ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文を分かりやすく解説

【☆おすすめのFX業者解説ページ☆】

【1】IG証券の詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

【4】LINE FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文とは、どのようなものなの?

FIFO注文・IFO注文・OCO注文の効果的な使い方を知りたい。

DMM FXで両建てするやり方は、FIFO注文・IFO注文・OCO注文の中でどれを使えばいい?

そもそもFIFO注文・IFO注文・OCO注文は本当に必要なの? あなたは今、このようにお考えですよね。

DMM FXは、基本的な注文方法であるストリーミング注文(成行注文)と指値注文の他にも、FIFO注文・IFO注文・OCO注文できます。

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文を分かりやすく解説

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文とは?

DMM FXのFIFO注文、IFO注文、OCO注文とは、以下の注文方法をさします。

  • FIFO注文:新規/決済の両方で活用できる注文方法
  • IFO注文:新規注文時に決済注文もあわせて予約しておく注文方法
  • OCO注文:ふたつの新規注文を同時発注する注文方法

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

DMM FXのFIFO注文

DMM FXのFIFO注文の名称は「First In First Out」を省略しています。

すでに完了している新規注文に対して、決済注文する方法です。

DMM FXのFIFO注文は、成行注文すなわちストリーミング注文のオプション設定として、決済注文をしこむことをさします。

もし注文パネルの「FIFO」注文がOFFの状態で発注すると新規エントリーとしてみなされ、ONの状態で発注すると保有ポジションに対する決済注文になります。

DMM FXのIFO注文

DMM FXのIFO注文は、FIFO注文とはまったく別物です。

IFO注文は「IFD + OCO」をさしています。

IFDは「If Done」の略称で、決済注文もあわせて予約しておく注文方法です。

OCO注文は「One Cancels the Other」の略称で、一方が約定するともう片方がキャンセルされることを意味します。

DMM FXのIFO注文とは新規注文と同時に、ふたつの決済注文をあわせて予約しておく注文方法です。

考え方としては、IFO注文は全体がIFD、その一部分がOCO注文で構成されていると解釈すると理解しやすいでしょう。

もし(IF)複合一次注文が約定した場合に、OCO1とOCO2の複合二次注文を発注(Done)するというわけです。

一般的にIFO注文は、新規エントリーするときに、OCO1とOCO2にそれぞれ利食いと損切りの決済注文もしこむという使い方をします。

DMM FXのOCO注文

DMM FXのOCO注文は、新規注文に限定した注文方法です。

ふたつの新規注文を同時に入れておき、片方(One)が約定すると他方(the Othre)の注文は自動的に破棄(Cancels)されます。

新規エントリー限定の注文方法ですので、他の注文方法のように決済注文を予約しておくことはできません。

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文の使い方

DMM FXでFIFO注文・IFO注文・OCO注文できるのだから、

効果的な使い方やトレード手法を知りたいという方もいるはずです。

ストリーミング注文をベースとしており、新規エントリーと決済をスイッチひとつで切り替えられるFIFO注文は、すばやくトレードしたい短期売買に最適でしょう。

常にチャートをながめながらトレードするスキャルピングやデイトレードで重宝します。 もうひとつDMM FXで両建てする使い方として、FIFO注文はOFFにしましょう。

両建てについては次項でくわしく解説します。

一方、新規エントリーや決済注文を予約できるIFO注文とOCO注文は、DMM FXのチャートを常にながめていられないときに適しています。

日をまたぐトレードやスイングトレードなどの、長期トレードで重宝するでしょう。

DMM FXのFIFO注文・IFO注文の注意事項

DMM FXのFIFO注文とIFO注文には注意事項があります。

DMM FXの両建てではFIFO注文をOFFにする

DMM FXで両建てする場合は、FIFO注文をOFFにしてから発注しましょう。

両建てとは、同じ通貨ペアで、買いポジションと売りポジションを同時に保有して、リスクヘッジする方法です。

ONの状態で反対売買すると、すでにDMM FXで保有する既存ポジションに対する決済注文とみなされてしまい、両建てできないため注意が必要です。

FIFO注文をOFFにすれば、新規エントリーとしてみなされるため、両建てすることができます。

DMM FXのIFO注文ではスリッページの可能性がある

DMM FXのIFO注文では、新規エントリーにあわせて、損切りや利確のための決済注文も同時に予約しておく方法です。

IFO注文で新規注文が約定すると、自動的に損切りや利確による決済注文が発動しますが、DMM FXの相場急変などの影響によりスリッページの可能性があります。

損切りや利確の決済注文をしこんでおいたとしても、スリッページによって思わぬレートで約定してしまい、損失を被るケースも0ではないことを注意点として覚えておきましょう。

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文の必要性

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文を覚えると投資戦略の幅が広がるため、重宝します。

ただしのFIFO注文・IFO注文・OCO注文の必要性はと言われると、絶対ではないことも事実でしょう。

DMM FXではストリーミング注文や指値注文など、基本的な注文方法だけでも利益を狙うことはできますし、これらにも決済注文をしこむことができます。

ストリーミング注文は損切りを、指値注文は損切り・利確ともに予約できます。

FIFO注文は、ストリーミング注文で損切りの決済注文を同時にしこんでおくのと同じことです。 IFO注文は、指値注文で損切り・利確をしこんでおくのと同じです。

IFO注文とOCO注文ほど細かく設定することはできませんが、ストリーミング注文や指値注文だけでも十分ですので、必要性としては個々のニーズによって異なると考えておきましょう。

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文を分かりやすく解説まとめ

DMM FXのFIFO注文・IFO注文・OCO注文の使い方は、トレード戦略に応じて使い分けることができます。

ただしストリーミング注文や指値注文だけでも、じゅうぶんに利益をめざすことができます。

初心者の方は、まずDMM FXでストリーミング注文や指値注文をマスターしてから、FIFO注文・IFO注文・OCO注文をスタートしてみてはいかがでしょうか。

ただし両建てについてはFIFO注文をOFFにする方法が必須になりますので、きちんと覚えておきましょう。