ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXは積極的なCMが奏功して、いまや誰もが知るFXブローカーのひとつです。

そんなDMM FXに興味があるものの、いきなり実際のトレードをするのは不安という人もいることでしょう。

そういった人はデモ口座を使ってデモトレードを試してみてはいかがでしょうか。

しかし、デモ口座の登録方法は難しくないのでしょうか。

また使い方はリアル口座と違わないのでしょうか。

そこで今回はDMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説していきます。

DMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説

DMM FXのデモ口座の使い方【登録方法】

DMM FXのデモ口座は公式サイトから誰でも簡単に登録できます。

口座開設の窓口からデモ口座は登録できません。

メインメニューのなかにひっそりと「デモ取引」の項目があるのでそちらへと進みましょう。

そこでようやくデモ口座用のユーザー登録の窓口が表示されます。

なお、DMM FXのデモ口座へは二度目以降このページからログインすることになります。

しばらくのあいだデモトレードをしていくつもりの人はブックマークしておきましょう。

あとはニックネーム、メールアドレス、任意のパスワードを設定して簡単な確認事項にチェックを入れるだけです。

その後、DMM FXから登録完了のメールが届けばデモ口座の開設は完了です。

スムーズに手続きできれば5分とかからないことでしょう。

あとは存分にデモ口座を活用してプラットフォームの使い方を試していきましょう。

DMM FXのデモ口座の使い方【設定方法】

DMM FXのデモ口座はPC版とスマホアプリ版のプラットフォームの双方で利用可能です。

PC版のプラットフォームの場合は、DMM FXの公式サイトからログインすればすぐに使い始められます。

対して、アプリ版のプラットフォームはデモ口座専用のものを別途スマホにインストールする必要があります。

アプリはDMM FXのサイトではなくApp StoreまたはGoogle Play Storeで入手できます。

「DMM FX」で検索すると複数ヒットしますが、デモ口座で利用するものは「DMM FXバーチャル」です。

あとはインストールしたアプリからデモ口座へログインすればデモトレードが始められます。

なお、PC版とアプリ版のプラットフォームの使い方は微妙に異なります。

できれば両方使ってみて、自分の使い方にあったほうを選ぶとよいでしょう。

DMM FXのデモ口座の使い方【入出金方法】

DMM FXのデモ口座はあくまでデモトレード専用のツールです。

そのため入金や出金といった口座管理画面の使い方を試すことはできません。

入金や出金といった手続きがスムーズにできるかどうかに関心のある人も少なくないはずです。

この点はDMM FXのデモ口座の残念な部分のひとつです。

DMM FXのデモ口座の使い方【PC版】

まずはDMM FXのPC版のデモ口座の使い方を見ていきましょう。

PC版デモ口座のプラットフォームは以下のようになっています。

このデモ口座のプラットフォームの使い方はリアル口座とほぼ同じです。

そのため、トレードしたい通貨ペアを選びチャートを分析 、実際に発注するといった一連の使い方の練習に利用できます。

なお、DMM FXのデモ口座の有効期限は3ヶ月です。

証拠金の500万円は少なくなると自動的に補充されます。

弾切れの心配はないので期限切れになる前にできるだけ積極的に練習しておきましょう。

DMM FXのデモ口座の使い方【アプリ版】

DMM FXのアプリ版のデモ口座のプラットフォームは以下のようになっています。

見て分かるとおりPC版のデモ口座とはかなり使い方が違います。

詳しい取引方法などは省略しますが、画面下方にあるメニューを切り替える使い方が基本となります。

当然ですが、DMM FXのデモ口座でいくら損失を出しても自分の懐は痛みません。

プラットフォームの使い方の違いを把握しておくためにも、PC版のデモ口座とあわせて使ってみることをおすすめします。

ちなみに、DMM FXのアプリ版のデモ口座はPC版と同様にリアル口座とまったく同じ使い方・レイアウトになっています。

先に解説したように、PC版のデモ口座はデモ口座であることがひと目で分かるようなデザインになっています。

一方でスマホアプリ版のデモ口座はこの表記が控えめです。

すでにDMM FXにリアル口座を使っている人はデモ口座とリアル口座とを混同しないように注意しましょう。

DMM FXのデモ口座の使い方【解約方法】

DMM FXのデモ口座はこちら側から解約の申し込みはできません。

口座開設から3ヶ月経過の自動解約を待つほかありません。

もっとも、DMM FXのデモ口座開設時に必要な情報はメールアドレスだけです。

DMM FXほどの大企業になれば個人情報が悪用されると言った心配も不要です。

なにかよほど特別な事情があるのでなければ、わざわざ自主的に解約を申込む必要もないでしょう。

DMM FXのデモ口座の使い方とリアル口座の違い

DMM FXのデモ口座とリアル口座の使い方にほとんど違いはありません。

デモ口座であっても本番さながらのトレードが可能です。

ただ一点、利用できるツールに大きな違いがあります。

DMM FXにはプレミアムチャートと呼ばれるチャート分析ツールが存在しますが、残念ながらデモ口座では利用できないのです。

DMM FXのプレミアムチャートでは上記のように複数のチャート画面をならべて表示することが可能です。

また、赤枠の部分で2~6画面まで自由に表示を変更できます。

対してデモ口座のチャート画面は以下のとおり。

取引画面に表示される簡易チャートだけです。

時間足の切り替えや一部のインジケーターの利用はできるため、これだけでも十分にトレードすることはできます。

しかし、プレミアムチャートが使えることはDMM FXの大きな強みです。

デモ口座で使い勝手を試せないというのはやはり大きなデメリットと言わざるを得ません。

また、架空の資金を使うデモ口座と自分の資産を使うリアル口座とではかかる心理的プレッシャーが段違いです。

それゆえ、デモ口座でうまくいったからといって同じようにリアル口座でも勝てるとはかぎりません。

DMM FXのデモ口座は、あくまでプラットフォームの使い方に慣れるためのものと考えておいたほうがよいでしょう。

DMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説 まとめ

DMM FXはメールアドレスとニックネームだけで誰でも簡単にデモ口座を開設できます。

デモ口座はPC版とスマホアプリ版のどちらのプラットフォームでもトレード可能です。

両者には微妙な使い方の違いがあるため、どちらも試しておくとよいでしょう。

ただ、デモ口座ではDMM FXの大きな強みであるプレミアムチャートは利用できません。

DMM FXに興味のある人は、できれば実際にリアル口座を開設してプレミアムチャートを触ってみることをおすすめします。