ゼロからはじめる国内FX

国内FXをゼロからはじめる方向けに情報を発信しています

DMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの国内FX☆】

【1】LINE FXの詳細ページはこちらから

【2】DMM FXの詳細ページはこちらから

【3】MATSUI FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200811023359j:plain

DMM FXのデモ口座の使い方を知りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ところでDMM FXはデモ口座を実装しているの?

もしデモ口座を利用できるのなら、具体的な操作方法における使い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

DMM FXは最大25倍のレバレッジ取引で、大きな利益をめざすことができる一方、損失も大きくなる可能性があります。

損失時の様子の把握や、操作方法などの使い方を覚えるために、まずはデモ口座でバーチャルマネーを使い、DMM FXのトレードを試してみたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではDMM FXのデモ口座の使い方について解説していきます。

DMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説

DMM FXのデモ口座の使い方は、たった数分で完了するユーザー登録とログインをすませるだけでスタートできます。

デモ口座の使い方におけるメリットは、DMM FXでトレードで損失を気にすることなく操作方法を覚えられます。

DMM FXのデモ口座はリアル口座と同じ市場でトレードできるため、DMM FXの値動きを把握する使い方もできます。

操作方法を覚えていない状況で、DMM FXのリアル口座でトレードをはじめた場合、損失リスクに気をとられてしまい、使い方を覚えることに集中できなと言う方も多いはずです。

デモ口座では使い方を覚えられることはもちろん、実際に注文してみなければわからない損益状況も把握できるため、DMM FXの使い方をマスターしたい方に最適です。

DMM FXのデモ口座の使い方 ユーザー登録方法

DMM FXのデモ口座の使い方として、まずはユーザー登録から行います。

具体的な使い方として、DMM FX「デモ口座」からデモ口座のページへアクセスし「ユーザー登録」を選択しましょう。

デモ口座の登録フォームに、ニックネーム・メールアドレス・パスワードを入力して、利用規約・個人情報の取り扱い・メールでの案内をチェックし、確認画面へ進んで登録を完了させます。

DMM FXから登録メールアドレスにデモ口座登録完了メールが届くことで、ユーザー登録完了となります。

DMM FXのデモ口座の使い方 初期設定とログイン方法

DMM FXのデモ口座の使い方における初期設定として、ログイン方法をみていきましょう。

取引プラットフォームは、リアル口座と同じく、『DMMFX PLUS』『DMMFX STANDARD』、スマホアプリ『DMM FX』を利用できます。

パソコン版の取引へログインする使い方は、登録メールアドレスとパスワードでDMM FXのデモ口座へログインしましょう。

DMM FXののマイページへログインしたら、「DMM FX」を選択し、『DMMFX PLUS』または『DMMFX STANDARD』を起動しましょう。

スマホアプリの使い方は、スマホ機種に応じてApp StoreまたはGoogle Play StoreからDMM FXの公式アプリをダウンロード・インストールした後、デモ口座の登録アカウントでログインします。

DMM FXのデモ口座の使い方において入出金方法は不要

DMM FXのデモ口座で入出金する使い方は、必要ありません。

デモ口座を開設することで、自動的に500万円のトレード資金が付与されます。

DMM FXのデモ口座の初期資金は500万円で、変更する使い方はできません。

デモ口座の口座残高が50万円を下回ると、自動的に500万円が追加入金されます。

DMM FXのデモ口座の使い方 チャートの表示方法

DMM FXデモ口座のチャートの表示方法における使い方をみていきましょう。

デモ口座にログインすると、DMM FXのホーム画面にアクセスでき、チャートも表示されます。

チャートの通貨ペアを変更する使い方は、為替ボードを選択中にしてさらに通貨ペアを選択します。

DMM FXのデモチャートでは、チャートタイプ・時間足の変更や、ラインツール・テクニカル指標を挿入する使い方も可能です。

まずチャートツールの使い方における注意点として、DMM FXのリアル口座で利用できるプレミアチャートは利用できません。

DMM FXのデモ口座の使い方 トレード方法

DMM FXのデモ口座の使い方として、トレード方法をみていきましょう。

デモ口座のトレード方法の使い方は、チャートと同じく、DMM FXの為替ボードから注文する通貨ペアを選択・設定して、ホーム画面上右側の注文ボードを記入します。

注文ボードの使い方は、注文タイプから成行注文・指値注文などを選択しましょう。

成行注文は、DMM FXの市場価格で即座の約定をめざすトレード方法で、注文ボードの数量を記入して発注する方法です。

指値注文はDMM FXで売買したい価格を決めて行うトレード方法で、注文ボードの数量と価格を記入して発注する方法です。

成行注文と指値注文は、基本的な注文方法ですが、DMM FXではこの他にもIFD注文・OCO注文・IFC注文・FIFO注文も可能です。

DMM FXのデモ口座で注文を完了すると、チャート下「ポジション照会」に注文が反映され、ポジションとして保有でき、損益情報をチェックできます。

実際に注文してみなければわからないポジションの損益情報をチェックできるのは、デモ口座を開設できるDMM FXの大きな魅力と言えるでしょう。

デモ口座の決済方法の使い方は、「ポジション照会」から決済するポジションの「決済指定」をチェックし、注文ボードで注文方法を選択、数量や価格を指定して反対売買で発注しましょう。

DMM FXのトレードの決済方法も、一括決済や・新規発注時に同時にしこむ損切りや利食い設定も可能ですので、上手に使い分けましょう。

デモ口座では、圧倒的種類を誇るDMM FXの注文方法を無料で試すことができるため、はじめてFXトレードを試す方にも安心です。

DMM FXのデモ口座の使い方の注意点

DMM FXのデモ口座の使い方における注意点をみていきましょう。

デモ口座には3ヶ月の有効期限があるため、それを超えて利用したい場合は、再登録を行いましょう。

再登録さえ行えば、何回でもDMM FXのデモ口座を利用できます。

またDMM FXデモ口座のスマホアプリは、リアル口座の区別がつきにくい画面仕様になっているため注意が必要です。

これらにさえ注意すれば、DMM FXデモ口座の登録費や口座維持手数料なども一切無料で利用できます。

DMM FXのデモ口座の使い方を分かりやすく解説まとめ

DMM FXのデモ口座の使い方を解説しました。

デモ口座はDMM FXのご利用がはじめての方はもちろん、FXトレードがはじめての方にも適しています。

FXブローカーごとに取引ツールは異なるものの、使い方においてはほぼ同じですので、FXがはじめての方でも役立つでしょう。

DMM FXのデモ口座の使い方をマスターして、FXトレードで利益をめざしてみませんか。