文の一種です。 厳密に言えば、逆指値とは注文方法を意味するのではなく単に「トレーダーにとって不利な価格」を意味します。

そして指値は「価格指定」という意味にすぎません。

したがって、逆指値注文を正確に言い表すとしたら「逆指値」を「指値」とした注文ということになります。

さらに細かく言えば、逆指値注文の実態は逆指値をトリガーとして成行注文が発注される注文方法です。

もっとも、DMM FXを使う上ではそこまで正確に理解する必要はありません。

ただ、DMM FX以外のブローカーの場合、「逆指値」を発動条件とする指値注文といった特殊な注文方法があることもあります。

そういったときに逆指値の言葉の意味を思い出してもらえると特殊注文の機能も理解しやすいかと思います。

DMM FXの逆指値の用途

DMM FXの逆指値注文は主に損切りに使います。

逆指値注文は「高く買う」「安く売る」というようにトレーダーに不利な価格での指値注文です。

したがって、既存ポジションに対してそのような決済注文をすることで損失を確定させるために使われるのです。

ただ、逆指値注文は新規エントリー時にも発注できます。

この場合にDMM FXで逆指値注文を使う意図は「相場の方向性を見極めてからエントリーしたい」というものが大半です。

具体的には、現状の価格はAだが、価格Bまで上がればそのままCまで値上がりが続くことが予想される。

そのため今のうちに価格Bで逆指値注文を入れておく、といった具合です。

DMM FXの逆指値のやり方【新規エントリー】

DMM FXでは逆指値注文のやり方が複数あります。

まずは新規エントリー時の注文方法を解説します。

といってもやり方は極めてシンプルです。

DMM FXの注文パネルにはそのまま「逆指値」という注文タイプが存在します。

ポジションを持っていない状態でそこから注文条件を設定して発注すればよいだけです。

DMM FXの逆指値のやり方【ストリーミング注文】

DMM FXで逆指値を損切り目的で使う場合のやり方は注文方法によって若干異なります。

DMM FXのストリーミング注文とは要するに成行注文です。

成行注文の注文パネルは以下のようになっています。

赤枠の部分に「損切り」という項目があるのでクリックして機能をONに切り替えます。

すると新規エントリー時にあわせて逆指値の決済注文も予約できます。

上記の場合、約定価格から10pips不利な価格にマーケットが動くと逆指値注文が発注されます。

この値は歯車のアイコンをクリックすることでさらに細かく設定可能です。

DMM FXの逆指値のやり方【指値注文】

DMM FXの指値注文もストリーミング注文と同じくエントリー時に決済の逆指値注文を予約できます。

やり方も同じです。

注文パネルに「損切り」の項目があるので、機能をONに切り替えれば逆指値注文を予約できます。

なお、DMM FXの指値注文は損切りの逆指値だけではなく、利食いの指値注文も予約可能です。

DMM FXの逆指値のやり方【IFD】

DMM FXのIFD注文も新規エントリーにあわせて逆指値注文の予約が可能です。

IFD (If Done)注文とは新規エントリー時にあわせて決済注文も予約する注文方法。

決済注文で「逆指値」を指定すれば損切りの逆指値注文が予約できます。

また、上記の画像を見て分かるようにDMM FXのIFDは逆指値でエントリーすることも可能です。

DMM FXの逆指値のやり方【OCO】

DMM FXはOCO注文でも逆指値が使えます。

OCO (One Cancels the Other)はふたつの注文を入れておき、片方が約定すると他方がキャンセルされる注文方法。

上記のとおり、いずれの注文にも逆指値の設定があります。

ただ、DMM FXのOCOでは決済の逆指値をあわせて注文することはできません。

DMM FXの逆指値のやり方【IFO】

DMM FXのIFO(If Done + OCO)はIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。

見てのとおり、エントリー時と決済時いずれでも逆指値が設定できます。

なお、ここまでですでにお気づきの人もいるかもしれませんが、実はDMM FXのIFDとOCOは条件付きの指値注文の一種にすぎません。

指値注文のパネルで利食いと損切りのどちらかをONにすればIFD注文、双方をONにすればOCO注文です。

違いはより詳細なレート設定が可能ということです。

これは逆指値の注文パネルでも同様です。

DMM FXの逆指値の注意点

DMM FXの逆指値注文は必ずしも指定した価格で約定するわけではないことに注意しましょう。

DMM FXの逆指値注文は相場の状況によっては意図せぬ価格で約定してしまうことがあるのです。

ただ、これを回避する方法がないわけではありません。

注文方法のオプションで「スリッページ」を設定すればよいのです。

スリッページは指定価格と約定価格の乖離をどこまで許容するかの設定です。

ゼロに設定すれば指定価格以外では約定しなくなります。

もっとも、損切り目的で逆指値注文を利用する場合、そもそも約定しないのでは意味がありません。

DMM FXではスリッページの設定はデフォルトで1.0pipsとなっています。

それ以上狭い設定にするのはあまりおすすめできません。

むしろ、確実な損切り目的で逆指値を使うのであればやや広めに設定しておくべきでしょう。

DMM FXの逆指値を分かりやすく解説 まとめ

DMM FXの逆指値注文とはトレーダーにとって不利な価格を希望売買価格として指定する注文方法です。

新規エントリーにも使えますが主に損切り目的で利用されます。

DMM FXは注文タイプのほとんどで決済注文もあわせて設定できるため、簡単に逆指値で損切り設定をしておけます。

FXは投資である以上、常に勝ち続けられるものではありません。

ぜひとも逆指値を活用して損失を最小限におさえていきましょう。